インターアクト部     2016.10.11
 10月9日(日)に1年生3名と2年生4名で献血活動を行いました。7名と少ない人数でしたが、いつもと同じように大きな声で元気よく献血の呼びかけを行ないました。生徒たちはみんな一生懸命頑張り、地域の方や献血ルームの方にお褒めの言葉をもらいました。声をかけていただいたみなさま、本当にありがとうございました。 imageimage1
 
インターアクト部     2016.10.03
 10月2日(日)に1年生2名と2年生9名で献血活動を行いました。生徒たちは、午前中に血液とは何か、献血で集まった血液がどのようにして必要とされている方のもとへ届くのかなどをクイズ形式で教えていただきました。そして、血液が足りない現状などをパンフレットや映像を見ながら説明を受けました。そして午後からは四ヶ町アーケードに出て元気よく献血の呼びかけを行ないました。長時間でありましたが、生徒たちはみんな一生懸命頑張り、地域の方や献血ルームの方にお褒めの言葉をもらいました。声をかけてくださったみなさま、本当にありがとうございました。また来週も頑張りたいと思います。 image1image2
 
宗教部     2016.08.12

 8月9日から10日まで、恒例の巡礼旅行を実施しました。昨年は上五島でしたが、今年は長崎・外海方面の巡礼旅行となりました。ちょうど長崎の教会が再びユネスコの世界遺産に推薦されますので、ある意味グッドタイミングでした。

初日の9日は長崎原爆の記念日となっております。午前中学校で追悼式に参加した私たちは、午後六時から浦上教会で行われた平和祈念ミサに与り、原爆で亡くなった方々の冥福を共に祈りました。また、このミサには数カ国の大使夫妻も参列しておられ、「世界が浦上で祈る」という雰囲気があったのも印象的でした。

DSC_0303

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 翌10日は、長崎市内巡礼です。最初は浦上教会の下にある、旧浦上天主堂の鐘楼を見学しました。「浦上四番崩れ」に代表されるように、多くの浦上のキリシタンが信仰を守り、守り続けた信仰が形となった教会が、戦争という迫害で崩された姿は印象的でした。二度とこのような悲しみが繰り返されることがないように皆で祈りました。

DSC_0307a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次は西坂の丘(26聖人殉教者)に向かいました。ちょうどこの前NHKの「真田丸」で「サン・フェリペ号事件」が出ていました。少年から大人に至るまで、26人が信仰を守り命を落としました。歴史の流れから始まり、説明は大浦天主堂につなげていきます。

DSC_0310a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大浦天主堂で祈りを捧げたあと、その一つ下の記念碑で説明を聞きました。ちょうど韓国からの巡礼の方々が説明に聞き入っていたところで、私たちはその後ろから話を聞いています。信徒発見、プチジャン神父様と信徒との出会いの物語です。世界の誰が指導者(司祭)もなく、信仰を200年以上守り続けることができるなどと思っていたでしょうか。奇跡の瞬間でした。なお、大浦天主堂は正式には「日本二十六聖殉教者天主堂」という名前があり、26聖人殉教者に捧げられた教会です。

 しかし、とにかく暑い。生徒も汗びっしょりです。ある意味、本当の「巡礼」です。

DSC_0313a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このあと、聖母の騎士修道院を訪問し、戦前長崎に宣教に来られた聖コルベ神父様の足跡をたどりました。最後はアウシュビッツ強制収容所で身代わりとなられた神父様の強い信仰を学びました。そして食事のあと、外海の「遠藤周作文学館」に向かいました。これまで信仰のために命を捨てた「強い信仰」を目の当たりにした私たちですが、この文学館に展示してある「沈黙」という書物は、ロドリゴとキチジローからまた違う弱い者の「神への信仰」を考えさせられました。生徒たちにも是非、「沈黙」を読んでもらいたいと思います。ということで、今回も無事巡礼旅行を終えることができました。ありがとうございました。

 ○最後に

 この巡礼旅行を支えたくださったカトリックセンターの方々。また予約なしに来た私たち巡礼団を快く迎えてくださった出津教会の教会守の方。本当にありがとうございました。神様と支えてくださったすべての人々に感謝を込めて。

 

h28kyusyu_1平成28年度第57回九州地区高等学校ワープロ競技大会が、7月22日(金)・23日(土)に大分県立大分商業高等学校で行われました。参加チーム数は、九州各県の代表校のべ38校、参加生徒総数は206名でした。 結果は次のとおりです。
【技能の部】
団体 準優勝!!!(メンバー:吉浦・前田・長島・福田・辻)
個人 第2位
 長島 千紘(3E)
◯ 
〃  第3位 吉浦 華那(3A)

ginou【速度の部】
団体 第4位!!!(メンバー:山下・原・西本・豊田・塚本)
個人 第3位 西本 優花(3E)
 sokudo選手たちは、大会開始直前に、緊張感を抑え気持ちを集中させるために、全員で輪になって”主の祈り”を唱えます。
inori大会を終えて、生徒たちの顔には、やっとホッとした笑顔がもどっていました…

h28kyusyu_2
今大会に際して、保護者の方々からの差し入れや、在校生はもちろんのこと聖苑会(同窓会)をはじめとした卒業生からも多く方々からの応援メッセージをいただきました。本当にありがとうございました。

速度の部は、8月に東京での全国大会に出場いたします。引き続き皆さま方からの、応援をお願いいたします

 
インターアクト部     2016.07.23

 平成28年7月23日(土)13:00~15:30  佐世保市コミュニティセンターホールにて、長崎県献血推進大会が行われました。

 インターアクト部において最も活動回数が多いのは献血呼びかけボランティアです。主に土日の活動で、佐世保市内の献血ルーム西海様にお声かけいただき、路上での呼びかけ運動を行っています。本校の生徒はもちろん、他校の生徒も私たちが呼びかけをすることで立ち止まってくれ、若い世代の方々の意識が高まったといわれ、一昨年は感謝状をいただきました。

 大会では、若い世代の方に献血のことを知ってもらい、献血への協力を求めることを目的として、輸血体験発表が行われました。本校からは山川 礼華(3E)さんと袖岡 慶佳(2E)さんが参加し、2人は真剣に話を聞き、献血ボランティアに対する意識が大変高まっていました。

 このような貴重な機会を与えていただき、本当にありがとうございました。生徒たちも、とても有意義な1日を過ごすことができました。今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

IMG_2757

IMG_2758