聖和ニュース     2016.07.14

IMG_3382故 山下昌哉先生 追悼ミサ
平成二十八年七月十四日(木)十四時二十五分~
本日、故山下昌哉先生の追悼ミサを、聖和女子学院内の講堂にて執り行いました。
ご参列いただいた、卒業生をはじめ、関係者の方々に心から御礼申し上げます。
IMG_3385IMG_3384
〔校長 卜部 篤志より ご挨拶〕
 本日は、浦上教会主任の久志利津男(ひさしりつお)神父様の司式により、故山下昌哉先生の追悼ミサを執り行うことができましたことに、学校を代表してお礼申し上げます。久志神父様は山下先生の高校時代の同級生でもあられましたので、先生も天国でとても喜ばれているのではないかと思います。
 最初にご紹介がありましたように、山下先生は本校に三十二年間お勤めいただきました。この間、中学校、高等学校の教務主任や進路指導主任、そして、平成二十年四月からは一年間教頭としての重責を果たされるなど、本校の要職を歴任されました。
 また、現在の国公立コースの設置に中心となって携わっていただき、本校の発展、活性化にご尽力いただきました。
 部活動においても、平成四年から六年間中学バレー部の顧問として熱心なご指導をされ、佐世保市中体連初優勝、県中体連優勝、全国大会出場など、今の栄光ある中学バレー部の礎を築いていただいた、素晴らしい指導者でもあられました。
 聖和女子学院がカトリックの名門女子校として、多くの方々にお認めいただいているというこの事実は、山下先生の長きにわたるご貢献抜きには語ることはできません。
 しかし残念ながらここ数年体調を崩され、校務に専念できない日が続いたことは先生にとってどんなに歯がゆく、悔しい思いであったことでしょう。それでもなお、教科指導や進路指導など学校のことを常に気にかけておられた姿勢はまさに、教育の本道を泰然として歩み続けられた先生のお姿そのものでありました。  後に残る教職員、生徒一同、先生の熱意を受け継ぎ、先生の業績をさらに発展させることをお誓いいたします。  先生の御霊の安らかならんことを心よりお祈りして、私の挨拶といたします。
IMG_3386
〔生徒代表 古賀美羽さんの挨拶〕
 生徒を代表いたしまして 私、古賀美羽が山下先生へ感謝の気持ちを伝えます。
 山下先生、聖和での教員生活 、本当におつかれさまでした。
 先生は私たちにとって本当に無くてはならない存在で 先生にもう会えないということが未だに信じられません。

 いつも優しくて、進路に関しては生徒一人一人に親身になって相談に乗ってくださいました。
 廊下で見かけたときは、笑顔で頑張ってるか?と話しかけてきてくださったり、入院してからも私たちのことをいつも気がけて体調悪くてもあいにきてくださったり。 先生はいつも私たち生徒を支え続けてくださいました。
 私は先生の授業を中学一年生のころから受けておりましたが、そのときは高校で習うような難しいことを教えてくださりもしました。先生の授業を受けていた時、よくカラフルなチョークを使われていましたね。わたしは今でもあれを見る度に先生を思い出します。生徒が楽しく授業を出来るようにそんな工夫をされていた先生の優しさを やはりあのような場でも感じます。
 先生がご病気になられた時、どんどん痩せてきていらっしゃったとき、それでも学校にいらっしゃってたので 山下先生は元気なんだ!と勝手に思ってきました。しかし体調悪くても無理してでもいらっしゃっていたことを聞いて 胸が苦しくなりました。先生はあれだけ私たちを支えてきてくださったのに、私は何の恩返しも出来ていないなと思いました。
 先生がお亡くなりになって、私たちはもう直接あって恩返しをすることは出来ません。しかし、私たちは先生に教わってきたことを生かして、進路実現をするという形で先生に恩返しが出来ると思います。先生はきっと天国でも私たちのことを気がけて応援してくださっていると思いますので、いつも先生が支えてくださることを心に留め聖和生として、また先生の生徒として恥ずかしくないように学校生活を送ります。
 山下先生、今まで本当にありがとうございました。これから見守っていてくださいね。よろしくお願いします。