聖和ニュース     2015.06.03

16月5日(金)に佐世保市総合グラウンドで行われる開会式を皮切りに、平成27年度の県下高校総体が開催されます。
本校からも、バレーボール部・バドミントン部・ソフトテニス部・体操部の選手たちが出場します。
本日は、その選手推戴式が行われ卜部校長から激励の言葉が選手たちに届けられました。
『1.あきらめるな』
 これまでの練習で培ってきたことを自信と誇りとして、最後まで諦めない気持ちを持って試合に臨むように。
『2.うやまえ』  
 相手があっての試合。相手もこの日に向けて必死に頑張ってきた選手たちです。試合相手に対する敬意を忘れてはいけない。
『3.感謝の心』
 試合に参加できること。部活動ができていること。そのことを当たり前と思わずに、親に、仲間に、そして応援をしてくれる友人や先輩後輩に、感謝の心を忘れてはいけない。
2345
選手たちは、校長先生からの言葉に真剣に耳を傾け、試合に臨む気持ちが一層引き締まったようです。
67その後、生徒会長からも生徒を代表して「試合までの健康にも留意して、悔いを残さぬ試合をしてきてください。私たちも精一杯応援いたします。」との応援メッセージが。 また、応援団によるリードで、全校生徒から選手たちへ熱いエールが送られました。
8