Page 2 of 11012345最後 »

カラムーチョさんへ
2018.03.25     HP管理者(HP管理者) から その他へのつぶやき。

カラムーチョのハンドル名で投稿された方へ
 すみませんが、「つぶやきコーナー」は、「質問コーナー」ではありません。また「ご意見箱」を目指しているわけでもありません。遠く離れた海外の留学生や卒業生からとか、内容によっては対応する場合もありますが、ネット上に乗せる必要のないご質問やご意見は、直接学校の事務室や教職員にお尋ね、もしくはお伝えをお願いいたします。
 ごくたまにですが、匿名性を利用して、あるいは偽名を使ったりして他人のことをここに投稿したり、誹謗中傷めいた投稿があります。ネット社会の光と影が取りざたされる今日だからこそ、「どんなに小さな事でも、質問は質問として意見は意見として直接告げてコミュニケーションを図る」という姿勢を身につけた社会人になってほしいと願っているからです。


「無題」
2018.03.24     ついんず(その他) から 先生へのつぶやき。

 


高校を卒業し2年の月日が流れました。
わたしは今年准看護科を卒業し、免許を取得することができました。
思い返せば、2年前2つの学校を一般受験する予定でした。
しかし、11月に卒業した学校だけ受験することを決めました。
もちろん、そんな無謀な決断に担任の先生や進路の先生には他の学校を受験することを勧められました。もし、落ちたらどうしようもないのでそれが普通のことなのですが、、
しかし、そんな無謀な決断を応援し支えてくれたのは母でした。
母も無謀な決断に不安だったと思いますが、そんな素振りは一切見せずにいつも笑顔で私達に接してくれました。
その学校に進学したのは、オープンスクールでこの学校に通いたいと思ったからなのですが、実際に入学してみると理想とは真逆の学生生活でした。膨大な課題の量、記録に追われ眠れない日々。
そんな辛い日々を頑張れたのは家族の支え、一緒に頑張る仲間、先生方のおかげでした。
年齢幅の広い同級生はいつも人生の先輩としアドバイスをくれました。
先生方は、時に厳しくも優しくご指導していただきました。
「なんで、3年間でストレートの学校にいかないで遠回りの道を選んだの?」ってよく聞かれますが、わたしは自分の選択に後悔はありませんしこの学校で本当によかったと思います。

こんな風に思えるようになったのは、2年前の私の無謀な決断を受け入れ面接の練習をしてくださった先生
部活動で心身共に鍛えてくださった顧問の先生のおかげです。
本当にありがとうございました?

聖和での日々があったからこそ、今の私があります。
聖和を卒業することができて、本当によかったです。

後輩の皆さん、自分の人生は親のものでも、他の人のものでもありません。たった一度きりの自分の人生。
親が勧めたからとかではなく、自分の意志で自分の人生を決断しなければ後で絶対に親を言い訳にし後悔することになります。
だから自分を信じ、自分が決断した道を歩んでください。
悩んだときは周りを見渡すとたくさんの人に支えれてることに気づくことができます。
悩んで挫けてもその場から逃げなければなんとかなります。
これは、私が2年間での学校生活で感じたことです。

わたしもまだ夢を実現するための途中です。
4月からは、看護科に進学します。
聖和で学んだ隣人愛を大切にし、夢を実現するためにがんばります。

長文失礼しました。
---------------------------------------------
力強いメッセージ、ありがとうございました。
自分の意思でしっかりと、一歩を踏み出していらっしゃるそのエネルギーの源には、
親御さんの温かい愛情に満ちた支えがあること、そして隣人愛の教えを心の拠り所として
過ごしていらっしゃることが窺い知れて、聖和としても嬉しいかぎりです。
これから先、いろんな壁にぶつかったり、過ぎてみたらしょうもないちっぽけなことに悩まされたり
いろんなことがあることと思いますし、あるのが人生だと思います。
どんなときにも、貴女は貴女らしく、時には遠回りをしたり、後戻りをしたりしながら路を進んで
行かれることを心から応援しています。


 


