心のとびら

先生から伝えたい言葉

生徒の皆さんの心に留めておいて欲しいことを先生が交代で話をします。

     5年前のことですが、新聞の数字だらけの短歌が目にとまりました。
 「623 8689815 53に繋げ 我ら今生く」
 (ロクニサン ハチロク・ハチク・ハチイチゴ ゴサンにつなげ われらいまいく)
「今生く」の「生く」は「生きている」という字です。新聞の投書には8689815は広島、長崎、終戦の日とわかるが申し訳ないことに623を知らなかったとありました。
それが、昨日、沖縄慰霊の日だったのです。戦没者の慰霊に各地を訪問された平成の天皇陛下は、4つの日を記憶しなければならないと言われたそうです。
 この日の式典では毎年若い人による詩の朗読が行われていますが、この年、高校3年生の知念まさるさんの「みるくゆがやゆら(今は平和でしょうか)」は印象的で新聞やテレビでも取り上げられました。

 この詩の主人公は、作者の祖父の姉。
花を愛し 踊りを愛し 戦後70年 再婚をせず戦争未亡人として生き抜いた 祖父の姉
1945年 沖縄戦で 乳飲み子を抱え 22才の夫を亡くします。
彼女のもとに届いたのは 戦死を報(しら)せる紙一枚、
戦いの跡へ 夫の足跡を求め探しまわりましたが、遺骨など見つからず
拾ってきた小石を、骨壷(つぼ)に入れて埋葬するしかありませんでした。


この体験を作者は、彼女の母であるひいおばあさんの手記や家族の話から知ったようです。彼女が自分から話すことはなかったのでしょう。


それから70年 90才を超えて 老人ホームで暮らす彼女は認知症を患います

自分たちの幸せを奪った 戦争のすべての記憶が 闇へ消えて行こうとしている
その記憶を呼び止めようという思いを
夫に先立たれた女性を歌った「軍人節」という歌に込め 何十回も口ずさむ
それでも自然の摂理は 彼女の記憶を風の中へと消してゆく


忘れられない悲しみを、忘れていく、それは彼女にとってよいことなのか。作者は彼女の体験をとおして戦争の一面を語り、今は本当に平和なのか、と問いかけるのです。


コロナの影響で、今年の追悼式は参加者を大幅に制限して行われ、初めて予定されていた長崎市長の出席も中止となりました。沖縄の戦争で亡くなった人は20万人を超えると言われています。


もうすぐ629、佐世保大空襲の日。佐世保でも規模を縮小して追悼式が行われます。それ以前にも空襲はあったようですが、発表が禁じられ被害の詳細は明らかでないといいます。戦後75年を迎え、身近に体験者がいなくなりつつある今、追悼の日の報道には心を寄せて欲しいと思います。

 徒歩で登校する生徒のみなさん。校舎横の坂、植込みの花に気づきますか。「ランタナ」という花です。2年前に管理人Yさんに指導してもらい、バレー部の活動で植えた小さな苗が、今では立派に根付き綺麗な花を咲かせています。

 この6月で50代に突入しました。一日一日に向き合い生活をし、気が付けば50歳。年をとることの速さに驚きます。私は40代後半から、草花に目が留まるようになりました。それまでは草花など全く興味もなく、見向きもしなかったので、なぜなのか、自分でも不思議です。

 『非認知能力』という言葉を知っていますか。IQや学力テストなど文字や数字の結果として表れてくる能力を「認知能力」と言います。反対に、IQや学力テストに表れないすべての能力を『非認知的な能力』と言います。自尊心、自制心、自立心、協調性、などです。

 情報を処理するなどの「認知能力」を最も得意分野とするのがAIです。将来、このAIに仕事がとってかわられると言われている現在、人間が持つ力は何か。幸せになるにはどんな力が必要か。こんな視点から注目されるようになってきたのが『非認知能力』です。

 挨拶、返事、思いやり、我慢、集中力、やる気、やり遂げる力。この『非認知能力』があらゆるところで、非常に大切だと注目され始めています。私たちの生活の当たり前!が学術で証明されてきています。

 また、学力テストの結果などの「認知能力」は『非認知能力』のもと積みあげられていきます。逆に「認知能力」が『非認知能力』の力を引き上げることはないと言われています。

