●情報社会に対応するための情報処理に関する基本的な考え、資格、技能を身につけます。
●パソコン、ワープロ、簿記などの科目を履修します。
●上記のほか「文書事務」、「秘書実務」などの科目を配しています。
各種の資格を取得することにより進学及び就職を有利に進めます。

          真剣にタイピングの練習                                    先生の熱心な指導

福岡教育大学、長崎県立大学、聖心女子大学、駒澤大学、福岡大学、ノートルダム清心女子大学、福岡女学院大学、久留米大学、活水女子大学、純心大学、長崎国際大学、福岡女子短大、長崎短大 ほか多数

情報ビジネス系で取得できる資格は次のようなものがあります。
・全商主催 ワープロ実務検定試験
・全商主催 簿記実務検定試験
・全商主催 情報処理検定試験
・全商主催 パソコン入力スピード検定試験
・日本電卓協会主催 電卓技能検定試験
・文部科学省後援 秘書検定試験

 

情報ビジネス系コース(旧) 3年 F. M(西海南中出身)
私が情報ビジネスコースを選んだのは、将来資格を持っていたら何にでも役立つのでその勉強をしたかったからです。情報コースだけあって週に7時間の中で、商業高校で習う科目を勉強することができます。私は、この少ない授業時間の中でも、商業高校と変わらない充実した授業をうけることができ、多くの資格を取ることが出来ました。
その中でも、簿記はとても難しい科目だったので、授業プラス検定前になると合宿をしてもらい、合格するためにみんなで頑張りました。他にも、電卓検定、ワープロ・情報処理検定など、このコースでしか取ることのできない資格を取ることができました。検定に合格したときは「頑張ってきて良かった」と心の底から思い、嬉しかったです。それに秘書実務という科目もあり、一般知識、社会のルールやマナー、敬語の正しい使い方など学びました。また、ホテルでのテーブルマナー講習会では大人になってから役立つ礼儀作法を教えてもらいました。
このコースは、検定が多くてとても大変なところもありますが、無駄になるものは1つもなく、自分の最高の力を発揮できるコースです。私はこのコースに入ってとても良かったと思っています。