聖和ニュース     2012.11.20
平成24年11月17日(土) 長崎外国語大学において、 第4回 外国人による日本語弁論大会 ~語り合おう in Nagasaki ~ が開催されました。

本校からは、タイからの留学生1年Eクラスのファーンさん(本名:ウィチュラダ・パンマイシー)が 出場しました.。 5カ国32名が応募した一時テープ審査を勝ち抜き、4カ国13名の本セインに出場。 13名中 社会人1名、大学生が10名、高校生がわずか2名というレベルの高い大会となりました。  結果は、「未来賞」受賞。 約20名の長崎県内の女子高生が審査した中で1位という素晴らしい賞でした。  「努力は嘘をつかない」 というタイトルのように、このスピーチに向けても努力を重ねて勝ち取ることができました。  是非、全校生徒のみなさんにも聞いてもらいたいです。