聖和ニュース     2012.08.07
去る7月27日(金)、佐世保の姉妹都市アルバカーキー市より、生徒さん7名、引率の先生方3名が来校されました。今回は、高校1,2年生の英語科を中心とするボランティアの生徒15名が交流会に参加しました。視聴覚室で、最初にウエルカム・セレモニーがあり、そのあとは着付け、茶道、華道を体験していただきました。3時間という短い交流時間でしたが、お互いに中身の濃い体験になりました。 ウエルカム・セレモニーにて校長が英語で挨拶! アルバカーキー市の代表生徒さん、日本語でご挨拶! コーラス部による歓迎の歌を披露! 曲名は、星野富弘さんの「もう一度」 英語科主任白石より、英語で曲紹介があり 生徒さんたちは真剣に聞き入っていました。 今回のアルバカーキー市の生徒さんの引率は、アメリカ人の先生2名とアルバカーキー佐世保支部の 会長をされている川久保和美様(本校の卒業生)でした。 今回を機に、日米友好の輪を更に広げ、絆を深められればと願っております。