はようございます。最近、肌寒くなってきましたね。
  さて、今日私がお話しようと思うことは「言葉」についてです。
「言う」という字に葉っぱの「葉」と書くこの「言葉」は日本の最古の物語である「竹取物語」にも「ことのは」として出てきています。起源ははっきりとわかりませんが、この言葉に関して「古今和歌集 仮名序」の一節が有名です。
  「やまと歌は人の心を種としてよろづの言の葉とぞなれりける」 つまり、人の心を種として、そこから生まれたものが言葉という葉だということです。すべての言葉に人の心が反映しているのです。みなさんも考えてみてください。何気ない会話にもすべてその人の心と繋がっています。特に、誰かに向ける言葉ほど強く反映しているのではないでしょうか。
  良い言葉も悪い言葉もすべて人の心が現れます。日頃から「言葉」を大切にして欲しいと思います。
担当は国語科の、Uでした。