本日(8月31日)の長崎新聞19面をご覧ください 第20回全国高等学校写真選手権大会 「写真甲子園2013」 聖和女子学院高等学校が敢闘賞 の見出しで一面掲載されています。 1994年から20年間、総文祭関係では全校大会7回九州大会8回県代表として過去出場しましたが”写真甲子園”だけはあと一歩のところで九州ブロック代表として本大会に進むことはできませんでした。しかし、今年”20周年特別記念枠”という思いがけない招待で全国の強豪19校と同じフィールドで勝負することができました。結果は敢闘賞ですがあと一歩で優秀賞という位置まで来ていたので”全国8位”という気持ちで帰ることができました。 出場した3人の生徒が得たものは非常に大きく、”今後後輩に写真の素晴らしさを伝えていきたい。” ”来年も写真甲子園に出場したい” との思いで今部活も盛り上がっています。 写真甲子園事務局から写真データが帰ってきましたので、来週からHPで順次大会時の紹介などをしていきたいと思います。 本戦での写真は「写真甲子園2013」のHP(http://syakou.jp/)をクリックしていただければご覧になれます。 また、聖和女子学院の作品は ファースト公開審査会の作品(http://syakou.jp/2013/judge/first/19/index.htm) セカンド公開審査会の作品(http://syakou.jp/2013/judge/second/19/index.htm) ファイナル公開審査会の作品(http://syakou.jp/2013/judge/final/19/index.htm) をクリックしていただけると見ることができます。   しおかぜ総文祭県代表として、又、写真甲子園出場校として多くの取材(長崎新聞、朝日新聞、BS朝日、NHK[見んと長崎]、KTN[Gopan]、NIB[news every]、UHB北海道文化放送、NHK北海道、学研CAPA、等)をしていただき本当にありがとうございました。 そして、写真甲子園事務局、スタッフの方々に本当に感謝しております。 ありがとうございました。