Page 2 of 3123

聖和ニュース     2015.01.14
◎進学相談会 第1回:1月17日(土)10:00~12:30 aaaaaaa 〃   第2回:1月24日(土)   〃 ◎2次入試出願期間  平成27年1月14日~2月5日(木) ◎2次入学試験期日  平成27年2月8日(日) 国語・算数・面接
本日、オーストラリア姉妹校ルーズヒル・カレッジの卒業生で、現在ブリスベンの男子校で日本語とフランス語の先生をしているレベッカ・ワースさんが本校を訪問してくれました。 校長先生と流ちょうな日本語で話を一時間ほどされて、その後学校を見学。6時間目は全校集会が行われたので、ステージで英語と日本語による自己紹介をしていただきました。 ルーズヒル・カレッジで中学1年生の時に日本と日本語に興味を持ち、大学でも日本語を専攻し日本語の先生になられたそうです。長野県で一年間英語を教える機会があり、日本語も更に磨きをかけられたようです。一年に一回は日本語をブラシュアップするために来日されているそうです。 明朝大阪に行って、教え子の方に会う予定とのこと。残りの滞在も楽しんでいただきたいです。
来る2月8日(日)、国立オリンピック記念青少年総合センターで行われる、第8回全国高等学校英語スピーチコンテストに出場する 高 銀彬さんが全校生に対して ”Deciding My Future Course”「こうして固まった私の道」を披露してくれました。 高さんのピアノへの思いが伝わる感動的なスピーチでした。 九州大会でも優勝した高さん。全国大会でも活躍をしてくれるものと期待しています。 全職員・全校生徒心から応援しています。
平成27年1月8日(木)は、聖和女子学院中学校高等学校の第3学期始業式です。 表題は卜部校長からの訓話。 「昨年大晦日から元日にかけての風雪に、学校前の竹林は荒れ狂ったようにしていました。高校3年生がセンター試験や大学受験に向けての勉強会に頑張っているこの日、校長室から見えるその竹林を眺めながら、中が空洞で細くて長いあの竹たちがなぜ折れないでいられるのか。竹の持つ節々、また、目には見えない地下茎に張り巡らされた竹同士の助け合い。…」 生徒たちは校長先生のお話を真剣に聞き、学期はじめにあたっての自分の目標を再確認し、心を引き締める節目となったようです。 下は、校舎から見た朝日を待つ校舎から見た佐世保港です。
聖和ニュース     2015.01.05
高校3年生の年末年始勉強会が本日最終日となり、先ほど閉講式が行われました。 閉講式では、卜部校長先生、藤村教頭先生、高校3学年主任の世利先生よりお話がありました。 12月28日より1月5日までの8日間(1/1は雪のためお休み)朝9時から夜9時まで参加した受験生36名全員が一生懸命に取り組んでいました。今回の頑張りがセンター試験、一般入試で力を発揮するものと確信しています。1月8日が始業式となりますが、冬休み残り2日間も勉強会でのペースを崩さずに頑張ってほしいです。参加した生徒のみなさん、この調子で本番まで頑張りましょう!! ★生徒の感想★ 国公立コースT.Rさん 年末年始の勉強会の8日間は1日1日がとても充実していて、自分の苦手教科を徹底的に集中して取り   組むことができました。時間が過ぎていくのはとても早く、受験生として勉強時間の大切さを改めて実感しました。センター試験まで残り時間は少なくなってきましたが、1分1秒も無駄にせず、1点でも多く得点できるように更に頑張っていきたいと思います。 英語科 M.M.さん 12/28~1/5の9日間高校3年生36名は学校で行われた勉強会に参加しました。センター試験、一般入試に向け、それぞれが集中して勉強に取り組むことができました。センター試験まで約20日!残された時間を有効に使い、自己ベストを取れるよう頑張ります。私たちの勉強指導をしてくださった先生方、支えてくださった保護者の方に感謝の気持ちを持ち、進路達成に向け頑張っていきます。

Page 2 of 3123