 テストの成績や知識量で『頑張る力や思いやり』を育てることできない。『頑張る力や思いやりの心』はテストの成績を上げる力になるということです。

 聖和に来て5年が過ぎましたが、他校と比較して、この『非認知能力』がとても高いのが聖和の生徒の皆さんだと感じます。笑顔のあいさつ、助け合い、共に活動する力。これらの『非認知能力』が学校行事や部活動、日々の学校生活の中で生きています。

 草花で言えば「根っこ」になるのが『非認知能力』。草花も人間も「見えない根っこ」をしっかりと張ることで、自分の花を咲かせることができます。

 みなさんが幸せになるために、とても大切な行動習慣を学校生活の中で学べていることに気づいてください。校門での感謝の一礼。聖和女子学院の生徒らしい身だしなみ。明るい挨拶と笑顔。思いやりがあふれる学校生活。校内に咲く花々に目を向けながら、これからも『非認知能力』を高めていきましょう。

 

早速ですが想像してみてください。

中間考査が近いので、例えば「急に家の用事が入り、勉強があまりできておらず、試験まで1日しかない」という状況のとき、この立ちはだかる「困難」に対して、どう向き合い、対応しますか?

 

皆さんには、困難に出会ったとき「困難を逆手にとり、チャンスに転換できる能力」を身に着けてもらいたいです。

 

私は今年度月までは先生ではなく、普通の会社員として製品の販売部署を担当していました。同じ製品を同じような対象・対象規模に販売していても、私が所属していたところの実績と他のあるところでは実績に大きな差があるところもありました。

このことに関して、取引先の方がおっしゃっていたのは、
「高価だから製品を購入してもらえない。なら、安くすれば買ってもらえるわけでしょ?このように、できない理由を探すのではなく、この困難を強みにするためにできることを探しているかの違いですよね」ということでした。

 

「困難」ということは、ほぼ「自分ではどうにもできない事実」ということです。事実はどれだけ嘆いても変わることはありません。なら、自分がその事実の受け止め方を変えたり、事実に対する行動を変えたりするしかありません。

皆さんもそのうち社会人になったら必要となるスキルです。

 

冒頭の例で言えば、勉強をあと1日でしなければならないようなとき、例えば「自分に合った簡単にできる勉強法を見つけるチャンス」ととらえて勉強したりすることです。

他にも「もうわからない!」と嘆くだけの人もたまに目にしますが、嘆いていても仕方がありません。「わからないならどうすればいいか」ということをすぐに考えられるようになってください。

 

今後、皆さんの人生の中で必ず「困難」が訪れます。そのときに「困難を逆手にとれるように」意識してもらえると幸いです。

 

おはようございます。
 みなさんは、昨年4月の東京大学入学式で上野千鶴子教授が述べた祝辞の内容を知っているでしょうか?
性差別問題に触れたあの祝辞は賛否両論を巻き起こしましたが、私には共感できる部分が多くありました。


私は22歳で大学を卒業し今年の3月まで民間企業で働いていました。結婚したのは27歳の時で、その後二人の子どもを出産しました。仕事の都合上、二人とも1歳になる前に職場復帰をしたので、「ママがいい、ママがいい!」と言って泣く子どもたちを無理やり保育園に預けて仕事に行かなければならないとき、「本当にこれでいいのだろうか」と胸が締め付けられる思いでした。職場に復帰してからも、子どもの体調不良や行事ごとなどで以前と同じように働くことができず、つらい思いもたくさん経験しました。


共働きが当たり前になっている時代です。

結婚、出産を経て働き続けるのは、周りの協力が必要不可欠です。
家族や保育園、会社、同僚、たくさんの人に支えられて、私は今こうしてみなさんの前に立つことができています。
 みなさんのご家庭でも、お父さんお母さん両方が働いていますという人は多いのではないでしょうか。
今日、みなさんが持ってきているお弁当を、自分で作ってきましたという生徒は何人ぐらいいますか?

勉強や部活で毎日が精一杯かもしれませんが、それはお父さんやお母さんも同じです。
みなさんがこうして学校に来れていることは、みなさんの努力の成果だけでなく、そうしてくれる環境があることを忘れないでください。周りの環境が、あなたたちを励まし、背中を押し、手を引いてくれているのです。


みなさんがこれから歩んでいく人生は、選択の連続です。高校を卒業したら、就職する人も進学する人もいるでしょう。その先には、結婚や出産を経験する人もいることでしょう。

 たくさんのことで悩み傷つくこともあると思いますが、その時、自分が一番大切にしなければならないことを見失わないでください。そして、他人を思いやることができる心を育んでいってください。
あなたたちのこれからの人生が輝かしいものであることを心から願っています。

