平成26年4月19日・20日に、長崎県立世知原少年自然の家にて、第39回西九州高等学校ワープロ選手権大会が行われました。 結果は、速度部門・技能部門の両部門において、団体優勝・個人優勝・2年生の部でも優勝と、創部以来初の完全優勝を果たしました。 【速度部門】 〔団体優勝〕 〔個人優勝〕松本 愛美さん(3D), 第3位 :西本 優花さん(2E) 〔2年の部優勝〕西本 優花さん(2E) 【技能部門】 〔団体優勝〕 〔個人優勝〕パーソンズきあなさん(3A), 第2位 :岩永  桜さん(3B),  長島 千紘さん(2E) 第3位 :佐藤 史佳さん(3E),  本田 莉菜さん(2B) 〔2年の部優勝〕長島 千紘さん(2E) 〃 第2位 本田 莉菜さん(2B) 応援くださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。 今後は、6月の長崎県大会に向けて、より一層精進してまいりますので、引き続き応援賜りますように宜しくお願いいたします。(ワープロ部 顧問および部員一同)
聖和ニュース     2014.04.13
天気にも恵まれて、無事に今年度の歓迎遠足を実施しました。 そのときの様子を、写真でご覧ください。
聖和ニュース     2014.04.09
桜花爛漫のこの季節、晴天に恵まれて中学・高校の新入生が聖和の学舎へと来てくれました。 その様子を、写真にてお伝えいたします。 ★受付の様子 ★入学生入場の様子 ★聖書朗読                     ★入学生の紹介 ★学校長式辞                      ★理事長挨拶 ★長崎大司教区代表司祭祝辞             ★PTA会長祝辞 ★中学担任紹介                   ★高校担任紹介 ★コーラス部による歓迎の合唱 ★各クラスでの初めてのホームルーム
平成26年4月8日(火)、新年度第1学期始業式を執り行いました。 タイトルは、卜部篤志新校長先生からの式辞で述べられた言葉です。 「ぱっと咲いてぱっと散る、桜の持つはかなさや潔さの美学は認める。だが、それと一緒に、例えばアジサイの花のしぶとさにも憧れてみたい。花の色を様々に変えて、最後は間違って漂白剤をかけたような服のように、まだらに色あせながらも、アジサイの花は長く、長く、しぶとく咲き続ける。町の風景に溶け込みすぎて『お花見』の対象にすらならない地味な花は、それでも、梅雨どきの雨にも、台風にも、嵐にも散り落ちることなく、ひと夏を生きる。」 桜の華やかさと、アジサイのしぶとい粘り強さになぞらえ、多くの困難にも負けない心で、自分の信念を貫ける生き方をしなさい、と生徒たちに呼びかけられ新年度がスタートしました。 校長先生のお話の間、生徒たちは微動だにせず、新校長先生の話に熱心に聞き入っていました。 今年度は、校長先生をはじめ4名の新任の先生方をお迎えし、まず最初に新任紹介が行われました。 新校長 卜部 篤志先生          英語科 下條 則子先生 英語科 松尾 志穂先生            事務職 松尾 聖剛さん
平成26年4月4日(金)午前9時から午後3時まで、本校講堂にて、4月8日に入学予定の生徒を対象としたオリエンテーションを実施いたしました。 生徒たちは、緊張した面持ちでしたが、次第次第に打ち解けて、他校の中学校卒業生とも楽しそうに会話をする光景が見られました。 プログラムの中身では、ソシアル淳心ファッションビジネス専門学校の大鳥居先生を講師として、「高校生として身につけておくべきこと」と題して、挨拶や礼儀・マナーの大切さなどを熱心にご指導いただきました。 午後からは、高校3年生や2年生たちによる部活動紹介を行い、様々なパフォーマンスで、新入部員の獲得のためにハッスルしていました。 次の写真は、そのオリエンテーションの様子の一コマです。