Page 3 of 41234

聖和ニュース     2015.06.23

CIMG4663 CIMG4665 CIMG4662

高校3年生は6月16日(火)に小論文セミナーを受講しました。

希望者が多数につき、5月に二日間かけて行なったセミナーに参加できなかった生徒を対象に、

前回同様、坂本敏幸先生をお招きして開講しました。一日がかりで行われた今回のセミナーでも、

1つのテーマをグループで共有し意見交換する等して、生徒は『読み取る(分析)・書く(表現する)・

論じる(整理する)』ためのマナーを習得するため真剣に取り組んでいました。

聖和女子学院高等学校では下記の日程でオープンスクールを開催します。保護者の方も参加できます。
お申込は下記のお問い合わせフォームから直接行っていただくか、チラシをプリントアウトして裏面の申込書を記入のうえ本校事務室までFAXしてください。

事務室FAX番号 0956-23-9643

【オープンスクール開催日時】

  • 第1回 / 7月28日(火) 10:00〜
  • 第2回 / 8月20日(木) 10:00〜

 

チラシのPDFデータはこちらから(PDF形式:2456KB)

 

2016openschool012016openschool02

聖和ニュース     2015.06.05

kaikaisiki-1朝からの雨で、開会式の開催を誰もが諦めかけていました。会場に行く予定だった一般生も、学校に残って授業。開会式の行進に参加する選手たちは、雨の中スクールバスで相浦の総合グラウンド開会式場へと向かいました。 関係者の皆様方の熱い思いが、空模様を一気に変えて、雨はピタリと止んだ開会式。
聖和の選手団も、バトントワリングで出場した吉田さんたちに先導されて、堂々と入場行進を行いました。
kaikaisiki-2

聖和ニュース     2015.06.03

16月5日(金)に佐世保市総合グラウンドで行われる開会式を皮切りに、平成27年度の県下高校総体が開催されます。
本校からも、バレーボール部・バドミントン部・ソフトテニス部・体操部の選手たちが出場します。
本日は、その選手推戴式が行われ卜部校長から激励の言葉が選手たちに届けられました。
『1.あきらめるな』
 これまでの練習で培ってきたことを自信と誇りとして、最後まで諦めない気持ちを持って試合に臨むように。
『2.うやまえ』  
 相手があっての試合。相手もこの日に向けて必死に頑張ってきた選手たちです。試合相手に対する敬意を忘れてはいけない。
『3.感謝の心』
 試合に参加できること。部活動ができていること。そのことを当たり前と思わずに、親に、仲間に、そして応援をしてくれる友人や先輩後輩に、感謝の心を忘れてはいけない。
2345
選手たちは、校長先生からの言葉に真剣に耳を傾け、試合に臨む気持ちが一層引き締まったようです。
67その後、生徒会長からも生徒を代表して「試合までの健康にも留意して、悔いを残さぬ試合をしてきてください。私たちも精一杯応援いたします。」との応援メッセージが。 また、応援団によるリードで、全校生徒から選手たちへ熱いエールが送られました。
8

 gekirei長崎県高校総体、佐世保市中体連、コーラス部のコンクール、ワープロ部の長崎県競技会など、高校生・中学生の部員たちにとっては、1年間の頑張りが試される大会が目前に迫っています。 そのことを受けて、本校の同窓会である聖苑会より激励の気持ちを込めて激励金が手渡されました。
DSC02563DSC02572聖苑会小川会長からは、「後輩のみなさん方の活躍する姿に、私たちもエネルギーをいただいています。精一杯頑張ってきてください。」とのお言葉をかけていただきました。 部員たちは、先輩方の後輩を思う気持ちを温かくも重く受け止めて、試合への臨む気持ちも一層引き締まったようです。
同窓会の皆様方、本当にありがとうございました。


Page 3 of 41234