Page 1 of 212

聖和ニュース     2011.08.29
平成23年度 第2学期 始業式 ☆ 信念をもって事を成す !
梅雨を思わせる雨が続くかと思えば、まるで夏本番といった暑さ、…しかし、朝夕の風の中にはやはり秋の訪れが感じられるようになりました。 さて、8月29日(月)から2学期がスタートしました。始業式にあたり、この夏休み中に活躍した部活動その他の表彰も行いました。 また、新たに3人の留学生を迎え、その紹介もありましたのでその様子も合わせてご覧ください。
【始業式の様子】 学校長の挨拶                校歌斉唱 【留学生の紹介】 ・ジェニファー(ホンジュラス)            ・シャーロット(フランス) ・ルーシー(台湾) 【表彰式の様子】 ・中学バレー部(県大会優勝・九州大会3位) ・ワープロ部(九州大会:速度・技能両部門準優勝) ・ワープロ部(全国6位)         ・コーラス部(銀賞受賞) ・放送部(全国入選)           ・インターアクト部(金賞受賞) ・英語検定(合格証書)          ・準1級合格(3年英語科) 部活生や、受験を控えた3年生にとっては夏休みこそ、日頃以上に自分の弱点克服に多くの時間を費やしたのではないでしょうか。 それぞれが過ごした夏休みの一コマ一コマが窺い知れる、始業式と表彰式でした。 また、今回新たに3名の留学生を迎え、世界から新しい風を吹き込んでもらえそうです。 学院祭をはじめ、ジュニアインターンシップ、進路学習合宿、クリスマス会などいろいろな行事が目白押しですが、それら一つ一つの行事が、また一歩生徒たちを成長させることにつながります。 保護者の皆様にも、何かとご協力いただく機会が増えますが、何とぞどうぞよろしくお願い申し上げます。 (聖和女子学院職員より)  
聖和ニュース     2011.08.29
 
2011~2012年度インターアクト部年次大会のご報告
 
本校のインターアクト部員は、長崎市にある稲佐山観光ホテルで標記の大会に参加しました。大会は7月30日・31日の2日間行われました。
【 7月30日(土) 】の活動
開会式 → 講演(アイスブレイク:緊張をほぐすためのジェスチャーゲーム)→ 長崎女子高校インターアクト部の泥水のろ過実験 → JICAの八田麻理子先生 の講演 → 夕べのつどい(夕食・学校紹介)→ 花火観賞 → 就寝 稲佐山からの眺望                   JICAの方の講演 アイスブレイク①              アイスブレイク② 国際交流の部で金賞受賞①          国際交流の部で金賞受賞② 夕べのつどい                ロータリ-の方々と
【 7月31日(日) 】の活動
分科会(クラブ運営・国際理解・社会福祉の3つに分かれての意見交換・討論・ 発表など)→ 分科会報告→閉会式 稲佐山からの眺望                    学校紹介 (分科会)社会奉仕①            社会奉仕② (分科会)クラブ運営①①          クラブ運営② (分科会)国際関係              閉会式 【部長の感想】 7月30・31日に私達インターアクト部は、長崎市で行われた国際ロータリー第2740地区の年次大会に参加しました。はじめはジェスチャーゲームを行 い、他校の学生と交流した後に、「すべての人に安全な環境を ~今、稲佐山から何ができるか~」という大会テーマに沿った講演がありました。講師の方は、 JICAでインドネシアに2年間行かれていたという経験をもたれていました。JICAで活動した経験を通して、水についての講演をしてくださり、改めて水 がどんなに大切なのかを考えることができました。そして、夕べの集いにおいて、本校は国際交流の部で金賞をいただくことができました。 2日目は3つのグループに分かれて分化会が行われました。いろいろな人の意見を聞くことができ、それぞれ考えさせられました。 2日間で改めてボランティアについて深く考えることができ、そのボランティアを広めていきたいと思いました。本当にいい経験をすることができました。ありがとうございました。
【顧問の感想】 生徒達は、稲佐山という美しい自然を見下ろせる環境の中で、自分たちの身近にあるきれいな水のありがたさ、そして他国の環境問題が自分たちの身近な問題 であることなどを改めて考えさせられていた。また、夕べのつどい・分科会などを通して他校のインターアクト部員との交流を持ち、もっと何が自分たちにでき るのかを考えていました。今回の年次大会は今後の本校のインターアクト部の活動にとって大変有意義なものであり、このような貴重な体験をさせて頂いた佐世 保南ロータリークラブの皆様に顧問・生徒一同感謝しております。
 
聖和ニュース     2011.08.23
 

① NIB 24時間テレビ34 「 愛は地球を救う 」 募金活動② 「24時間テレビ」長崎北部読売会イベント 募金活動

 
① NIB 24時間テレビ34 「 愛は地球を救う 」 編
  本校のインターアクト部員が、標記の募金活動に参加しました。 活動したのは、8月20日(土)は14:00~19:00と同21日(日)10:00~19:00の2日間。 場所は、佐世保四ヶ町アーケード内の島瀬公園前です。
※ 募金活動の様子 …
2日間にわたり14名が2グループに分かれて、募金の呼びかけを行いました。 3年生の山口さんと塚田さんがリーダーとなり、1年生をまとめ、とにかく元気よく積極的に、通行中の人たちに呼びかけました。
     
