H25.12.13(金)、高校一年生全員参加による、大学等キャンパス見学を実施いたしました。 この行事は毎年実施しているもので、高校2年生に進級するにあたって、自分自身の目標や夢などを、より具体的に明確にさせること、あるいはその意識の啓発の意味で毎年実施しているものです。 今回も、大きく2つのコースに分かれて、バスで福岡まで移動しての見学でした。 ★九州大学・西南学院大学コース 九州大学・西南大学コースでは、国公立コース、英語科を中心とした52名で二つの大学を見学してきました。 九州大学伊都キャンパスでは、大学紹介ビデオを見て説明を受けた後、バスに乗って、広い構内を案内していただきました。 (写真・九州大学伊都キャンパス) 西南学院大学では、聖和の卒業生で、現在西南学院大学1年生である松田菜奈さんと橋口うららさんにお話をしていただきました。 松田菜奈さん(左)・橋口うららさん(右) そのあとは、チャペルで大学の説明をしていただき、図書館と博物館を案内していただきました。 (写真・チャペルでのお話) 福岡までのバス移動で疲れを見せていた生徒たちも、どちらの大学でも非常に興味深く見学をしていました。 これからの進路を決定していく上でも参考になったようです。 ★麻生塾・福岡女学院大学コース このコースは、普通科総合コースを中心とした27名の生徒たちと麻生塾内の各種専門学校と短期大学・4年生大学を併設した福岡女学院大学を見学いたしました。 麻生塾は、公務員・情報ビジネス・医療福祉・建築&デザイン・外国語観光・製菓・美容・ブライダルなどなど、各業種に対応した実践的な内容を学べる総合的な専門学校です。 現地に着いたら、全体的な説明の後、生徒たちはそれぞれに興味関心の高い分野に分かれて、施設や授業風景を見学しました。下はその時の様子の写真です。 福岡女学院大学では、本校卒業生の表迫さん(人文学部現代文化学科)と、圖子さん(人間関係学部子ども発達学科)のお二人からのメッセージとして進路に関するお話をしていただきました。 その後、模擬授業として短期大学部英語科の上原敬司教授により、約1時間の講義をしていただきました。専門的な内容を、生徒たちの興味関心を引き出す巧みな話術で、参加した生徒たちは時間も忘れて、熱心に参加していました。下はその時の様子の写真です。 参加した生徒たちの表情からは、進学はまだ2年後の遠い先のことだという意識が消え、「へぇ~」とか「うわぁ~」との感想を漏らしながら興味深く会場を見て回り、自分の将来像をそこに重ね合わせている様子でした。 今回、快く見学会場をご提供いただいた九州大学・西南学院大学・麻生塾・福岡女学院大学・福岡女学院短期大学の関係者各位と、お世話をしていただいたライセンスアカデミー福岡支社の方々に心より御礼申し上げます。 本当にありがとうございました。