Page 3 of 11112345最後 »

受験を通して
2018.03.06     Cat(本校の高校生) から その他へのつぶやき。

こんにちは。
 私は今年聖和女子学院を卒業し、春から大学へ進学します。在学中は大変お世話になりました。
今回、私がここに投稿させて頂いた理由は、受験をこれから迎える後輩のみなさんにとって私の経験が少しでも参考になれば嬉しいなと思ったからです。
 私は国公立大学進学を目標に聖和女子学院 普通科国公立コースに入学しました。正直、3年間在籍している中で授業数や模試も多くつらく感じるときもありました。そんな時、支えになったのはクラスメイトの「一緒に頑張ろう」という声でした。「つらいのは自分だけじゃない」と実感するたびに勇気が湧いて来ました。そして、あっという間に3年生になり、いよいよ本格的な受験勉強が始まりました。友達の合格の一報が届くたびに、喜びとともに焦りが混じったような複雑な感情を抱いていました。いくらペンを動かしても成績が伸びない悔しさ、今自分は他の受験生に比べてどの位置にいるんだろうという不安に苦しみながら勉強に励みました。しかし、結果は残酷で第一志望校には届きませんでした。「努力は報われなかった」と落ち込む私をもう一度立ち直らせてくれたのもやはり、クラスメイトや先生方でした。友人たちの励ましの手紙や言葉は私が立ち上がる力となりました。また、先生方はまた次の目標を提示して導いてくださいました。お陰で、国公立2次試験までの1ヵ月間、また新たな気持ちで頑張ることができました。
 そして、本日 「国公立大学合格」という夢を叶えることができました。
 自分の受験番号を見つけた瞬間、思い浮かんできたのは聖和で支えてくださった多くの方々でした。実際、受験勉強はつらいものです。しかし、私は受験を通して努力する大切さ、周りの方に感謝する心を学ぶことができました。「合格」だけでなく「成長した新しい自分」をも得ることができたのです。

 私が後輩のみなさんに伝えたいのは、受験を通して「合格」以上に大切なものを身につけることが一番意味のあることだという事です。かなり長くなってしまい申し訳ありません。最後までお付き合い頂きありがとうございました。 後輩のみなさんの夢が叶いますようにお祈りしています。
------------------------------------------------------------------------------------
合格おめでとうございます。
本当に最後までよく頑張りましたね。
 貴女が書いているように、受験は「合格」の二文字がすべてではありません。受験が与える試練を経験して、様々な力を身につけ、様々なことに気づかせてくれるのも事実で、それは経験した者でないとわからないことです。そして、その受験で身につけた力=合格できた力は、進学した先で学ぶために必要な力です。あなたは、大学4年間、専門的な学問に勤しむために必要とされる学力を有する者として認められたことになるのです。
 これからも、いくつもの山あり谷ありだと思いますが、目の前に現れる課題から逃げることなく、真摯に向き合う貴女の姿は、まさにあなたの今後の人生を決定づけていくものとなります。これからも頑張って、世を照らす光となってくださいね。
 そして、疲れたときには、どうぞ聖和に遊びに来てください。ここは、貴女にとって心の安まる場であり、あなたのふるさとなのですから。


質問です。
2018.03.05     匿名(本校の高校生) から 先生へのつぶやき。

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
卒業式についての質問です。…
-------------------------------------------------------------------
匿名さんへ
このような質問は別に悪いことでもないのですから、匿名で掲示板に質問するのではなく、直接クラス担任の先生にお尋ねください。


 


無題
2018.03.01     虹色ミラクル(本校の高校生) から 先生へのつぶやき。

日本人はどうしてみんなと同じということに安心して他人の視線ばかりを気にしてしまうのでしょう。
制服や校則で統一させて一体感は出るものの厳しく拘束され過ぎて苦しいときがあります。
外国に来て体験しているのはIdentityResponsibilityを大事にしていると感じています。
聖和の男女交際禁止という校則は日本でも珍しい校則だと思います。
だけどそれもそれでいい経験になるのかなあ。

何を言いたいかというと私は私らしく誰の視線も気にせずに生きてみたいです。
文章がまとまらなくてごめんなさいただのつぶやきだと思ってください。
-------------------------------------
学生の間は特にいろんなことを考えながら成長を続け、
保護者のもとを巣立つ時がきたら、ぜひ貴女は貴女らしく生きてください。


 


