Page 1 of 212

10月26日(土)長崎純心大学にて、第16回Junshin Cup英語オーラルコミュニケーションコンテストが行われ、本校からはスピーチ部門に3年Eクラスの小出さん、レシテーション(暗誦)部門には2年Dクラスの金谷さんと1年Eクラスの川原さんが出場しました。午前中にレシテーション部門の予選が行われ、2人とも奮闘しましたが、惜しくも予選突破はなりませんでした。午後にはスピーチ部門が行われ、小出さんが見事3位入賞を果たしました。両部門とも他校の発表や審査員の講評を聞いて様々なことを吸収でき、実りのある大会になりました。 ①レシテーション部門1年Eクラス川原夢さん ②レシテーション部門2年Dクラス金谷明奈さん③スピーチ部門3年Eクラス小出理香子さん ④純心大学にて
2013年10月26日(土) pm2:00~pm5:00 アルカスSASEBO 大ホールにて、 創立60周年記念 第32回チャリティーコンサートを無事に終了することができました。 学校法人聖和女子学院の桜の聖母幼稚園・聖和女子学院中学校・聖和女子学院高等学校の園児や生徒たち全員が力を合わせて、精一杯のステージを務めました。 園児たちの可愛い演技にも、中学生や高校生の歌声や演技にも、一人一人の思いが、聴衆の感動を呼び、ハンカチで目頭を押さえていらっしゃる方々の様子にも表れていました。 また、第3部でご出演くださった「コーロ・チェチリア」のしっかりとした基礎基本に裏打ちされたハーモニーも、毎回、納得させられるものを感じさせられます。 今回はさらに、創立60周年記念コンサートに、広島からわざわざ応援に駆けつけてくださった、イエズス会のエリザベト音楽大学の先生方による演奏で、より一層の花を添えていただきました。 生演奏の曲をお届けできませんが、ご紹介する写真で、その思いが皆様に少しでもお伝えできれば幸いです。 1.マーチング&合唱(桜の聖母幼稚園マーチングバンド&かわいいなかまたち) 2.中学生全員による合唱 3.箏(高校生 阿部姉妹) 4.詩吟・独吟(高校生:大石さん&高山さん) 5.独唱(高3古賀さん)  6.独唱(高3縄田さん) 7.留学生日舞 8.エリザベト音楽大学の先生方によるコンサート 9.コーロ・チェチリア(本校コーラス部卒業生) 10.高校コーラス3年生部員 11.高校コーラス部全員 12.中学校・高等学校の全校生徒による合唱 最後になりましたが、このチャリティーコンサートに、多くの方々からご寄付・ご厚情を賜りまして、誠にありがとうございました。 世界の恵まれない子どもたちへの寄付をはじめとして、協賛くださった方々の思いが届きますように、有意に使わせていただきます。
平成25年10月19日(土)~10月20日(日)、標記の大会が 島原市の県立島原商業高等学校にて行われました。 3年生が引退し、2年生を中心とした新チームになってから初の公式試合。 選手たちはとても緊張していましたが、先輩達からの指導と伝統を受け継ぎ 堂々と戦い、両部門とも団体優勝。 しかも、選手全員が上に入賞を果たすという、完全優勝をやってのけました。 <速度団体優勝メンバー> (2年生)石川絵梨花・松本愛美・外尾加那・伊藤まゆ (1年生)下嶽帆乃花・中山舞里華・西本優花 <速度個人入賞者> (優勝)松本 愛美(2D) (2位)石川絵梨花(2A) ( 〃  )西本 優花(1E) (3位)外尾 加那(2E) ( 〃  )中山舞里華(1E) <技能団体優勝メンバー> (2年生)岩永  桜・パーソンズきあな・佐藤史佳・岩永 周子 (1年生)本田 莉菜・金納 黎奈・長島 千紘・前田 公子 <技能個人入賞者> (優勝)岩永  桜(2B) (2位)パーソンズきあな(2A) ( 〃  )長島 千紘(1E) (3位)佐藤 史佳(2E) ( 〃  )前田 公子(1E) ————————————————————————————————- 応援をしてくださった皆さん、合宿中や試合遠征に際しては たくさんのお励ましの言葉や差し入れをしてくださった保護者の方々 並びに先生方に心からお礼申し上げます。 皆様からの温かいご支援が、試合に臨む時のエネルギーとなりました。 今後も頑張りますので、引き続き応援を宜しくお願い申し上げます。 (ワープロ部員 一同)
