昨年度のはじめには、熊本地方をおそった大地震による被災。今年度は、集中的な大豪雨による北部九州の自然災害。地球温暖化が原因かと言われる世界各地で起こっている諸問題を端緒として、
 「国際問題・社会問題等々、グローバルな視点から俯瞰できる目を持ちなさい。一日一日、時々刻々と移り変わる世の中で、ここ聖和で培った英語力をもとに渡り合えるだけの見聞を広めるように、与えられた時間を大切にしなさい。1学期を終わるにあたり、夏休みの過ごし方はもちろん、2年後、5年後、10年後に生きる姿勢を養うために、この聖和で過ごす時間は、とっても重要な時間です。気づく目、感じる心を持って過ごしなさい。時の流れは、誰も待ってはくれません…。」
 1学期終業式で、卜部校長先生から生徒たちへ、熱い御指導がありました。 IMG_4445 また、終業式のはじめには、聖苑会創立60周年事業の一環で工事をしていただいた本校校舎の校章についてもふれ、その校章の意味するところ、聖苑会(同窓会)の方々の母校愛についてもお話がありました。 IMG_4447