② 「24時間テレビ」長崎北部読売会イベント 編
  本校のインターアクト部員が、自分たちで募金の場所や方法などを工夫して行いました。 活動したのは、8月21日(日)は10:00~16:00。 場所は、佐世保市大塔町の 「ジャスコ大塔店」。
※ 募金活動の様子 …
読売新聞社の担当:川口様より、「自分たちで良く工夫をして、最後まで元気よく頑張ってくれましたね。」とお褒めの言葉をいただきました。川口様には、生徒たちが活動する上での相談について、本当に快く対応していただきました。 …「3.11東日本大震災」という言葉は誰もが忘れることのできない言葉となりました。 しかし、被災された方々にとって、この震災は過去の出来事ではなく、まだまだその渦中にあると言っても決して過言ではありません。街が元どおりの姿を取り戻して復興したとしてもなお、心に残った傷はなかなか癒えることはないと思います。 インターアクト部の活動や「24時間テレビ」の活動のように、広く多くの方々がそのことを見守り応援し続けることの大切さを私たちは忘れてはなりません。 最後になりましたが、募金活動の機会を与えていただいたことと、その活動に対してご理解とご協力をくださった多くの方々に心からお礼を申し上げます。 ありがとうございました。 (関係職員一同)
聖和ニュース     2011.08.19
第3回 聖和 Summer English Class for Kidsが行われました

今年で3回目となる「SEIWA ENGLISH CLASS FOR KIDS」が8月4日(木)~6日(土)の3日間、本校にて行われました。  このイベントは、佐世保市内の小学5~6年生の女子を対象に、英語を学ぶ楽しさを体験してもらおうと、2年前から始まった企画で、毎年定員の30名を上回る応募をいただいている、人気のあるイベントです。
今年は32名の生徒さんに参加していただきました。その活動の様子を報告致します。

【 授業内容 】


受付の様子…①                受付の様子②    

お友達と仲良く受け付け…           真下校長の挨拶から…

英語科主任の挨拶               指導のホプキンス先生



 

指導のスージー先生           課題に取り組む様子①    

課題に取り組む様子②            英語で身体の部分を説明してます 

みんな真剣に聞いてます           歌と踊りで~♪  

次第に積極的に…              「簡単、簡単…」    



 

聞く→書く…                  楽しみだったクッキング…①    

クッキング~…②                みんな生き生き…③    

ホプキンス先生もエプロン姿            はい、完成!…    

美味しそうでしょう…?            ほっと一息…会話もはずみました

最後に参加した小学生のみなさんの感想を紹介いたします。
皆さんの期待にこたえることができたでしょうか?

・一番嬉しかったのは、きれいな英語の発音ができるようになったことです。英語が好きになったので、また「聖和 Summer English class for kids」を開いてほしいです。

・友達とピザを作ったりして楽しかったです。先生の教え方が分かりやすくて、数字やアルファベットを楽しく覚えることがで きました。来年も参加して、色々な英語を覚えたいと思いました。

・最初の日は、全然英語が分からなかったけど、2日目、3日目になると、どんどん英語が分かってきてすごいなあ~と思いま した。

・初めは緊張したけど、ゲームなどをしているうちにどんどん楽しくなってきました。発音をきちんと教えて下さったので分か りやすかったです。最終日のクッキングは、高校生のお姉さんがやさしかったので、とっても楽しかったです。次もまた参加 したいです。

・この3日間で、英語は楽しいんだなという事が分かりました。これからもっと英語を勉強してみたいです!!3日間楽しかっ たです!!

・今回のレッスンで、きれいな発音の仕方や使い方などを勉強できたので良かったです。この3日間でもっと英語が好きになっ たので、これからも英語を頑張りたいです。

嬉しい感想を書いていただいてありがとうございました。もっともっと工夫して、楽しく英語を学べる教室をまた来年も実施したいと思っています。

 

小学校6年生は、ぜひ聖和中学校へ入学してくださいね(^o^)
また、小学校5年生は、来年新しいお友達を連れて来てください。
お会いできることを楽しみにしています。    (英語科教員一同)

平成23年度 高校3年生 夏期勉強合宿を開催しました

 

毎年恒例となっている「大学入試に向けた勉強合宿」を、今年も8月3日(水)~7日(日)の4泊5日の日程で、 県立世知原少年自然の家において実施しました。

高校3年生にとっては最後の夏合宿です。学年の目標である「進路実現」へ向けて頑張りました。
毎日、朝8:40~夜11:45迄、授業あり、個別質問対応ありなど、充実した内容でした。
それでは、その様子を紹介いたします。

※ 授業の様子 …

『 個別質問対応票…これを提出して、先生方に個別に指導を受けます 』

『 外気温は35℃らしい…中は涼しく、勉強に集中できました! 』

『 自然の家のうさぎちゃん…勉強に疲れた気持ちを癒してくれました 』

 

…5日間の勉強合宿では、もちろん十分ではなく、時間が足りないという声もございます。 しかし、この合宿を境に自分のペースで勉強がしたいという生徒が出てくるのも事実です。 受験勉強は、いよいよこれからが正念場です。さらなる努力を積み重ね、それぞれが希望する第一志望の学校に合格してくれることを、私たち職員は願って、これからも指導してまいります。 最後になりましたが、この合宿にあたり、ご理解とご協力をくださった保護者の皆様、また差し入れなどの様々なお心遣いをいただいた保護者の方々に心からお礼を申し上げます。 (聖和の関係職員一同)


Page 1 of 212