本校の女子教育は「隣人愛」を基本とし、その源泉は聖書にある「善きサマリア人のたとえ話」にあります。誰にでも分け隔てなく、「隣人」として接することができる女性の教育を目指しています。
 

本校では毎年卒業生の約90%が進学しています。
生徒一人ひとりの持つ能力を重んじ、できるだけ本人の希望が実現できるように、数回の三者面談を実施するなど、きめ細かい進路指導を心掛けています。また実力アップを図るため、校外模試、受験対策講座、勉強合宿等を企画・実施し、生徒達をバックアップしています。
進学・就職のための最新の情報も迅速に提供し、進路決定がスムーズに行われるよう努力しています。
 

真に活きた英語で国際交流を深めるための英語教育を推進しています。
外国人教師による直接指導とLL教室を完備し、恵まれた環境の中で、ヒアリング、スピーキングなど総合的な語学力の向上に意欲的に取り組んでいます。
実用英語技能検定(英検)には多数の生徒が参加し、団体としてたびたび全国表彰を受けており、合格者数は常に県第1位です。
 

英語をより深く体得するために高校・中学の全生徒に海外留学の機会が与えられています。
長期留学は、国際交流をはかりながら、語学力・国際感覚を身につけることを目的とし、オーストラリア、アメリカ、その他の国に1年間留学します。
また、夏休みに実施される1カ月の語学研修は、姉妹校や大学での語学研修とホームステイなどで、オーストラリアやアメリカの人々との交流を体験します。
 

本校は神から与えられた生徒一人一人の尊い使命を果たすことができるよう、学校設立当初から福祉活動にも力を入れています。
老人ホームや福祉施設の訪問・交流などのボランティア活動を通して、実社会の中での生活態度やしっかりとした人生観、価値観の確立を目指します。
 

豊かな情操と創造力を養うために音楽教育には特別な配慮がなされ、3年間を通して必修科目となっています。
14台のピアノをはじめ、県下に誇る多くの施設・設備をもち、外部講師を招いて、声楽・ピアノなどのレッスンを校内で受けることができます。また聖和「音楽のつどい」というチャリティーコンサートを年1回、10月頃に実施しています。