Page 1 of 3123

聖和ニュース     2013.12.27
 去る12月18日(水)午後より、本校講堂にて長崎県輝く私学支援事業指定特別講演会が開催されました。テーマは「殉教とは何か~キリシタンに学ぶ現代社会における殉教の意義~」です。本年度は、長崎純心大学人文学部比較文化学科教授の宮崎賢太郎先生に講演をしていただきました。                   「☆殉教の歴史を学んで、現代に生きるあなたはどう思うか。 迫害の時代は戦う相手(迫害者の姿)がはっきり見える。パライゾ(天国)が見える。 現代は戦う相手の姿が見えにくい。 敵は世俗化社会(人間中心の時代で神の姿が見えない)。各人の心の中に敵(悪魔)はいる。 世俗化=神がいなくても人間だけで生きてゆけるという傲慢さ。 自分さえよければという利己主義。」(宮崎先生のレジュメより) 長い迫害の歴史の中で、生徒は色々と先生より教えていただきました。当時の世界の状況や天草の乱で亡くなったキリシタンは殉教者ではない(殉教者との区別)等々。 でも、一番勉強になったのは以下のことではないでしょうか。 「殉教=神への愛に殉ずる=最も小さな隣人への愛=家族への愛」 殉教=「死ぬこと」と考えられていますが、本当は隣人愛の実践であることをお話していただきました。聖和の校訓でもある隣人愛を、これからも実践していけるよう、日々歩んでいきましょう。 宮崎賢太郎先生、御講演有り難うございました。
今年も毎年恒例の、2学期の終業式~クリスマスイブの間に、聖和の中学生および高校生全員による福祉活動・奉仕作業を行いました。 それぞれの学年別に、またクラス別に佐世保市内の複数の施設を訪問したり、いつもお世話になっている学校周辺地域や国道・県道・市道沿いの清掃活動を行いました。 福祉施設では、窓ガラスを拭いたり床磨きをしたりと、少しでも施設の方々に喜んでいただけるように生徒たちは頑張りました。その後、施設にいらっしゃる方々にクリスマスソングを披露したり、手作りのクリスマスカードを手渡しました。わずかな時間ではありましたが、入所者の方とのお話の時間も設けていただき、日頃なかなかお年寄りの方々と話す機会が少ない生徒たちにとっても、とても貴重な時間となりました。 生徒たちに手渡されたクリスマスカードに書かれたメッセージに、思わず涙をこぼしハンカチで目頭を押さえられる方もいらっしゃって、自分たちの作ったメッセージカードを、こんなに喜んでいただいたことを、生徒たち自身の心にも、深く響くものがあったようです。 「平和を世界に、私たちの足もとから広げよう」 この聖和の伝統行事は、毎年続けていきたいと願っています。 どうか、この記事を読まれた全ての方々と、その人と関わる全ての方々に、神様からの豊かなお恵みがありますように。 メリークリスマス!
聖和ニュース     2013.12.20
本日(12/20)、平成25年度第2学期の終業式でした。 学期の終わりにあたって、今年1年間の自分自身の生き方がどのようであったのか、それぞれが振り返り、同時に新しい年を迎えるにあたっての、生徒一人一人の心構えのあり方について「心をこめて生きる」と題して、校長先生から式辞が述べられました。 生徒、一人一人が耳を傾けながらも、自分自身の今年の生き方について反省し、そして新たな年への希望に満ちているような気持が、講堂内の雰囲気から感じられました。 聖和の生徒のみなさん、来年も今年以上に素晴らしい年を迎えられますように、心からお祈りいたします。 保護者の方々をはじめ、聖和関係者各位に対しまして、この一年間の聖和女子学院の教育諸活動に対するご協力・ご理解に対して、心より御礼申し上げます。特に今年は、学院創立60周年記念式典など、多くの方々のお力添えを必要とする一年でございました。それら一つ一つが、皆様と共に喜びのうちに実を結んでいくことができたことを、心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。どうか来たる新しい年が、皆様方お一人お一人にとりまして、さらに喜び多い年でありますように、神様の祝福が皆様の上に豊かにありますようにお祈りいたします。