 担当は、高校1年副担任、数学科のE.Yでした。

「ごめんね、産んでくれてありがとう。」

 

そうです。ここ数日テレビで、取り上げられている悲しいニュース、女子プロレスラーの木村花さんが亡くなる前にお母さまに向けて残したとされる遺書の一部です。

亡くなられた原因として、SNSへの多数の誹謗中傷が原因ではないか、とされています。

そのショックで心に強い衝撃を受けた人もいたのではないでしょうか。

 

さて、やっといつもの日常が戻ってきた気がします。新型コロナウイルス、まだまだ油断はできませんが、皆さんの明るい挨拶が廊下に響く日々が戻ってきて、少しホッとしています。

そんな中のこのようなニュースで、言葉のもつ重みをここ数日、改めて感じています。

休校中、ステイホームの中、皆さんもインターネットやSNSにふれる機会が多かったのではないでしょうか?

よく、「SNSの使い方・・・」などと耳にしますが、SNSとはどういう意味か知っていますか?

SNSとは、「ソーシャル(社会的な)・ネットワーキング(人と人とのつながり)・サービス(サービス)」。すなわち、人と人との社会的なつながりを維持・促進するためのサービスのことです。SNSというとLINETwitter、フェイスブックやインスタグラムなど、まだ他にもさまざまな種類のものがありますが、イベントなどの告知をしたり、時には日記のように、想い出や近況を記したり。私は、残念ながら見る専門になってしまっていますが、あまり連絡をとらない友人でも、投稿を見て、「元気にしてるんだな~」と安心したり、知り合いの近況や心暖かくなるような投稿をみて、ほっこりしたりすることも多々あります。たくさんの方と交流でき、コミュニケーションをとることのできる、とても便利なものですよね。

しかし、全く知らない人でも繋がることができ、誰でも自由に見て発言できます。匿名での書き込みも可能です。顔を見て話すのとは違い、誤解を生んでトラブルに繋がってしまうことも多くあります。

使い方によっては、人に一生の傷を与えてしまったり、今回の木村さんように、取り返しのつかないことにつながることを忘れてはいけません。

また、気をつけなければならないのが、一度投稿すると、誰でも簡単にコピーすることができるため、消したくなった時、完全に消すことが難しいという点です。

個人情報が含まれているもの、人に影響を与える言葉には、特に注意が必要です。

また、つい夢中になり、時間を忘れて使用してしまい、次の日眠いな、なんてこともありますよね。適度に節度をもって利用すれば、私たちの生活をより豊かにしてくれるSNS

今日の話を、今後のSNSとの付き合い方について考える機会にしていただけると幸いです。

 

 もう随分前になくなりましたが、佐世保出身の直木賞作家で「白石一郎」という人がいます。海を舞台にした歴史小説が中心で海洋時代小説の第一人者と言われました。
 個人的には、平戸が関係する、三浦按針を描いた「航海者」と鄭成功とその父鄭芝竜を描いた「怒濤のごとく」が気に入っています。
 一度、この人の講演を聴く機会がありました。内容はほとんど忘れてしまいましたが、ひとつ印象に残っている言葉があります。
 彼は早稲田の出身なのですが、
 「『早稲田というとみんなすごいですね』と言いますが、僕らの頃はそんなすごい学校じゃなかった。後輩たちがすごい大学にしてくれた。」
 彼が大学に入ったのは、戦争が終わって5年くらい経った頃の話ですから、当時の大学入試の様子は想像できませんが、この「後輩たちがすごい学校にしてくれた」という言葉は妙に印象に残りました。要するに学校の評判を決めるのはその時その時の生徒だということです。

 自分が卒業した学校のことを母校と呼ぶことがありますが、母校という言葉は高校が一番しっくりくるように思います。3年間という短い期間であっても、自分の意思で、何かに一生懸命頑張った時期だからではないでしょうか。
 通っているときはそんなに意識しなくても、卒業して10年、20年経つと母校の様子は気になるものです。新聞の片隅に小さく載る部活動の結果には自然に目が行ってしまいます。
 さて、私も聖和に来て4年になりましたが、聖和は本当にいい学校だと思います。その理由は生徒の皆さんが明るく元気で生き生きとした表情をしているということです。皆さんひとり一人が、勉強や部活動や習い事やボランティア活動などそれぞれの個性を活かし、将来に向けて充実した学校生活を送っているという雰囲気が伝わってきます。
 この雰囲気は皆さんだけで作り上げたものではなく、これまでの先輩たちが育て、引き継いできた、校風であり伝統です。

