平成26年2月11日(火)、聖和女子学院の講堂において、 第19回 HOLY CHOIR(聖和女子学院高等学校コーラス部定期演奏会)を開催いたしました。 アンサンブルや独唱。ピアノ独奏、3年生部員の合唱や全員による合唱など様々なプログラム内容でした。 特に3年生の合唱と全員合唱では、3年生の最後のステージということもあり、心温まる演奏で会場中が感動に包まれました。 3年生が合唱した「おかあさん」では、現在産休中の清水先生が指揮をするというサプライズもあり、3年生にとってはこの3年間の想い出がたくさんあふれた瞬間でもありました。

 
インターアクト部     2014.02.04
献血ボランティア
・2月1日(土) ・場  所:献血ルーム西海(上京町6-16) ・活動内容:献血の呼びかけ ・時  間:9:30~16:00 2月1日に献血ルーム西海さんの要請を受け、1年生9名と2年生2名が参加しました。生徒たちは、始め血液とは何か、献血で集まった血がどのようにして、必要とされている方のもとに届くか、血液が足りない現状などをパンフレットや映像を見ながら説明を受けました。その後、四ヶ町アーケードに出て、献血の呼びかけを行ないました。長時間でありましたが、生徒たちは皆一生懸命頑張り、地域の方や献血ルームの方にお褒めの言葉をもらいました。声をかけて下さった皆さま、本当にありがとうございました。
 

平成25年度長崎県高等学校総合文化祭第10回ライブラリーフェスティバル県大会が、諫早市立たらみ図書館で開催され、図書館広報紙コンクール優秀賞を受賞しました。

他校との交流会では、学校の特色やおすすめの本、一番人気な本などを紹介することができ、考え方が広がりました。 また、ビブリオバトルの講習会もあり、大変勉強になりました。模範として本校からは、高校2年生の七種さんが森鴎外の「高瀬舟」の本を披露してくれました。足が震えるほどの緊張だったと思われましたが、堂々と本への熱い想いを届けてくれました。また、各学校の広報誌を見せてもらいましたが、とても趣向を凝らしたクウォリティ高い広報紙を作成していました。みなさんと本との出会いを図書館からお手伝いできるよう、これからも頑張っていきますので、よろしくお願い致します。
 
【上記新聞記事は、平成26年1月28日(火)長崎新聞より】 一昨日から本日27日まで、諫早でおこなわれていた、 長崎県高等学校新人体育大会バレーボール競技において、 優勝いたしました。 本校バレーボール部は、25・26日の試合を無事に勝ち進み、 27日(月)の準決勝・決勝戦に臨みました。 ◎準決勝戦 聖和 25 - 九文 20 聖和 25 - 九文 23 ◎決勝戦 聖和 25 - 清峰  6 聖和 25 - 清峰  7 (優勝!!) 生徒・保護者の皆様方をはじめ、応援して下さった方々に心から 御礼申し上げます。本当にありがとうございました。 久しぶりの優勝に、学校も喜びに沸き立っております。 次の大会も、どうぞ引き続き応援を宜しくお願い申し上げます。
 

12月15(日)、アルカスSASEBO大ホールで行われた「第13長崎新聞クリスマスこども大会inアルカスSASEBO」の学生ボランティアにインターアクト部が参加させていただきました。会場内で安全に楽しく過ごしていただくための子供のお世話をしたり、お手洗いの誘導をしたりと大活躍でした。子供たちにお菓子を渡し、とびっきりの笑顔で返されると、こっちまでとても幸せで温かい気持ちになり、少し早目のクリスマスプレゼントをいただきました。参加した生徒は、青木 美沙さん、大島 楓さん、伊藤真奈美さん、江添 亜美さん、浅田 美里さん、前田 萌花さん、泉 香穂さん、金谷 明菜さん、采女 祥子さん、福崎 詩恵さん、原 菜奈恵さん、山川 礼華さんが参加しました。 このようなイベントに参加させていただき、生徒たちにとってはとても貴重な体験となりました。御指導いただいたアルカス佐世保のスタッフの方や、支援していただいた長崎新聞の方、明治製菓の方々に心から感謝申し上げます。