Page 2 of 41234

聖和ニュース     2016.06.19

 6月18日(土)長崎原爆死没者追悼平和祈念館交流ラウンジで第8回~語り合おうin Nagasaki~外国人による日本語弁論大会が行われました。一次審査を通過した2カ国11名の参加で、本校の中央ロータリーからの留学生でフラッカロ・マリンさん(フランス)が見事「未来賞」を受賞しました。本校での留学も残りわずかとなりました。7月10日にはフランスへ帰国することになっています。残りの留学生活も有意義に過ごしてほしいです。

14662970279311466297063211

聖和ニュース     2016.06.18

6月17日金曜日 小説家・ミュージシャンであり、近畿大学文芸学部教授の奥泉光先生をお招きし、文化講演会を開催しました。「異質なものとの出会い」と題して講演していただきました。

Exif_JPEG_PICTURE

 人類の歴史が暴力、経済力の影響を大きく受けてきたが、言葉はそれに負けない大きな力をもっているということを伝えてくださいました。奥泉さんの読書に関する斬新な考えに生徒たちは驚いていたようですが、本をもっと読もうという気持ちになれたようです。

Exif_JPEG_PICTURE

ピアノの演奏を交えながら、私たちが普段聞いている音楽が、異質なものとの出会いのなかで成り立ってきたということを話してくださいました。

Exif_JPEG_PICTURE

ご自身の経験を踏まえながら、奥泉さんが考える「異質」について話してくださいました。生徒たちも話を聞いて、異質について自分なりに考え、今後の生活に役立つ新たな考えを見いだしたようです。

 

 

 

 

h28_0平成28年度 長崎県高等学校ワープロ競技会が、6月11日(土)・12日(日)に、
県立島原商業高等学校で開催されました。
 聖和ワープロ部(WPB)は、速度の部・技能の部の両部門において団体・個人ともに
優勝。上位三位以内にも入賞するなど、好成績を収めました。
大会直前には、全員輪になって、“主の祈り”をとなえ、試合に臨みます。 
h28_2 7月に大分県で行われる九州大会、および8月に東京都内で行われる全国大会に出場します
(九州大会は、連続18度目、全国大会は7年連続、通算13度目の出場) 3年生や2年生の先輩たちの活躍を願う新入部員の1年生たちから、優勝の祈りを込めた贈り物がありました。陶器でできた、焼き物のピースです。
h28_1


聖和ニュース     2016.06.11

6月10日(金)、さんぽう専任講師 江崎 純子  先生をお招きして、次の3点を中心にマナー講座が行われました。

・どうしてマナーが必要なのか

・正しい敬語の使い方

・基本的なマナー(挨拶、お辞儀など)

 

1465631090060 1465631095269 1465631100107 1465631105885

 

 

受験時の面接試験に備えて行われた講座でしたが、お辞儀の仕方から返事の大切さまで、ひとつひとつ丁寧にご指導いただきました。

生徒たちは先生からの質問に答えたり、前に出て実演をしたり、積極的に取り組み、受験に向けての意識がさらに高まる良い時間となりました。早速、その日の終礼でマナー講座で学んだことが実践されていたようです。引き続き、あいさつや返事一つについても、意識を高く持って、学校生活を過ごしてほしいと思います。

聖和ニュース     2016.06.11

 6月10日(金)の14:00から俵町教会で高校1学年の黙想会が行われました。

 

 

 今回は、教頭先生からは教会に関する説明を、俵町教会の谷脇神父様からは「今するべきこと」をテーマとした講演をしていただきました。生徒の皆さんは真剣にメモを取りながら講演を聞いていました。講演の後に3分間の黙想を行い、静寂の中で、今の自分を見つめ直すことができました。

 

 


Page 2 of 41234