 では、10年後「聖和はいいですね」と言われるためにはどうしたらいいのでしょう。それは今いる皆さんがこの校風を受け継ぎ、さらに伸ばしていくことです。毎年、毎年、少しずつ聖和の良い校風を育てていく。それが10年後、20年後の後輩に受け継がれるのです。
 卒業して10年ほど過ぎたとき、周りの人から「聖和っていいですね、すごいですね」と言われたら絶対嬉しい。その評判を生むのは10年後の後輩たちの頑張りですが、そこに繋ぐのは今の皆さんの頑張りであるはずです。難しい事ではありません。ひとり一人が自分の将来のためにできる事、今やるべきことを真剣に手抜きせずやればいいだけです。

 卒業式が近づいてきました。3年生は今人生をかけた最後の戦いに向けて真剣に取り組んでいます。もうすぐ最上級生となる2年生、先頭に立ってよき校風を受け継ぎ聖和を盛り立てていきましょう。

2019/10/22
S.K

 皆さん、おはようございます。

  今年は特に台風の多い年だとニュースを耳にしていましたが、今回の勢力の強い台風19号は日本に大きな傷跡を残しました。
 家屋の倒壊や道路や鉄道の寸断。河川の氾濫など、甚大な被害が出ました。
 また、この連休中は東京・渋谷のNHKホールで行われる、全国学校音楽コンクールの全国大会の開催日でしたが、台風接近の影響で高等学校の部は大会中止という史上初の出来事も起こりました。。。
 住む家を失った方々やまたお亡くなりになった方々、
 全国大会出場の切符を手にしていたのに参加ができなくなった高校生たち、
 今日をどうやって過ごしていこうと途方に暮れている方々、
  私たちはどんな事ができるのでしょうか?
 そしてあなたは、何を考えますか?

 いよいよ今週末となりました。チャリティーコンサート聖和音楽のつどい。
 
 今までを振り返ってみても、こんなに盛りだくさんの内容は類を見ない豪華拡大版です!

 TSUKEMENさんと全校合唱で歌う「時を超える絆」。
 TSUKEMENさんは今、ツアー中で全国のさまざまな会場でこの曲を歌っていらっしゃいます。
 この曲を通して、全国の人と人の輪を繋げていらっしゃいます。

 私たちは、今、お金や時間をかけることはできないけど、この曲を歌うことで客席にいらっしゃる方々や一緒に歌っている仲間と共に感動を届けることができます。
 私たちにやれることはまだまだあります。
 明日からの合唱練習を含めて、本番まで皆さんの力で音楽のつどいを盛り上げていきましょう。

 担当は音楽科、中学3年1組担任の楠本でした。
 今朝はこれで終わります。

2019/10/22
Y.Y

皆さんは、ネットで「泣ける」と話題の「アクエリアスのCM」を見ましたか?

野球・サッカー・バレーに打ち込む少年少女と、それぞれの家族の様子が描かれたCMです。

そのCMの中で流れていた曲にこのような歌詞があります。

 

「君の夢が 叶うのは 誰かのおかげじゃないぜ

風の強い日を 選んで 走ってきた」

 

確かに、私の夢が叶うためには、私が努力しなくてはいけません。

夢を叶えるためには、つらいこともたくさんあるでしょう。

ですが、その道を選んだのは紛れもない私です。

 

ここまで聞くと、夢が叶ったのは自分だけの力だと捉えるかもしれません。

 

ここで、CMの話に戻りましょう。

このCMはスポーツをする少年少女たちが主役ではありません。

彼らを応援する家族を中心に描かれています。

 

確かに、

私の夢は私が選んだ私だけの夢です。

私の夢を叶えられるのは私しかいません。

ですが、そこには確かに応援してくれる誰かの存在があります。

一緒に走ってくれる誰かがいます。

 

楽に叶う夢なんてきっとありません。

何かを犠牲にしないといけないこともあるでしょう。

夢を叶えるための長い道、その中の今日という一日を後悔せずに過ごしてほしいと思います。

 

みなさんの夢が叶うことを願っています。

 

 

2019/10/22
M.O

昨年、退職された英語科、S先生の「ノミのジャンプ」の話を思い出しますか?「負け・失敗・挫折」を経験したときに、『自分の限界』を決めてしまえば、ノミとコップの話にあった「跳べないノミ」 になってしまうと言う話。