受験を通して
2018.03.06     Cat(本校の高校生) から その他へのつぶやき。

こんにちは。
 私は今年聖和女子学院を卒業し、春から大学へ進学します。在学中は大変お世話になりました。
今回、私がここに投稿させて頂いた理由は、受験をこれから迎える後輩のみなさんにとって私の経験が少しでも参考になれば嬉しいなと思ったからです。
 私は国公立大学進学を目標に聖和女子学院 普通科国公立コースに入学しました。正直、3年間在籍している中で授業数や模試も多くつらく感じるときもありました。そんな時、支えになったのはクラスメイトの「一緒に頑張ろう」という声でした。「つらいのは自分だけじゃない」と実感するたびに勇気が湧いて来ました。そして、あっという間に3年生になり、いよいよ本格的な受験勉強が始まりました。友達の合格の一報が届くたびに、喜びとともに焦りが混じったような複雑な感情を抱いていました。いくらペンを動かしても成績が伸びない悔しさ、今自分は他の受験生に比べてどの位置にいるんだろうという不安に苦しみながら勉強に励みました。しかし、結果は残酷で第一志望校には届きませんでした。「努力は報われなかった」と落ち込む私をもう一度立ち直らせてくれたのもやはり、クラスメイトや先生方でした。友人たちの励ましの手紙や言葉は私が立ち上がる力となりました。また、先生方はまた次の目標を提示して導いてくださいました。お陰で、国公立2次試験までの1ヵ月間、また新たな気持ちで頑張ることができました。
 そして、本日 「国公立大学合格」という夢を叶えることができました。
 自分の受験番号を見つけた瞬間、思い浮かんできたのは聖和で支えてくださった多くの方々でした。実際、受験勉強はつらいものです。しかし、私は受験を通して努力する大切さ、周りの方に感謝する心を学ぶことができました。「合格」だけでなく「成長した新しい自分」をも得ることができたのです。

 私が後輩のみなさんに伝えたいのは、受験を通して「合格」以上に大切なものを身につけることが一番意味のあることだという事です。かなり長くなってしまい申し訳ありません。最後までお付き合い頂きありがとうございました。 後輩のみなさんの夢が叶いますようにお祈りしています。
------------------------------------------------------------------------------------
合格おめでとうございます。
本当に最後までよく頑張りましたね。
 貴女が書いているように、受験は「合格」の二文字がすべてではありません。受験が与える試練を経験して、様々な力を身につけ、様々なことに気づかせてくれるのも事実で、それは経験した者でないとわからないことです。そして、その受験で身につけた力=合格できた力は、進学した先で学ぶために必要な力です。あなたは、大学4年間、専門的な学問に勤しむために必要とされる学力を有する者として認められたことになるのです。
 これからも、いくつもの山あり谷ありだと思いますが、目の前に現れる課題から逃げることなく、真摯に向き合う貴女の姿は、まさにあなたの今後の人生を決定づけていくものとなります。これからも頑張って、世を照らす光となってくださいね。
 そして、疲れたときには、どうぞ聖和に遊びに来てください。ここは、貴女にとって心の安まる場であり、あなたのふるさとなのですから。


質問です。
2018.03.05     匿名(本校の高校生) から 先生へのつぶやき。

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
卒業式についての質問です。…
-------------------------------------------------------------------
匿名さんへ
このような質問は別に悪いことでもないのですから、匿名で掲示板に質問するのではなく、直接クラス担任の先生にお尋ねください。


 


無題
2018.03.01     虹色ミラクル(本校の高校生) から 先生へのつぶやき。

日本人はどうしてみんなと同じということに安心して他人の視線ばかりを気にしてしまうのでしょう。
制服や校則で統一させて一体感は出るものの厳しく拘束され過ぎて苦しいときがあります。
外国に来て体験しているのはIdentityResponsibilityを大事にしていると感じています。
聖和の男女交際禁止という校則は日本でも珍しい校則だと思います。
だけどそれもそれでいい経験になるのかなあ。

何を言いたいかというと私は私らしく誰の視線も気にせずに生きてみたいです。
文章がまとまらなくてごめんなさいただのつぶやきだと思ってください。
-------------------------------------
学生の間は特にいろんなことを考えながら成長を続け、
保護者のもとを巣立つ時がきたら、ぜひ貴女は貴女らしく生きてください。


 



Page 2 of 11012345最後 »