12月15(日)、アルカスSASEBO大ホールで行われた「第13長崎新聞クリスマスこども大会inアルカスSASEBO」の学生ボランティアにインターアクト部が参加させていただきました。会場内で安全に楽しく過ごしていただくための子供のお世話をしたり、お手洗いの誘導をしたりと大活躍でした。子供たちにお菓子を渡し、とびっきりの笑顔で返されると、こっちまでとても幸せで温かい気持ちになり、少し早目のクリスマスプレゼントをいただきました。参加した生徒は、青木 美沙さん、大島 楓さん、伊藤真奈美さん、江添 亜美さん、浅田 美里さん、前田 萌花さん、泉 香穂さん、金谷 明菜さん、采女 祥子さん、福崎 詩恵さん、原 菜奈恵さん、山川 礼華さんが参加しました。 このようなイベントに参加させていただき、生徒たちにとってはとても貴重な体験となりました。御指導いただいたアルカス佐世保のスタッフの方や、支援していただいた長崎新聞の方、明治製菓の方々に心から感謝申し上げます。

H25.12.13(金)、高校一年生全員参加による、大学等キャンパス見学を実施いたしました。 この行事は毎年実施しているもので、高校2年生に進級するにあたって、自分自身の目標や夢などを、より具体的に明確にさせること、あるいはその意識の啓発の意味で毎年実施しているものです。 今回も、大きく2つのコースに分かれて、バスで福岡まで移動しての見学でした。 ★九州大学・西南学院大学コース 九州大学・西南大学コースでは、国公立コース、英語科を中心とした52名で二つの大学を見学してきました。 九州大学伊都キャンパスでは、大学紹介ビデオを見て説明を受けた後、バスに乗って、広い構内を案内していただきました。 (写真・九州大学伊都キャンパス) 西南学院大学では、聖和の卒業生で、現在西南学院大学1年生である松田菜奈さんと橋口うららさんにお話をしていただきました。 松田菜奈さん(左)・橋口うららさん(右) そのあとは、チャペルで大学の説明をしていただき、図書館と博物館を案内していただきました。 (写真・チャペルでのお話) 福岡までのバス移動で疲れを見せていた生徒たちも、どちらの大学でも非常に興味深く見学をしていました。 これからの進路を決定していく上でも参考になったようです。 ★麻生塾・福岡女学院大学コース このコースは、普通科総合コースを中心とした27名の生徒たちと麻生塾内の各種専門学校と短期大学・4年生大学を併設した福岡女学院大学を見学いたしました。 麻生塾は、公務員・情報ビジネス・医療福祉・建築&デザイン・外国語観光・製菓・美容・ブライダルなどなど、各業種に対応した実践的な内容を学べる総合的な専門学校です。 現地に着いたら、全体的な説明の後、生徒たちはそれぞれに興味関心の高い分野に分かれて、施設や授業風景を見学しました。下はその時の様子の写真です。 福岡女学院大学では、本校卒業生の表迫さん(人文学部現代文化学科)と、圖子さん(人間関係学部子ども発達学科)のお二人からのメッセージとして進路に関するお話をしていただきました。 その後、模擬授業として短期大学部英語科の上原敬司教授により、約1時間の講義をしていただきました。専門的な内容を、生徒たちの興味関心を引き出す巧みな話術で、参加した生徒たちは時間も忘れて、熱心に参加していました。下はその時の様子の写真です。 参加した生徒たちの表情からは、進学はまだ2年後の遠い先のことだという意識が消え、「へぇ~」とか「うわぁ~」との感想を漏らしながら興味深く会場を見て回り、自分の将来像をそこに重ね合わせている様子でした。 今回、快く見学会場をご提供いただいた九州大学・西南学院大学・麻生塾・福岡女学院大学・福岡女学院短期大学の関係者各位と、お世話をしていただいたライセンスアカデミー福岡支社の方々に心より御礼申し上げます。 本当にありがとうございました。

Page 1 of 3123