Page 2 of 512345

聖和ニュース     2017.12.22

 12月21日(木)の午後から高校2年生は、社会福祉活動として介護老人保健施設サクラに訪問しました。

高2の3クラスが各階に分かれて、まずは施設内の窓拭きを行いました。その後、各階でコーラスを披露し、

クリスマスカードを入所者一人ひとりに手渡しました。短い時間ではありましたが、入所者の方と交流する

ことで生徒の皆さんは温かい気持ちになったのではないでしょうか。

DSC_0222DSC_0224DSC_0226DSC_0228DSC_0231

DSC_0233DSC_0234DSC_0236DSC_0238DSC_0240

 
聖和ニュース     2017.12.22

AABBDSC_0897DD2EE     高校3年生は、21日(木)終業式の日の午後、佐世保市役所から春日町までの国道のごみ拾いを行いました。受験生にとって、この冬休みは講座に年末年始の勉強会にと大変ですが、クリスマスに向けて私たちにできる奉仕活動として取り組みました。

植え込みの中の空缶、タバコの吸殻の多さに驚きつつ、気持ちの良い汗をかきました。

 
聖和ニュース     2017.12.21

1EDSC01262 IMG_4013 IMG_3699

21日(木)、終業式の後、1学年全クラスで施設訪問へ行きました。

A・Eクラスは「あそかのもり」さんへ。Dクラスは「ゆずの里」さんへ。Fクラスは「にじいろ」さんにお世話になりました。

 

 

前半は心を込めて施設の掃除をさせていただき、後半は交流会として、施設にいらっしゃる方々と歌を歌ったり、〇×ゲームをしたりして交流を深めました。

 

こちらで用意した出し物を嬉しそうに眺めてくれるまなざし。別れ際に頂いた「ありがとう」の言葉。中には別れに涙してくださる方もいらっしゃいました。

 

 

この経験、今回の活動で感じたことを活かし、生徒たちには、これからもボランティア活動に積極的に参加してほしいと思います。

 

本日12月21日(木)は、聖和女子学院中学校高等学校の終業式でした。
 式の訓話の中で卜部校長先生は、「全身全霊」というキーワードで、生徒たちにお話をなさいました。
「先日行われた、聖苑会(聖和の同窓会)設立60周年記念事業において、第1回卒業生の川﨑様がお話しいただいた言葉の中に、『…聖和の伝統を、私たちが創り上げていくのだという熱い思いで、全身全霊で高校3年間を過ごしました。』というものがありました。…」卜部校長先生は、その言葉に強い衝撃と感動をおぼえ心に受けとめて、我を振り返ったとおっしゃいました。そして、そこから考えられたことを生徒たちに向けて、お話しいただきました。
H29_2終業式
メーリークリスマス。
そして幸せに満ちた新しい春が、神様の祝福のうちに皆さまに訪れますように。      神に感謝。

 

Page 2 of 512345