Page 2 of 212

平成23年度 1学期最後のクラス行事(クラスマッチ)ではじけました。
7月15日(金) 午前9時からスタートしましたヽ(^。^)ノ

… 競技種目は、綱引き・バレーボール・バスケットボール・ドッジボールの4種目。


【各競技の様子から表彰式まで】

















1学期の期末考査も終わり、精一杯にはじけていた生徒たち。

 

 

ふだん教室では見たことのない笑顔や、運動神経を披露してくれた生徒もいました。
中学生と高校生が、まともにぶつかって勝負。中学生といって侮ること無かれ。ドッジボールは中学生のあまりの強さに高校生もたじたじ…。

最後は、中学生徒会長:碇山さんの結びの言葉で、無事に終わりました。

本当にお疲れ様でした。
(聖和女子学院職員一同)

 

聖和ニュース     2011.07.13

a

平成23年度 聖苑会関西支部同窓会のご報告

平成23年5月22日(日) 
4人のシスター方のご参加を得て、       
盛会にて終えることができました。



5月22日の同窓会では、急に激しい雨が降ったりと不安定な天気の中、足を運んでいただきありがとうございました。
京都、「都ホテル」で開催した関西支部同窓会には、校長先生や前校長先生並びに4人のシスター方 (Sr.景山、  Sr.服部、  Sr.鈴川、  Sr.山脇の4人のシスター)
に、ご参加いただき、再びお会いできたことでとても元気をいただきました。
もっともっと、シスター方と過ごしたくて、話が尽きませんでした。
来年もまた、是非お会いしましょう。
関西支部長  熊 本  道

聖和ニュース     2011.07.12

平成23年度 聖苑会の集い

総会・懇親会のご案内 
「 風光明媚な琴の海(大村湾)をめぐる       
ひとときのクルージング 」


 

さあ~ いよいよ梅雨が開け、夏本番がやってきました。
大村湾のクルージングと昔の仲間と♪楽しみながらお喋りに華を咲かせませんか!


と   き     7月24日 (日) 受付開始:午前11:00分~
総会開始:午前11:30分~

 

 

と こ ろ      ハウステンボス デ・ハール号

会   費     6.000円

当番回生     2回生・12回生・22回生・
32回生・42回生・52回生

集合場所     ☆ ホテル受付棟 
( 正面ゲ-ト手前 )シャトルバス10:30分発
☆ 直接行かれる方は デ・ハ-ル号へ

駐 車 場     ホテル専用駐車場が利用できます。 無料です。

 

☆ まだ間に合います! 出席希望の方は、聖和事務室までご連絡下さい!
℡ 22-7380

聖和ニュース     2011.07.11
聖苑会(同窓会)から、東日本大震災義援金を届けました

大震災からそろそろ4ヶ月を迎え様としてます。
未だ、行方不明者が7200人以上もいらっしゃるという現状・・・
被災地の復興がなかなか進まない理由の一つでしょうか。
被災された方、又 復興に汗を流されている方に心からお見舞い申し上げます。

さて、聖苑会では、3月に行いましたシスター景山の感謝の会と関西支部会の出席者の皆様と本会計から、合わせて31万円の義援金を預かっておりました。

心のこもった大切な義援金ですから、気持ちの届く相手に渡したいと考え カトリック長崎大司教区に設けられた 「 仙台教区被災者支援サポートセンター 」に届けて参りました。


思いがけなく、大司教様に直接手渡す事ができ・・・一同、大変緊張しました。

「来年の卒業式には行きますからね…」と、嬉しいお言葉もいただきました。

記念にと…一緒に写真撮影もしていただき

さらに、被爆マリア様の御絵まで頂戴し、とても感動いたしました。

これを機に、昔の聖和のように、折りある毎に大司教様に足を運んで頂けるように頑張りたいと思いました。

聖和ニュース     2011.07.07

平成23年度特別講座(出前講義)を開催しました
7月7日(木) 10時00分~

下記のとおり、10時から12時40分まで「特別講座(大学・専門学校等の教授陣による出前講義)」も実施いたします。大学ではどういった勉強をするの かを知る良い機会です。また、中学・高校の勉強が大学などの勉強にどうつながっているかを知り、進路意識を高めることも目的としています。



【各教室の講義の様子】(順不同)















遠路はるばる、聖和女子学院まで足をお運びいただき、90分間の2コマの講義をしていただきまして。誠にありがとうございました。

 

 

昨日から降り続く雨で、高速道路や交通事情が悪い中、おいでいただいたことを心から感謝申し上げます。
また、今回お世話をしてくださいました、「株式会社 さんぽう」様にも心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。

生徒たちは、日頃の授業ではなかなか聞くことのできない、専門的な講義の内容に、目を見開き終始熱心に聞き入っておりました。今回の特別講義を聴き、自分の進路に対する意識が、さらに深まったことを願ってやみません。
講義をしてくださった先生方には、最後に十分なご挨拶もできずに申し訳なく思っております。この場をお借りして、心からお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
(聖和女子学院職員一同)


Page 2 of 212