Page 1 of 17912345最後 »

「型を極めたら型破り」~朝の話:H30.6.19(火)~  T.O
2018.06.19     職員

日本にとって大事なサッカーワールドカップの初戦が、約12時間後に迫っていますね。実際に自分で経験してみて、けた違いのスタミナが必要だと思った競技の1つ、それがサッカーです。ワールドカップで、私が真っ先に思い浮かべるのは、98年、2002年、2006年と三大会連続で活躍した中田英寿、愛称はヒデ、というアスリートです。彼に対する世間の評価は現在でも様々ですが、私が心から尊敬するのは、彼の驚くべきスタミナと、試合中は常に背筋を伸ばし、美しく逞しく走り続け、激しいボディコンタクトを受けても滅多に倒れずに、ボールを失わない姿と精神力でした。テレビ中継で遠くから見ていても、どんなに広いピッチにいても、多くの選手に埋もれていても、すぐに「あッ!あそこに、ヒデがいるぞ」とすぐに分かるほどの逞しさと美しさに、今でも憧れを抱いています。聖和で仕事をしていて、市中体や高総体、授業や掃除時間、部活動、学校行事など、365日、私は第2、第3のヒデと出会える瞬間を、実は、密かに楽しみにしてきました。成功しても失敗しても背筋をスっと伸ばし、次の演技に向かうため、美しく歩いていた体操選手のあなた、綺麗なワンストップ挨拶をしてくれたあなた、黙々と一定のリズムで箒を動かしていたあなた、眠気と戦いながら必死に授業を受けているあなた、講堂での学年集会で、敢えて背もたれに寄りかからずジッと人の話に耳を傾けていたあなた。これまでも、また今年に入ってからも素晴らしい生徒と出会うことができました。経験上、こういう生徒は部活動でも良い結果を残し、進学でもほぼ目標に近い合格を手にしています。その事実が本当に喜ばしい。


当時の、そして現在も含めた日本サッカーのレベルにおいて、間違いなくヒデのメンタルやテクニックは頭2つも3つも抜けている存在でした。したがって、彼が監督やチームメイト、日本のメディアに対して行なった発言や要求が、時に理解されなかったり、存在自体が浮いてしまったりすることもありました。それでも、彼は出場したゲームでは誰よりも長く走り、誰よりも大きな声を出し、誰よりも身体をはってサッカーの奥深さを伝えてくれました。さて、何をするにも、始めるにも、上達するにも、先ず必要とされるのは正しいフォーム、その時々の、いわゆるTPOで求められ理想とされている、正しい『型』を身につけることでしょう。正しい『型』を継続し、維持するためには、体力と精神力も必要ですよね。きついと思います。しかし、それを乗り越え、習慣となって自然と『型』を示している時、あなたは周りを感動させているでしょうし、誇りと自信を手に入れているのではないでしょうか。正しい『型』や、とるべき態度は、自分で一生懸命考えて身につけることもできます。また、部活動顧問の先生方、授業を担当する先生方、時には先輩、保護者や地域の大人たちが必死に、厳しく伝えてくれているでしょう。『No Beauty , No Life』。ぜひ、あなたは美しい聖和生になってください。


留学生のモーリー頑張りました(^o^)~外国人による日本語弁論大会~
2018.06.18     職員

12018年6月16日(土)に国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館で、第10回目の標記大会が行われました。
この大会に、アメリカから本校に留学してわずか10か月足らずのモーリーも参加しました。
参加者は社会人や大学生など12名で、高校生は彼女ただ一人でした。
タイトルは「国際交流がもたらす変革」と題して、自分自身が留学を通して知ったこと、経験の中から感じ取ったことを上手にまとめ、緊張しながらも堂々とスピーチをいたしました。
23結果は、“平和祈念館館長賞”を受賞し、本人も大喜びでした。
47月6日が本校最後の登校日となるため、今回の活躍は、本人にとってもとても意義ある大会となりました。
聖和女子学院の職員も生徒たちも、彼女の頑張りに心から拍手を送ります。「おめでとう~(^o^)/」
5


 


第2回全九州高等学校総合文化祭 鹿児島大会 写真部門 撮影大会 2E衛藤さん金賞受賞しました。
2018.06.18     職員

 6月15日(金)~16日(土)


第2回 全九州高等学校総合文化祭 鹿児島大会 写真部門


撮影大会に長崎県代表として参加してきました。


今年度は2年E組の衛藤鈴さんが県代表で参加させていただきました。


九州各県の代表、総勢80名で15日の朝から撮影を行い、撮影後会場で


審査委員が審査をし、受賞者を決めるスタイルです。その結果。


衛藤さんの作品が金賞を受賞しました。


(金賞1名、銀賞2名、銅賞4名受賞)


_MG_9913_MG_9922


九州大会で第1位に選ばれたのは久しぶりで本当にうれしい受賞でした。


衛藤さん本当におめでとう


そして大会に際して応援していただいた方々、本当にありがとうございました。


第67回 校内英語弁論・暗誦大会が行われました。
2018.06.15     職員

6月15日(金),本校講堂にて第67回英語弁論暗誦大会が行われました。弁論の部に10名,暗誦の部に中学生4名・高校生7名がそれぞれ出場しました。緊張した面持ちの出場者も,壇上に上がると,堂々とした弁論や暗誦を披露し,会場は心地よい英語の響きに包まれました。


外部からお招きした審査員の方からは,高い評価をいただきました。これからも,ますます努力して英語力を磨いてほしいと願っています。


入賞者は次の通りです。


【弁論部門】


第1位 山口沙希  第2位 村上瑠南  第3位 大浦向日葵  奨励賞 北村遥菜


【留学生の部】


第1位 諫山晴香  第2位(2名)山野美礼 辻怜里


【暗誦部門】


中学校の部


第1位 福田真琳  第2位 野副花純  第3位 ブラックバーン絵里香 奨励賞 大石桃子


高等学校の部


第1位 田上杏花  第2位 楊雪怡  第3位 松本沙和  奨励賞 三枝鈴音


speech201801recitation201801


弓道同好会初練習
2018.06.11     職員

本日11日(月)、弓道同好会は本格的に活動を開始。初練習に臨みました。


今日は弓道における基本の動き「八節」の動きを勉強しました。


①足踏み②胴造り③弓構え④打ち起こし⑤引き分け⑥会⑦離れ➇残心


しっかり復習して、ひとつひとつできるようになっていきましょう。


 


弓道同好会は月・水・金の中から2日選んで参加することが可能です。


興味がある人、日本の文化に触れたい人は、いつでも見学に来てください。



Page 1 of 17912345最後 »