Page 1 of 212

年度末の残務整理に追われ、ご報告が大変遅くなったことをお詫びいたします。 平成26年3月19日(水)に、今年度最後の学校行事である恒例の「校内合唱コンクール」を実施いたしました。 今回は、中学の部では1年生が2年生を乗り越え、高校の部でも1年Eクラスが、あらゆる「賞」を総なめして、幕を閉じました。決して中学2年生も、高校の2年生もレベルが低かったわけではなかったので、今年度の学校全体のレベルがとても上がったコンクールでした。 審査員として毎年参加してくださる小川先生も、「今年のどのクラスも、そのレベルの高さに驚きました。」と講評の中で褒めていただきました。 【課題曲】  (中学) 「心の中できらめいて」    作詞:田崎はるか  作曲:橋本 祥路  (高校) 「ずいずいずっころばし」   わらべうた      編曲:荻久保和明 【結 果】 [団 体]  中学優秀賞  :  中1 自由曲 「Tomorrow」  高校最優秀賞:  1E    〃     「Dancing Queen」   〃  優秀賞:  2E   〃  「いのちの歌」   〃  優良賞:  1A   〃  「あなたへ ~旅立ちに寄せるメッセージ~ 」 [指揮者賞]  中学の部   :榊原 優香(中2) ・ 古井 希(中1)  高校の部   :梶村 伊織(1E) ・ 秀島 奏音(1E) ・ 下嶽帆乃花(1A) [伴奏者賞]  中学の部   :田端  結(中1)  高校の部   :高  銀彬(1E) [聖苑会(聖和女子学院同窓会)賞]  高等学校 1年Eクラス 
聖和ニュース     2014.03.23
 

3月20日(木)は本校の平成25年度修了式が行われました。 あわせて、離任式も行われ真下和枝校長をはじめ4名の先生方が この3月を以てご退職になります。 体育館には、卒業生も多数出席し、多くの生徒に囲まれての 離任式となりました。 ご退職なさる4名の先生方、本当に今まで多くのご指導ありがとう ございました。 そして、忘れてならないのは、公立高校を退職された後、本校に講師として11年間もの長きにわたって、「世界史」をご指導いただいた坂井先生です。世界史の面白さを身体全体でエネルギッシュにご指導くださり、センター試験の際には、受験生にパワーを与えてくださった坂井先生の存在は、聖和の受験生にとって本当に力強い味方でした。ありがとうございました。 今後の先生方の人生に幸多きことをお祈りいたします。

 
インターアクト部     2014.03.17

 3月16日(日)、献血ルーム西海さんの要請を受け、1年生8名と3年生名が参加しました。また、佐世保南ロータリークラブの方にもご協力していただき長時間でありましたが、生徒たちは皆一生懸命頑張り、地域の方や献血ルームの方にお褒めの言葉をもらいました。声をかけて下さった皆さま、本当にありがとうございました。

聖和ニュース     2014.03.15
   本日(3/15)、カトリック俵町教会にてSrゼーヴィアの追悼ミサを終えることができました。 暖かい日差しに包まれた教会で、聖苑会の皆様をはじめ旧職員・職員・生徒・保護者の方々が心を一つにして、Srゼーヴィアのためにお祈りいたしました。  なお、シスターは晩年は病床にあっても聖和女子学院のために祈り続けられたと聞いております。 戦後間もない時期に本校を創立され、また異国の地でさぞかしご苦労されたことと思います。それでも 聖和のために尽くされたシスターの精神を忘れず、隣人愛を基礎とした教育を続けていくことを改めて深く胸に刻んだ時間でした。 ご参列いただいた皆様、本当に有り難うございました。 神に感謝
聖和ニュース     2014.03.12

平成25年度校内音楽発表会を、 平成26年3月8日(土)(13:00~)に開催しました。 校内で声楽・ピアノのレッスンを受けている生徒さんによる発表会が行われました。 少し緊張した表情で、自分の作品と向き合い、真剣に演奏をする姿を見ることができました。どんな演奏会でも感じますが、‘ステージで演奏をすること’はたいへん難しいことで、力を充分に発揮することは更に難しい課題です。このステージを、次の目標を見つける課題にし、またいろいろな作品を演奏できるよう練習を積んでほしいと願います。 高校3年生のみなさん、卒業式のあとの発表会でしたが、たいへんお疲れさまでした。


Page 1 of 212