平成29年度 第14回 佐世保地区 高等学校 総合バドミントン選手権大会において、

ダブルスは優勝・準優勝、シングルスは準優勝しました。

 

個人戦  ダブルス   優勝    山口 安美・畑原 愛花 組

            準優勝   川下 由利亜・髙原 伶奈 組

 

     シングルス  準優勝   畑原 愛花

 

 

 w1 w2

ダブルス 優勝             ダブルス 準優勝

 山口 安美・畑原 愛花 組         川下 由利亜・髙原 伶奈 組

 

 

s2

シングルス 準優勝

 畑原 愛花

 

 

 2017佐世保総合結果

 
インターアクト部     2018.03.07

2月24日(土)に四ヵ町アーケード、島瀬公園前にて シリア緊急募金活動を行いました。

シリア緊急募金 (3)hp本校の生徒も協力してくれました!

シリア緊急募金 (7)hp募金にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。街頭募金と校内で集まった支援金を合わせて、日本ユニセフ協会に寄付いたします。シリアで苦しむ子ども達が一人でも多く支援を受けられますように。そして一日でも早くシリアに平和が訪れますよう、部員一同心よりお祈りしています。

 

第四回卜部杯「物語のその後」コンテストの表彰式が22日におこなわれました。

今回は二つの作品が優秀賞として選ばれました。

ひとつは、中島敦「山月記」のその後です。
虎になった李徵の妻が、虎になって暴れまわる夫への怒りを募らせ、夫との闘いのために体を鍛える…という、アクション映画のようなスリルのあるストーリーでした。

もうひとつは、芥川龍之介「羅生門」のその後です。
羅生門で老婆から全てを奪った下人でしたが、気付くと暗闇のなかに迷い込んでいます。
そこで目に入ったのは、一本の細い雲の糸だった…という、
同じく芥川龍之介の作品「蜘蛛の糸」に繋がるユニークな展開でした。

その他に、「金太郎」のその後、「注文の多い料理店」のその後、「浦島太郎」のその後のストーリーが優良賞として選ばれました。

表彰のあと、校長先生からの講評では「物語のその後を考えるということで、それぞれが想像力をはたらかせて様々な展開を書きました。本を読むということは、想像力を豊かにするためにも役立ちます。読む力、そして想像する力をこれからも磨いてください」とお言葉をいただきました。

今回は演劇部とのコラボ企画ということで、荒木さんの「羅生門」のその後が演劇部によって舞台化されます。
どうぞ楽しみにお待ちください!

 

28276638_1704167929605296_5046112663295538292_n

28166282_1704167836271972_5041504539592911572_n

 

 

平成29年度 第36回 ゴーセン杯 佐世保地区高等学校 新春ダブルス バドミントン選手権大会において、優勝・準優勝を独占しました。

 

個人戦  ダブルス  優 勝   山口 安美・畑原 愛花 組

           準優勝   川下 由利亜・髙原 伶奈 組

 

 

W1 W2

優 勝                  準優勝

 山口 安美・畑原 愛花 組          川下 由利亜・髙原 伶奈 組

 

 

2017新春複結果

 

平成29年度 第14回 佐世保地区 高等学校学年別シングルスバドミントン選手権大会において、各学年で上位入賞しました。

 

個人戦  2年生シングルス  準優勝   畑原 愛花

               第3位   森 望由采

               第3位   山口 安美

 

     1年生シングルス  準優勝   髙原 伶奈

 

 

 2S2 2S3m 2S3y 1S2

2年生シングルス                       1年生シングルス

準優勝        第3位        第3位         準優勝

 畑原 愛花      森 望由采        山口 安美       髙原 伶奈

 

 

2017学年別単結果