Page 1 of 212

 10月14日(土)・15日(日)に行われた長崎県県北地区新人体育大会バドミントン競技において、団体戦は決勝戦で惜しくも敗れ準優勝でしたが、個人戦はダブルス・シングルスともに優勝・準優勝を独占しました。

 

団体戦  準優勝

 

個人戦  ダブルス   優 勝   山口 安美・畑原 愛花 組

            準優勝   川下 由利亜・髙原 伶奈 組

 

     シングルス  優 勝   山口 安美

            準優勝   森 望由采

            ベスト8  畑原 愛花

            ベスト8  川下 由利亜

            ベスト12  髙原 伶奈

 

 

2017県北新人結果

聖和ニュース     2017.10.13

 本日5、6校時に高校2年生は、進路ガイダンスを実施いたしました。

 

 最初の全体会では、株式会社さんぽうの専任講師である 財津 香壽子 先生に

企業が求める人物像や、進路決定のポイントといった進路に関する講演をして

いただきました。分科会では、大学、専門学校の講師の先生に、学校ごとの

特色を説明していただきました。生徒の皆さんは、今回の内容の踏まえて、

自分の進路決定に向けて情報収集を行ってほしいと思います。

 

 今回参加していただいた講師の先生方、誠にありがとうございました。

 

IMG_5246IMG_5247IMG_5251IMG_5254IMG_5255IMG_5260

聖和ニュース     2017.10.12

 10月10日(火)から三日間、高校2年生(普通科総合コース)は市内16事業所で

 

ジュニアインターンシップを実施しました。幼稚園、ホテル、病院等、それぞれの

 

場所で生徒の皆さんは授業では学べない貴重な体験をすることができました。

 

 ご指導くださいました事業所の皆さま、本当にありがとうございました。

 

くりのみセントラルホテル千住大野日航本陣

 

 

 

聖和ニュース     2017.10.11

10月6日(金)の5校時、センター試験を受験する高校3年生を対象に、視聴覚室にて100日前集会を行いました。

校長先生、学年主任、進路指導主任、各教科担当者からの激励やアドバイスを生徒たちは真剣な面持ちで受け止めていました。

「受験は個人戦ではなく団体戦である」、「受験に対する熱量を上げ雰囲気を作るのは先ず個人。壊してしまうのも個人」、「艱難汝を玉にす」、「患難は忍耐を生み出し、忍耐は錬達を生み出し、錬達は希望を生み出す そして希望は決して絶望に終わることはない」等々、先生方からは覚悟を促す厳しい言葉も投げ掛けられました。生徒代表の挨拶では、受験に向かう決意が感じられました。集会の最後を締め括る「頑張ろう!三唱」では生徒全員の気迫を感じることができました。この集会を契機に目の色を変えて学ぶ姿を教員一同期待し応援します。

9C7809D3- 1FE8542F- 21003A21- AD4466CF- B99411A4- CB965A0B- 9F7AB2EF- 977C0867-

 

11月7日(土)に大村高校にて開催された長崎県高等学校英語スピーチコンテストに英語科1年生の大浦向日葵さんと、英語科二年生の山口紗希さんが出場しました。

 

大浦さんは”Bringing about Meaningful Change”と題して、自身が参加したネパールでの国連のプログラムで得た経験とそこで学んだことについて語りました。

IMG_6500 mini

山口さんは、”What Peace Means to Me”というタイトルで、平和大使としてフィリピンに派遣された際に感じた平和についての想いを訴えました。

 IMG_6504 mini

結果は、山口さんが1位入賞、大浦さんが2位入賞でした!

なお、山口さんは、長崎県代表として11月4日(土)に沖縄で行われる九州大会に出場いたします。今後とも応援よろしくお願いいたします。

IMG_6522 mini

 


Page 1 of 212