●国公立大学現役合格を目指し、特別に設置されたコースです。
このコースの推薦入学者には、メリーカサリン特待生制度が設けられています。

個々の能力を最大限に伸ばす、少人数のクラス編成。文系、理系に対応するきめ細かい指導を行い、現役合格を目指します。

●従来からの週35時間の教育課程を維持し、授業時間数を確保します。

●課外授業(土曜日・春休み・夏休み・冬休み)では、志望校合格をより確実なものにするために、受験対策のための特別のカリキュラムを実施します。

          国公立合格目指していつも真剣                            個別指導で受験対策もバッチリ!

より高い学習成果を達成するためには、日々の努力の積み重ねが大切です。しかし、その途中で不安や挫折に悩んでしまったり、受験勉強について考えさせられてしまったりすることも出てきます。
そんな生徒の皆さんに対して、現役大学生の先輩からいろいろな体験談を話していただき、受験生としての心構えや、これからの学習意欲の向上のヒントなどをアドバイスしてもらう研修会を実施しています。

筑波大学、横浜国立大学、熊本大学、徳島大学、高知大学、長崎大学、佐賀大学、山口大学、神戸市外国語大学、北九州市立大学、長崎県立大学、上智大学、同志社大学、関西大学、立命館アジア太平洋大学、関西学院大学、福岡大学 ほか多数

 

普通科 国公立コース 3年 N. K(西海南中出身)
私が聖和への進学を決めたのは、英語が好きだったこと、そして、国立の大学へ進学したいと思っていたからです。
高校2年生の時に、オーストラリアからの留学生とクラスメイトとして共に過ごし、また、立命館アジア太平洋大学での英語研修合宿にも参加したことで、英語への興味関心はさらに高まりました。毎日7時間の授業や土曜日の受験対策講座を辛く思うこともありましたが、クラスの仲間の努力している姿に励まされ、自分も負けられないという気持ちになりました。
また、先生方が計画して下さる学力アップのための勉強合宿にも積極的に参加し、自分の学力や集中力を高めることができています。
受験する大学のことで悩んだ時には、担任の先生や教科指導の先生方が、真剣に相談に応じて下さるので、とても心強いです。センター試験まで残り数ヵ月となりましたが、志望大学も決まり、合格を目指してクラス一丸となって頑張っています。聖和に進学できて良かったと、今以上に思えるように、合格発表の日まで気を抜かず頑張り、親や先生方に恩返しをしたいと思っています。