10月12日(水)~14日(金)に、総合的な学習の一環として青少年の天地(烏帽子)にて 「進路学習合宿」を行いました。 学習内容としては、上の表に示したように、森林間伐体験に始まり、生徒自らが調べた職業の研究発表会、社会人や卒業生による講演会、18校の大学・専門学校による職業ガイダンスなどを実施し、将来の進路についてじっくり考える機会となりました。 また、今回は特別に玄海原子力発電所を見学し、原子力発電がどのようなものなのか、そのあり方も含めて考え直してもらいたいと考えて、最終日に導入しました。 今年の合宿の様子を紹介いたします。
※ 入所式・オリエンテーションの様子 …  (H23.10/12)
所長様が教えてくださった、『自律』・『友愛』・『奉仕』の精神。 いよいよこれから進路学習合宿がスタートするにふさわしいお話をしてくださいまして、生徒も引率者も、心が引き締まる思いが致しました。
※ 森林体験および職業調べの発表、 そして評定に関する講話の様子 …  (H23.10/12)
烏帽子岳の自然にふれ合う内容を取り入れました。県北振興局森林課および佐世保市森林組合の方々のご協力を得て、県民参加の森林づくり事業として、ひのきの間伐を体験させていただきました。 また、野外炊爨では、定番のカレーライスをつくり、自然の中での活動に、生徒たちは嬉々として取り組んでいました。すべてに渡って、5分前行動が実現できて、施設の方々からも褒めていただきました。 下の写真は森林体験や研究発表・講演会など、生徒たちの様子の一部です。
※2日目は、朝のつどい→野外炊爨の様子  …    (H23.10/13)
完成! おいしくでき上がりました。残念ですが、目でお召し上がりください。
※午後は18のブースに分かれて職業ガイダンス…   (H23.10/13)
※ 玄海原子力発電所見学の様子 …  (H23.10/14)
…3日間の進路学習合宿では、森林体験、野外炊爨と自然と親しむ活動もあり、職業調べの発表を通して、様々な職業に対する発見もありました。また、実際に実社会でトップとして活躍されている方のお話を伺ったり、卒業してすぐの社会人として何が大切なことなのかなど、先輩方の貴重なお話を聞くことができて、生徒達は口々に、本当に勉強になったと言っていました。玄海原子力発電所の見学も入れて、今話題の原子力エネルギー問題や環境問題など、総合的な学習ができたことを実感できました。 保護者の方からも、「合宿を終えて、人が変わったように勉強するようになった。先生方ありがとうございました。」という、本当に嬉しいメッセージも届き、担当者一同、たいへん嬉しく思います。 今後さらに生徒たちの進路に対する意識が一層高まり、2年後に最終進路の目標を達成してくれるように、心から願っております。