卒業生を送り出し、学年末考査も無事に終え。中学・高校の1年生と2年生たちは、 今年度最後の学校行事である、「合唱コンクール」に挑みました。  どのクラスも、優勝を目指して朝練をしたり、放課後や土日の休日を返上したりして 練習を重ねていました。  当日は、4月から共に過ごしてきた仲間たちの結束力が高まったことと、美しい歌声に クラス担任の中には、頬をつたって涙がこぼれるシーンもありました。  写真では、その美しい歌声をお伝えできないのが残念ですが、どうぞご覧ください。 優勝は 高校1年Dクラス と 中学2年生 第2位 高校1年Aクラス と 中学1年生  第3位 高校2年Eクラス と 高校2年Aクラス  でした。 最後には、余興として、先生方による合唱も披露(^_^;)
 
聖和ニュース     2012.03.15
      家庭科の授業の一環として、本校と同じ聖和女子学院の「桜の聖母幼稚園」にて、保育実習を行いました。                 実施したのは、高校1年生のクラスごとに、2月3日・2月9日、そして3月6日の3日間。  各クラス4~5名ずつ園児のクラスに入り、2時間弱、園児達と交流をしました。          共に遊び、昼食を摂り、会話をとおして、幼児の素直な心、一生懸命に取り組む姿勢に、高校生達は自分自身の姿を振り返ることもできました。     ↓「みんな、はいポ~ズ ヽ(^。^)ノ」                        

 

「いただきます…(^o^)」

    

 

 聖和では、毎年卒業したばかりの先輩達にお願いして、高校1・2年生の後輩達に、いかにして自分の希望する進路を実現したのか、そのアドバイスをしてもらう進路講演会を実施しています。  勉強の方法は勿論、普段の授業に対する心構えや、学校生活の過ごし方など、具体的にいつ頃から志望校を意識し始めたのか、使った問題集は…等々、自分たちの体験談を後輩達に伝えてくれました。  先輩方一人一人のお話の後は、各教室やブースに分かれて、個別対応の質問とそれに対する、応答の時間を設け、全体会では聞けなかった質問に対して、先輩達は丁寧に答えてくれていました。  日頃、いろいろな先生達から言われている同じ内容も、先輩達から聞くと後輩達の目は爛々と輝き、しっかりとメモを執る姿は、不思議なものだと感じながらも、講演会が意義あるものだと再確認させられました。
 
聖和ニュース     2012.03.09

平成24年3月7日(水)にDV教室を行いました。 どんなことが、DVにあたるのか。DVに遭わないための心構えや対処の仕方など、ロールプレイングで 生徒代表が役を演じ、自分たちの心と体を守るための、女性にとってとても大切な授業となりました。
 
聖和ニュース     2012.03.03
昨年5月に、タイから本校にやってきた留学生のカオプンちゃん。 正式な名前は LORCHATNOPPAKUN PUNYTAWEE さん。                          本日(3/3)、日本を発ち、タイのバンコクへ帰国します。 僅かの期間に、驚くほど日本語が上達し、顔立ちからも 日本人と、ほぼ見分けがつかないから、なかなか留学生と わかってもらえず、逆に辛い思いをしたこともあるとか… みんなと本当に仲良くなってなって、本当に別れが辛い思いです。  どうか、日本のことをいつまでも忘れずにいてください。  お元気で…さようなら~(T_T)/