変わる決断をしました
2018.02.22     人間(本校の高校生) から 先生へのつぶやき。

つい先日ぶりです、元シャーペンの芯です。

 実はあれから、自分の中でいろいろ耐えられなくなって、連絡をとっていなかった日本の家族に電話をかけました。今までにないくらい励まされて、昨夜、留学残り半分きったという期間の中で初めて、自分が悩んでることなど気持ちを全部ホストファミリーに話すことができました!
今日、先生からのコメントを読ませていただき、しみじみと聖和に入って良かったなと思います。先生方や、励ましてくれた家族、しっかりと受け止めてくれたホストファミリー、今までずっと孤独に感じ自分をせめてばかりで、周りにはたくさんの人が居てくれてることに気づきませんでした。
留学を通して言語や異文化、新しいことに挑戦して何か大きなものを得るのも大切ですが、私はこの留学を通して、自分のことをすごく学んでます。
 この留学に協力をして頂いてる先生方へのお礼は帰国後直接伝えさせてください。
そして、シャーペンの芯の名言、座右の銘にさせて頂きますね。センスがものすごく光ってました!
直感でこの名前にしてよかったと思いました。
 落としたりするとすぐに折れてしまうシャーペンの芯。
だけど、私は人間なので、落ちても折れずに自分で這い上がらせて頂きます。
----------------------------------------------------------------------------------
つい先日ぶりですね、人間さん(^o^)
「変わる決断をしました」という、あなたからのつぶやきを読んで、じわ~っと目に涙が出てきて、少しウルウルとしてしまいました。
 急に話題が変わったようで驚くかもしれませんが、例えば、固体である氷が溶けて液体の水になるとき。水が熱せられて、液体から気体に変わるとき。そこにはその物質にとってかなりのエネルギーを要します。
 それは、私たち人間でも同じなんじゃないかなと思っています。私が部活指導をしていて、「先生、こんなに頑張っているのに、なんで記録が伸びないんでしょうか…(T-T)」部員たちは、こんな気持ちを抱いて、当たり前のように壁にぶつかります。その時私が言うのは、「確かに、数値の記録からはなかなか伸びているようには見えないかもしれないけど、今あなたの中では、次のステップに飛躍するためのエネルギーが貯められているから、ここをしっかり頑張って、できるだけ大きく飛躍するためにいっぱいエネルギーを貯めよう。するといつの間にかフッと伸びる日が来るから。」と伝えます。すると本当に、数か月後には必ず、本人でも驚くような結果が出てきます。外から見ると何の変化も見えませんが、確実にエネルギーは貯まっていってたのです。
 水も少し温まったお湯も、一見変化しているのか分かりませんが、エネルギーが十分に貯まった時に、気体となって、空中に飛び立ちます。あなたからのつぶやきを読んで、氷が溶けるエネルギーを感じました。まだまだ、これからも辛いこともたくさんあるはずです。人間をやめてしまいたいと思うことだってあるかもしれません。私も、半世紀の間には、発狂したくなるような時もありました。でも人間をやめずに済んだのは、こんな自分でも支えてくれている人がいることを知ったり、こんな自分でも誰かの支えになっていることを感謝されたり、辛いことが10ある中に一つや二つ、たまにあるからです。それが私たちのエネルギー源なんだと思います。
そうなんです。人間だもの。


変われない
2018.02.19     シャーペンの芯(本校の高校生) から 先生へのつぶやき。

 こんにちは。留学中の生徒です。留学して半分の期間がすぎました。
  留学をして自分が変化した心地がしません。
  日常に慣れてきて、留学した当時の刺激が無く、語学の面でも成長した感じが全くなくて、毎朝起きては『昨日、私は何してたんだろう』と後悔するばかりです。
  毎日現地の友達とコミュニケーションをとって遊んだり、習い事を始めたりしている周囲の留学の仲間を見て、なにか挑戦することへ怖気ついて、半分の期間何も出来ない自分に無性に腹が立ちます。
  私はこの半分の期間で、今まで自分はいかに環境のせいにして生きてきたかということと、環境が変わっても自分が変わる決断をしなければ何も変わらないことを身にしみるほど知りました。楽しいことを見つけたり、人と会話することは自分から行動しなければならいことは分かっているのですが、行動することに抵抗してしまいます。向き合いきれません。
  私は今まで、嫌なことや努力しなければならないことからしっかりと逃げてきました。その面に関してプロだと思ってます。誰よりも逃げ切れる自信があります。
  だから、嫌なことと向き合う方法、努力する方法を教えてください。
  ちなみに、私は留学中の今、やりたいことが無く、日本に帰国してからもやりたいことがありません。
目標や夢を明確にするという提案以外で、なにか方法ありませんか。

----------------------------------------------------------------------------
なんとも答えにならないと思いますが、なんだかもったいないですね~。
私が貴女に代わってあげたいくらいです。
聖和の生徒を見ていて、当たり前のように留学に出かけていく状況が羨ましくてしかたありません。
自分の高校時代を、もしこの聖和でやり直せるなら、是非留学したかったなぁ~…と、なんどそう思ったことか…。ドイツだイタリアだカナダだアメリカだ、スウェーデンだフランスだフィンランドだ…あげればきりがないくらいの国々に。教科書でしか見たことない建物や歴史や文化に直に触れることができるなんて、本当に羨ましいと思っています。それをまた応援して留学させている親御さんの深い愛情も実に素晴らしいものです。

 さてさて、シャーペンの芯さんは、嫌なことや努力しなければならないことから逃げて、どこに行きたいのでしょうか?
 逃げて逃げて、逃げて逃げて、その結果どこに逃げていきたいのでしょうか?逃げるために生きていきますか?
 今無理して目標や夢を明確にする必要はありませんし、そうそう簡単に明確になることでもないことも事実です。あるいは明確にしていた夢や目標が、ちょっとしたことがきっかけで大きく崩れ去ったり、全く別の目標にすり替わることは、これから先何度もあるはずです。
 今回の留学を経験したことで、自分自身を振り返って見つめ直す時間が持てたとこも、大きな事だと思います。いったい自分ってなんなんだ!!って自分に腹が立つことだって意味があることです。今は、意味が見いだせないかも知れない毎日が、帰国後に、あるいは高校を卒業してから何年も経ってから、ふっとよみがえって感謝の涙を流す日に繋がるかも知れません。 焦って、目標や夢を見つけようとせずに、とことん自分を見つめ直して、自分の弱さや、嫌な自分の性格を、これでもかと自分でとことんけなしたっていいじゃないですか。 
 半世紀以上も生きてきた私は、今でさえ、自分の性格の大嫌いな面に気づかされ、自分が自分にショックを受ける日があります。

 ノックすれば出てくるシャーペンの芯。
 今は隠れて見えない芯の部分が、何かの拍子でカチッカチッとノックされて、自分でも気づかなかった隠れた芯の働きが、発揮される日も必ず来ます。あなたは芯じゃなく、人間なんですから。



Page 3 of 11112345最後 »