聖和ニュース     2018.03.09

 高校2年生は、3月9日(金)の午後に俵町教会で黙想会を行いました。 今回の黙想会のテーマは、「自覚と責任」ということで、高校2年生が終わるにあたって 高校生活最後の1年間をどう過ごしていけばよいのかを考えるために、谷脇誠一郎神父に 講演をしていただきました。 

 講演の中で、谷脇神父は、人の生き方には、目標を達成するために日々努力する生き方と、 必要とされてそれに応える生き方の2通りがあると話されました。

 自分で今やるべきことやできることを考え、4月には最高学年としてのスタートを 切ってほしいと思います。

DSC_0260DSC_0262DSC_0263DSC_0265DSC_0266DSC_0268