Page 1 of 212

聖和ニュース     2015.05.28

「今、私たちはやりたいことを勉強できている。だから勉強は楽しくて仕方がないんです!幸せです。」

一点の曇りもない眼差しで快活に応答する爽快さが、

私たち職員に纏わり付いていた季節外れの暑気と疲労を吹き飛ばしてくれた。

水曜日、佐賀県鳥栖市にある医療福祉専門学校、緑生館の学校案内及び入試説明会に

本校職員二名が出席しました。 一連の説明とキャンパス見学を終え、プログラムの最後に用意されていた

『出身卒業生との交流』の時間。 聖和の卒業生(2012年度卒業の浅田さん・朽木さん)が

忙しい授業の合間を縫って駆けつけてくれました。 4年制の総合看護学科に在籍する二人は現在3年生。

数々の実習も経験し、臨床医学の一端にも触れている二人の表情には終始精悍さが漲り、

彼女たちの高校時代を少なからず知る私たちは、専門用語を交えながら堂々嬉々として語る

二人の成長ぶりにただただ驚き、 その内容に夢中になったのです。

受験を控える後輩たちに伝えたいこと、高校生のうちにどのような気構えや準備対策が必要か、

実体験に照らした有意義なメッセージを持ち帰ることができました。

そして、冒頭の彼女たちの言葉は、教員である自分がかつて望んで大学生活を送っていた頃の『初心』も

呼び覚ましてくれました。

9月には佐世保の病院で3週間にわたる実習を控えているとのこと。

今後のより一層の活躍を祈って止みません。

CIMG4650

聖和ニュース     2015.05.25

先週の土曜日および日曜日を利用し、坂本敏幸先生を講師にお迎えして高校3年生対象の小論文セミナーを実施しました。 ざっくばらんなお話も交えて、生徒はリラックスしながら小論文に取りかかる上での作法に関して実践を通し学びました。 ガイダンスの後は早速テーマ型の小論文に挑み、『ボランティア活動を継続させるための方策』というテーマが設定されました。 40人を越える参加生徒たちは先ず6~8人に分かれ、自身のボランティア経験談や続けている理由、続けられなかった理由などをお互いに出し合い、論文作成のために書く材料を集めました。テーマの結論として自分なりの方策(提言)を論拠に沿って述べるのはさぞ難しかったことでしょう。 それぞれに添削を加えられた小論文を2日目に受け取った生徒たち。読み取る力と書く力、表現する力は習慣化してこそやっと身に付き始め、磨き続けないとすぐに錆び付いてしまいます。小論文に限らず、志望理由書や自己PR文、面接原稿を仕上げていく上で今回の経験を出発点してもらえればと思います。

CIMG4635

CIMG4640

CIMG4647

CIMG4648

聖和ニュース     2015.05.26

今回で五回目となるハイスクール茶会inハウステンボスに、本校茶道部21名 が参加しました。県内18校、約300名の茶道部員の参加し、本校は午後の部 を担当し、約200名の方々にお茶を召し上がっていただきました。茶道の 「一期一会」の教え通りに生徒たちは最高のおもてなしができたのではないかと 思っております。お呈茶の後は、参加者全員が集まり、一日を振り返り改善すべき ところなどを知ることができました。他校との交流もでき、有意義な一日となった ようです。足を運んでくださった保護者の皆さま・先生方・卒業生の方々本当に ありがとうございました。

DSC02546DSC02547

DSC02543

DSC02550DSC02557

聖和ニュース     2015.05.20

タイ政府関連機関が主催するセミナーに参加している方々41名が5月15日(金)に聖和を訪問されました。当日は、タイに1年間留学をしていた本校2年生英語科の栗木みどりさんが通訳を務め、訪問団からのいろいろな質問にも、学校側の回答を流暢なタイ語で返答し、和やかな中にも意義深い交流会がもてました。  タイの方からの感想は、 「聖和女子学院での視察について、ひじょうに勉強になった。長崎にタイの留学生を受け入れていただいている点についても、感動しました。また、タイのことを知っている日本の学生がいたことも、タイと日本の教育の違いを実体験談を聞くことができて、とても勉強になった、とても満足しています。 日本のことを見て、タイの教育や仕事のやり方などを修正し、今後も日本とつながっていきたい。今後のタイという国を良くしようという熱い話も出てきました。 この度は、聖和女子学院のおかげで日本とタイの一つの架け橋になることができ、本当にありがとうございます。」とのことでした。 タイからの訪問団1 このことを長崎新聞でも記事として取り上げて頂きましたので、下に編集したものを掲載いたします。 タイ新聞

聖和ニュース     2015.05.09

 5月8日金曜日 1年に1度の全校生徒による避難訓練を実施しました。

 非常ベルが鳴り全校生徒が放送に従い一斉にグラウンドの建物と反対側に集合

 放送を聞いて全員整列するまでに4分とかからず集合態度も誰一人しゃべらず立派なものでした。

 集合完了後、教頭先生からの講評を伺いDSC06098

 3階からの非難袋を使った演示体験DSC06100

 防災にかかわるお話DSC06104

 DSC06103 最後は消火器を使った消火訓練と充実した内容で行われました。

 

 


Page 1 of 212