●専門教科としての英語に重点を置き、「聴く・話す・書く・読む」能力を最大限に引き出します。
2年生では約1ヶ月の海外短期語学留学研修を実施。生きた語学力を習得します。
●外国人教師や留学生との日常的な交流、充実した視聴覚授業で英語感覚を身につけます。
●授業の他に個人的に英作文の指導、英会話・スピーチの指導を受けることができます。
●「異文化理解」という科目で、英語圏の文化やアジア諸国についても理解を深めます。

          LL教室での授業の様子                                外国人の先生による授業

英語科の授業は普通科と比較して週に8時間、1年で280時間も多く設定しています。これは3年間では840時間も多い計算です。
そのため実践的な英語力はもちろん、大学入試センター試験に通用する英語力も身につきます。

東京外国語大学、お茶の水女子大学、京都府立大学、長崎大学、早稲田大学、慶應義塾大学、明治大学、上智大学、成城大学、関西学院大学、立命館アジア太平洋大学、関西大学、同志社大学、西南学院大学、青山学院大学、聖心女子大学、神戸市外国語大学、関西外国語大学、日本大学、福岡大学、静岡大学、長崎県立大学 ほか

英語科では次の検定資格取得を目標にしています。
●実用英語検定 準1級または2級
●日本情報処理検定 パソコンスピード認定試験(英文)1級または2級

平成27年度 英検準1級7名 / 2級31名 / 準2級43名

平成26年度 英検準1級6名 / 2級31名 / 準2級47名
英語科2年 井添結琴 早岐中出身
 私は幼い頃から留学するのがずっと夢で、それを叶えるために聖和に入学しました。
 聖和の英語科は英語学習に対するカリキュラムがとても充実しているので、英語を身につけたいという人にとっても最適な環境だと思います。
 中学校での英語との一番の違いは、英語の授業の種類がたくさんあることだと思います。
 総合英語や英語理解、英語表現などの授業によって英語に対する知識を習得し、リーディングやライティングの能力を高められるのに加え、オーラルコミュニケーションの授業では実際にネイティブの先生と話すことができ、実用的な英語を学ぶことができます。
 苦手な分野でも、先生方が理解するまでくわしく教えてくださるため、すぐに克服することができます。
 クラスの雰囲気も楽しく、みんなで刺激しあい、英検などの検定試験も意欲的に取り組めます。また、留学帰りの先輩方に体験を聞くことで自分の視野が広がり、自分の将来の選択にも役立ちます。
 私も英語科に入って留学の夢が叶いそうです。留学や、聖和での体験を通じて、これからも向上できるようにがんばろうと思っています。
 英語が得意な人もそうでない人でも、少しでも英語に興味がある人は、ぜひ聖和の英語科に来てみてください。自分の将来が何倍もひろがるはずです。