今日の話は、この「跳べないノミ」に、ある人が言った、なるほど話 を紹介します。

さて、この「跳べないノミ」を、もう一度コップよりも高くジャンプさせるためにはどうすればいいのか。

 それは、もう1匹の高く跳べるノミをコップに入れること。跳べるノミを見ることで「跳べないノミ」は自分自身を取り戻し、コップを跳び越えられるようになるそうです。

だから、「跳べないノミ」になる程度なら、まだ大丈夫というのです。そして、実は「跳べないノミ」よりも、もっと心配しなくてはならないノミがいる。と言います。「跳べないノミ」よりも、もっと心配しないといけないノミとは。

 「跳べるノミ」を見ても、跳ぶことができないノミです。「跳べるノミ」を見て、それでも「跳べないノミ」とは、「あいつはもともと、ジャンプ力がすごいし」とか、「このコップの中に居たいから、あえて跳ばないだけだし」などと言い訳し諦めているノミ。「なんだ、あいつでも跳べるんだ」と考え、もう一度 自分を信じて跳べばできるのに、自ら壁をつくったり、自分を正当化することで、「自らの力」を発揮できないのです。

 「負け・失敗・挫折」を経験したとき、それを糧とするのか、自ら壁をつくってしまう  のか、自分を正当化する材料にするのかは自分次第です。あの時の負け、あの時の失敗、あの挫折。可能性に「限界」を感じ、跳べないノミになる程度なら、まだ、大丈夫です。大切なことは、跳べるノミと 一緒のコップに入ること。そこで、「自分はもっと跳べるはず」と考えることができるようになることです。

自分を「跳べるようになるノミ」にしてくれる『仲間』。そして、自分の可能性を信じる「自分」。

 私たちに無限の可能性があるのは間違いありません。『良き仲間』とともに、無限の可能性がある『自分の力』を信じて、これからも、頑張っていきましょう。

おはようございます。

普段は車に頼りっきりの私ですが、先日、2、3年ぶりにMRに乗る機会がありました。今日は、その時の話をしたいと思います。

小学校高学年くらいの女の子と、小学校低学年くらいの男の子、そしてその子たちのお母さん。3人は車両の中央付近の向かい合う席に座っていました。私が電車に乗って、1、2分経過した後、女の子は男の子に「お前のせいだろ」、男の子はそれに対して「ふざけんな」と、どうやら兄弟喧嘩をしているようでした。4、5メートル離れたところに座っていた私のところにも単語が聞こえるくらいの声でしたので、まあまあ大きな声だったと思います。他にも「まじしね」「まじ殺す」などの乱暴な言葉が次々に社内に響いていましたが、横にいるお母さんは携帯に夢中で、目の前でくり広げられている2人のやり取りには無関心。お母さんにとっては日常茶飯事なのでしょう。

私は、まあ、「子どもの兄弟喧嘩だから・・・」と、BGMにように聞いていて、そうしているうちに目的地に着いたので、見届けないまま電車を降りました。電車を降りた後、そのあとどうなったのかも気にはなりましたが、電車に乗る前までの楽しい気持ちが、降りた後すっかりなくなってしまったことに気が付きました。

自分に言われているわけではないですが、乱暴な言葉というのはやはり、聞いていて気持ちのいいものではありません。

 

学校の中でも、たまに、乱暴な言葉を耳にすることがあります。

どんなに仲の良い友人同士で、言っている本人は冗談のつもりでも、気づかないうちに、“本当に”傷つけてしまっていることもあります。

口癖になっていたり、たとえ悪気はなくても、傷つく人がいる、嫌な気持ちになっている人がいる、ということを忘れてはいけません。

私の今回の立場のように、もしかしたら、それが聞こえる周りの人にも迷惑をかけてしまっているかもしれません。

 

せっかく口にする言葉なら、人の心を癒すために、自分を成長させるために、出来るだけ前向きな言葉を使いたいものです。

「言葉遣いが丁寧で、自然に相手を気遣うことのできる人」、そんな人はつい目で追ってしまいますし、私は、素敵だなぁ、マネしたいなぁと思います。

自分が心がけることによって、もしかしたら友達も、周りの環境も、少し変わってくるかもしれません。

どんな環境を作るか、どんな人間関係を築くかは、自分の選択次第です。

今朝はこれで終わります。