Page 1 of 18912345最後 »

バドミントン部     2018.10.14

 10月13日(土)・14日(日)に行われた長崎県県北地区新人体育大会バドミントン競技において、団体戦・ダブルス・シングルスともに優勝し三冠を達成しました。

 

dantai

 団体戦 優勝(チームメンバー)

 

 

w1

w2

 ダブルス 優勝              ダブルス 第3位

 波多江 美空・松﨑 穂乃華 組          志田 碧葉・髙原 伶奈 組

 

 

s1

s2

s3

 シングルス 優勝      シングルス 準優勝      シングルス 第3位

  波多江 美空        髙原 伶奈          松﨑 穂乃華

 
聖和ニュース     2018.10.13

 10月12日(金)6校時にて、センター100日前集会を行いました。校長先生をはじめとし、各教科担当から試験に向けてのアドバイスをいただきました。生徒の心の中には、試験に対する様々な思いが巡っていることでしょう。先生方からの言葉を聞き、涙をこらえきれない生徒もみられました。これから、試験に挑んでいく生徒たちですが、教員全員、全力でサポートをしていきたいとで思います。そして、春には最高の笑顔をみせてくれることを期待しています。

DSC_0703DSC_0705DSC_0706DSC_0708DSC_0709DSC_0710DSC_0712DSC_0713

















 
聖和ニュース     2018.10.13

 昨日の5・6校時を利用して、高校1年生は進路説明会を行いました。全体会では進路指導主事より、本学の就職実績の紹介、就職試験までの流れと心構え、そして、大学入学共通テスト、いわゆる新テストに関する概要の説明がありました。ご承知の通り、現在の高校1年生は2021年に迎える新テストを受験する最初の世代となります。現行のセンター試験とは異なる出題構成とその意図、問題に対応するために求められる力とは何かについて、生徒たちは保護者同席のもとで真剣な表情で耳を傾けていました。

  

 続いて、大半の受験校から提出を義務づけられる調査書の作成に関して、大きな変更を迫られている現状を、本校でICT推進委員を務める職員より説明を実施しました。高校生活で積み上げられていく学習の成果や学校行事、校外活動での経験のひとつひとつが審査の対象や参考とされ、活動の過程で「何を学び」、結果として「どのような力」を身に付け、生徒自身が「どう変化(成長)したのか?」を記録として蓄積していく必要性を伝えました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERAIMG_1806IMG_1807

 

 全体会後はクラスごとに会場を分け、来年度の希望コースや、理系・文系のどちらに進むかについてのアドバイスを各担任から、また、選択を必要とする科目の説明が各教科主任によって行われ、全体会同様に保護者・生徒とも熟慮されていました。悔いの無い選択をしていただくとともに、何事にも積極的に関わる姿勢や、真面目に、時に楽しんで精一杯行事に取り組める態度を培ってくれることを期待しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
聖和ニュース     2018.10.12

10月12日(金)5・6校時に大体育館にて、株式会社 さんぽう 主催の進路説明会が行われました。

まずはさんぽう専任講師の 財津 香壽子先生 に、進路講演会として、就職する上で必要とされている資質や、今やるべきことについてお話ししていただきました。

その後、大学や専門学校の先生にお越しいただき、自分が興味のある学校や学部に分かれてその特徴などについてお話を聞きました。

自分の進路についてしっかりと向き合う良い機会になったようです。

 ガイダンス ガイダンス5ガイダンス2  ガイダンス4ガイダンス3

 

 

「平成30年度第48回長崎県私学教育研究会英語部会」が10月10日(水)本校で開催されました。
全体表示1この会は、長崎県の私立学校の先生方の教科別研修会で、各校がもちまわりで行っているものです。今年は「英語」を聖和女子学院が担当しました。

公開授業を本校の中学高校二名の教員で行いました。沢山の先生方に囲まれながらの授業で、先生は当然のことながら生徒も大変緊張した中での授業ですが、時々笑顔もこぼれる良い授業となりました。
指導助言を長崎大学教育学部英語専攻の稲毛逸郎先生にお願いし、各先生方に的確な指導をしていただきました。ありがとうございました。
yamasaki最後に長崎県立大学地域創造学部の山崎祐一先生による「異文化理解を視野に入れた英語教育~子どもたちはどうしたら英語に興味を持つのか~」というタイトルで講演をしていただきました。単に「言語」を教えるだけでなく、その言語の背景にある歴史や慣習といったものも含めての指導が求められる、というお話に英語教育の深みを感じさせられました。

 

Page 1 of 18912345最後 »