クラブ活動

文化部

写真部

12月23日(金)~25日(日)にかけて平成28年度 長崎県高等学校総合文化祭 第12回県写真展 が佐世保市コミュニティーセンターで行われ、800数点の予選を通過した300点余りが佐世保市の島之瀬美術芸術博物館に展示されました。本校生徒も全員予選審査を無事通過し、本選にのぞみました。

審査の結果、2E 岡田ひろなさん、1E 野口杏奈さんが優秀賞 、2B 山崎愛観さんが優良賞をいただきました。

この結果をうけて、岡田さんと野口さんは平成29年度九州大会(沖縄大会)《平成29年度6月15日(木)~17日(土)【予定】》に長崎県代表として推薦されました。

日曜日に行なわれた、県大会の運営も2Eの相川さんが表彰式・講演会の総合司会を務めるなど、部員全員様々な場所で活躍しました。お疲れ様でした。

大会期間中、見に来ていただいた方々、応援していただいた皆様、ありがとうございました。

-11 12

 

第22回 美術・工芸、書道、写真大会 長崎大会が先週行われ

長崎県立美術館で九州各県の代表作が展示されました。

17日(金)の総合開会式で3部門合同で開会式を行い。

書道は揮毫大会や交流会講評会に梶村さんが出場し頑張りました。

写真は開会式の後、撮影会

18日(土)昆虫写真家の栗林慧先生の講演会

19日(日)生徒交流会、参加作品についての平山・栗林両先生の講評会、

撮影会出品作についての表彰式と盛りだくさんで行われました。

”九州はひとつ”を合言葉にそれぞれの部門で行事が行われましたが、長崎大会なので

代表として参加することより、係りとしておもてなしをすることを念頭におき、

本校の2E武田芳江さんは 栗林先生の講演会司会も務めました。

代表でもあるので17日係り仕事で撮影できず、早朝より撮影に出かけたりするなど

_MG_8842(朝、築町市場での撮影風景)

全てにおいて大変な日程をこなしてくれました。

来年は沖縄県で九州大会が開かれます。

県予選を勝ち抜き代表に選ばれるよう頑張ります。

 

 

6月20日土曜日 九州産業大学芸術学部の教室を会場に行われた

第22回全国高等学校写真選手権(写真甲子園) 九州・沖縄ブロック大会

代表3年生 石川、柳田、吉田の3名は立木義弘先生の前で力強くコメント、思いを発表できました。

 

 

結果は 沖縄県 浦添工業高校が4年連続5回目の代表の座を射止め、本校は今年もブロック決勝戦までという結果でした。

しかし、浦添工業の作品は群を抜いて素晴らしく九州代表にふさわしい作品だったように思います。

浦添工業高校写真部の仲眞先生および選手の皆様、写真甲子園本大会頑張ってきてください。

(下記URLにて写真甲子園HPにジャンプします)

http://syakou.jp/

 

ニコン TopEye 2015 6‐9 に3年生の石川さんの作品が佳作に選ばれました。

TOPEye6-9

 

 

 

 

 

 

←中高生フォトグラファー応援マガジンTopEye                 No.282 2015 6-9 3ページより

 

 

 

 

昨年入賞がなく2年ぶりに学校ポイントが入ったので

受賞者だけでなく写真部員全員喜んでます。

次号も頑張ります。

 

 

 

 

 

先日行われました

平成26年度 長崎県高等学校総合文化祭 第10回 県写真展にて

本校2年英語科の吉田陽(よしだみなみ)さんの作品「青春の叫び」が最優秀賞を受賞しました

同大会では1年普通科国公立コースの川村亜由美さん、末武美優さんも、ともに優良賞を受賞しました。

吉田さんは来年7月28日から8月1日まで行われる

第39回全国高等学校総合文化祭「2015 滋賀 びわこ総文」写真部門

長崎県代表として推薦されました。吉田さんの益々の活躍が期待されます。

大会期間中に県写真展に訪れていただいた皆様、および応援していただいた皆様。

本当にありがとうございました。

 

 

明日9月7日(土曜日)明後日9月8日は聖和女子学院学院祭

写真部は写真甲子園出場記念として

写真甲子園初戦応募作品20年分を展示します。

写真甲子園一番初めの作品は本校ハンドボール部の写真でした

写真甲子園のテーマは『青春』と『故郷』が交互に与えられ

『青春』の時は高総体を中心に『故郷』の時は戸ノ尾市場を中心に撮影し応募していました。

卒業生の方々、高校時代の青春の1ページが写真となって展示してあるかも知れませんよ。

ぜひ、2階の写真部展示室に足をお運びください。

また、先週

BS朝日で放映された「Hello!フォト★ラバーズ」”特別編”写真甲子園

 も放映します。

聖和写真部の北海道での活躍を見逃した方も、明日あさっての学院祭でまってます。

本日(8月31日)の長崎新聞19面をご覧ください

第20回全国高等学校写真選手権大会

「写真甲子園2013」

聖和女子学院高等学校が敢闘賞

の見出しで一面掲載されています。

1994年から20年間、総文祭関係では全校大会7回九州大会8回県代表として過去出場しましたが”写真甲子園”だけはあと一歩のところで九州ブロック代表として本大会に進むことはできませんでした。しかし、今年”20周年特別記念枠”という思いがけない招待で全国の強豪19校と同じフィールドで勝負することができました。結果は敢闘賞ですがあと一歩で優秀賞という位置まで来ていたので”全国8位”という気持ちで帰ることができました。

出場した3人の生徒が得たものは非常に大きく、”今後後輩に写真の素晴らしさを伝えていきたい。” ”来年も写真甲子園に出場したい” との思いで今部活も盛り上がっています。

写真甲子園事務局から写真データが帰ってきましたので、来週からHPで順次大会時の紹介などをしていきたいと思います。

本戦での写真は「写真甲子園2013」のHP(http://syakou.jp/)をクリックしていただければご覧になれます。

また、聖和女子学院の作品は

ファースト公開審査会の作品(http://syakou.jp/2013/judge/first/19/index.htm

セカンド公開審査会の作品(http://syakou.jp/2013/judge/second/19/index.htm

ファイナル公開審査会の作品(http://syakou.jp/2013/judge/final/19/index.htm

をクリックしていただけると見ることができます。

 

しおかぜ総文祭県代表として、又、写真甲子園出場校として多くの取材(長崎新聞、朝日新聞、BS朝日、NHK[見んと長崎]、KTN[Gopan]、NIB[news every]、UHB北海道文化放送、NHK北海道、学研CAPA、等)をしていただき本当にありがとうございました。

そして、写真甲子園事務局、スタッフの方々に本当に感謝しております。 ありがとうございました。

 

 

本日の15時に写真甲子園2013の本戦出場校が発表になりました。

予選の壁は厚く、今年も沖縄県の高校が九州ブロック代表に決まりました。

しかし、今年は、写真甲子園20周年記念として特別記念枠2校が追加招聘され、

20年目にしてついに

聖和女子学院写真部が写真甲子園の本戦に出場決定しました

http://syakou.jp/2013/firstresult.html  (左をクリックすると写真甲子園のHPにとびます。)

これも、第1回大会から出品し続け、ずっと繋いでくれた先輩方のおかげだと感謝します。

そして、初の北海道、写真甲子園本大会(8月6日~8月9日:北海道上川郡東川町)で頑張ってきます。

応援よろしくお願いします。