12月20日(日)長崎国際大学にて、「親子で考える理系の夢への挑戦」シンポジウムに参加してきました。

参加者は、1年総合コース1名、1年国公立コース2名、2年国公立コース2名 計5名

9:30~16:00までの長丁場でしたが、参加した本校の生徒は、とても楽しかった。普段は聞くことができない話を聞いて、興味がさらに沸きました。など充実していたようです。TV取材も来ていました(^0^)

内閣府の方もいらっしゃっていました。

 

<第1部>

 日本社会事業大学理事長の潮谷義子さんは、「生命の不思議を知る」という科学の根本の話をしてくださいました。

 

 長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科教授の山口敦子さんは、サメについて研究をされていて、とても興味深かったです。

 

 女性技術士の会理事長の木村了さんは、女性技術士の現状を教えてくださいました。

 

 株式会社資生堂ライフサイエンス研究センターの勝山雅子さんは、美を応援する一企業の「製品ができるまでのしくみと女性研究者の関わり方」などを紹介していただきました。

 

 ファイザー株式会社医薬開発部門クリニカルリサーチ統括 大石昌代さんは、SFアニメをみて科学に憧れた女子が、おもしろい!を追いかけて医薬品開発に携わるまで、山あり谷ありの軌跡を紹介していただきました。

 

<第2部>

 グループディスカッションでは、小中高大学生が12班に分かれ、2つのテーマに対してディスカッションンしました。白熱していたように思います。

 

<第3部>

 第2部で出た意見などをまとめて、パワーポイントを使用し、約200名の前で各グループが発表をしました。本校の生徒も発表しました。

 

IMG_2676  IMG_2678 IMG_2679  IMG_2683  IMG_2686