聖和ニュース     2013.10.16
10月11日、長崎南山学園(神言会)より濱口神父様をお迎えして、 高校3年生は講堂および体育館で錬成会を行いました。 就職試験や推薦・AO入試が始まったこの時期に合わせ、ミサにも与りながら、 改めて将来に向けての指針を固め、これまで自分を支えてくれた存在や環境を振り返る 有意義な時間を、生徒のみならず職員も堪能することができました。 神父様による講話は、時折会場から笑みがこぼれるなど、和やかな雰囲気の中にも仕事の厳しさ、 ひいては人生の厳しさにも言及された内容でした。 御自身の幼少期から現在に至る経験談を率直に語りかけておられた神父様の話に 生徒は終始ひきつけられていました。 ・気力の源になる体力を鍛錬する大切さ ・真剣に取り組んだ実践は、たとえそれが直接的でなくとも副次的な実りをもたらす ・大人は人の幸せのために生きる、子どもは自分のために生きる立場の違い ・変えられないものを受け入れることのできる落ち着きを、  変えられるものを変えることのできる勇気を、この2つの心を磨く力を。 ・手抜きをしたら失うもの ・精一杯生きる自分の姿によって勇気づけられたり幸せを感じる人間がいる 秋田やドイツでも司祭として精力的な活動をされてこられ、南山の生徒のみならず、 司祭を目指す10人以上の神学生を御自身の子どものように大切にされ、 信者であるかそうでないかに関わらず、地域では様々な年齢層の方々とも交流を続けておられる 豊かな人生から滲み出る、上記に列挙した神父様のメッセージ… 講話後、生徒は4~5名ごとにグループディスカッションを行い、 ポスター作成を経て班発表に臨みました。 以下は生徒たち自身による他班の発表に対する感想のほんの一部です。 ・太陽を家族に例えたり、水を友達や先生にたとえるなど、発想がすばらしいなと思いました。 ・今、おかれている状況や周りからの感謝すべきこと、支えてくれていることを表し、  胸を打たれました。 ・「咲く」というテーマがしっかりしていて、昔の自分、今の自分、未来の自分が少しずつ花を成長さ  せていく、という絵と意味が良いと思いました。 ・話の内容を良くまとめ、具体的に多方面へ活かす方法をかんがえているように受け止められる。 ・自分が神父様の話をきいて思ったこと、考えていなかったけれどすごく納得するようなことを  絵で表していると思う。班の思いも伝わってきた。 ・絵がとても上手だった。みんなの努力などがやがて幸せにつながるといった様子が  よく表されていた。 18班の作品全てに、生徒たちが講話をしっかりと理解した上で、 自分たちの決意や目標、周りへの感謝を重ね合わせた高校生らしい創意工夫が見られ、 それぞれの生徒が他班の発表にも刺激を受けていたようでした。 神父様、本当にありがとうございました。神に感謝。 追記  今回、参加者に配布されたしおりの可愛らしい表紙イラストを担当してくれたのは、 3Bの羽生さんでした。ありがとうございます。
10月12日(土)、佐世保北高等学校にて、第22回長崎県高等学校英語弁論大会が行われました。本校からは、3年Eクラスの松本由佳理さんと1年Eクラスの高銀彬さんが出場しました。 松本さんは留学体験を通して、日本の豊かさをテーマにした、 ”Is Japan a rich country?”、 高さんは自身の生い立ちから、世界がどのように調和して生きるのかをテーマにした ”Living in harmony“というタイトルで発表しました。 これまでの努力が見事に実り、 高さんが3位、松本さんが2位に輝き、松本さんは来月に大分で行われる 九州大会への出場を決めました。これから2人のますますの活躍が期待できそうです。

Page 1 of 212