お知らせ

お知らせ

 令和2年度 大学入学者選抜 大学入試センター試験が、全国的に1月18日(土)と明日19日(日)の両日をつかって実施されています。聖和生の受験会場は長崎県立大学佐世保校です。
 1日目の今日は、聖和の受験生たちはひとりも集合時間に遅れることなく集合し、みな寸陰を惜しんで試験直前の準備に余念がない様子でした。
 受験生みんなのこれまでの努力が報われることを、職員一同心からお祈りしています。
みんな、頑張れ~(^o^)/!!

高校3年生のセンター試験受験者67名が本日センター試験を受験しています。
センター試験に向けて年末年始と勉強会を重ねてきました。よい結果が得られることを心より願っています!!受験者、全員がんばれ!!

DSC_0072

昨日、センター試験激励会が行われました。小柳校長を始め、大浦副校長、3学年の先生、教科担当者より受験生に向けてたくさんの激励をいただきました。
3年D組の久保さんがセンター試験に向けて代表挨拶をしました。
そのときの様子の写真です。ご覧ください。

DSC_0058

DSC_0060

DSC_0061

DSC_0064

DSC_0066

皆さま、新年明けましておめでとうございます。
令和2年の幕開けです。
今年も、聖和女子学院をどうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

 さて、高校3年生は、志望校合格を目指して、年末年始もひたすら勉強に励んでいます。
今朝も、午前8時30分からリスニングテストの音声が響いていました。
この4月から自分が望んだ場所での新たな学生生活を実現させるために、皆真剣な表情でそれぞれの課題に向き合っていました。
自分の夢実現のために、合格目指して、みんな頑張れ~!!(^o^)/

本日12月28日(土)、本校視聴覚室にて5回目の高1英語集中講座が行われました。本日が本講座の最終日でしたが、時がたつのがあまりにも早く、生徒たちは本日が最終日だと信じられないような様子でした。

 

1コマ目は本講座のメインプログラムであるショートスキットの準備をしました。生徒たちはスキットを成功させるために、暗記をしたり小道具を作ったり、限られた時間の中で、できることをしていました。

 

2コマ目は、ショートスキットの発表会を行いました。このスキットは講師の先生から渡されたある登場人物と状況について書かれた紙をもとに、その後のストーリーを生徒たちが想像して劇にしたものです。視聴覚室に、担任の先生や英語科の先生方を招待し、彼らの全力を見てもらいました。思わず笑ってしまうようなストーリーや感動したストーリーもあり、とても面白い発表会でした。発音やイントネーションなど改善すべき点は多くありましたが、短い準備期間でよく仕上げることができたと思います。

≪グループ1≫ 状況:ある人の誕生日パーティーの準備をしている2人のもとに泥棒がきます。

≪グループ2≫ 状況:ある人に誕生日プレゼントをあげます。そのプレゼントの中には変わったものがありました。

≪グループ3≫ 状況:親友である4人はライブが好きで、あるバンドのライブに当選しますが、手に入ったチケットは3枚でした。

≪グループ4≫ 状況:4人家族(父、母、娘、息子)で夕食を食べていると娘が一人暮らしをしたいと言います。両親は反対し、息子は賛成します。

≪グループ5≫ 状況:ある最終プロジェクトを成功させるために真面目な2人と怠け者の2人がグループになって話し合いをします。

 

3コマ目は来年の運勢のおみくじを作成しました。日本のおみくじについてよくわからない講師の先生におみくじについて教えている生徒もいました。生徒たちは、他の生徒たちに見せないように、Good luckとBad luckのおみくじをそれぞれ1枚ずつ作り、箱に入れました。来年の運勢がどうなるのかドキドキワクワクしながらくじを引くのを楽しみにしているようでした。

 

4コマ目はこの5日間で学んだイディオムの総まとめをクイズ形式で行いました。本講座では発言をした生徒やよい行いをした生徒にステッカーを渡しています。ここでは、講師の先生が言った意味にあうイディオムを誰よりも早く挙手して正解した生徒にステッカーを手渡しました。学んだイディオムをすべて復習することができた、とても良い時間だったと思います。

 

 

そして5コマ目は本講座のまとめや表彰を行いました。まず、生徒たち全員に参加証として、賞状を授与しました。

続いてショートスキットの表彰が行われました。ショートスキットを発音・イントネーション・感情等トータルで見て、見事1位に輝いたグループは......グループ1でした。彼らはとてもきれいな発音で見る人が理解し易いものを作り上げていました。他のグループもそれぞれのグループの色が出ている良いスキットだったので、審査がとても難しかったです。どのグループのスキットもとても良かったと思います。

≪見事1位に輝いたグループ1の生徒たちと講師の先生≫

そして、この講座で誰よりも発言し、クラスで1番ステッカーを集めた生徒に景品が手渡されました。

最後に、この5日間の講座でリアクションやグループのために頑張り続けた生徒にサプライズのプレゼントが授与されました。この5日間、人のために頑張り続けた彼女にむけて、教室内には大きな拍手が起こっていました。

≪奨励賞を獲得した生徒と講師の先生≫

≪クラスの生徒たち≫

 

この5日間の講座は、おもしろいプログラムばかりで、生徒たちはたくさんの刺激を受けたことと思います。今回学んだ英語の楽しさを忘れずに3学期以降も頑張ってほしいと思います。生徒たちにとって多くのものを得ることができた講座であってほしいです。

 

そして、5日間面白いプログラムを準備してくださったキャロライン先生、本当にありがとうございました。生徒たちがくじけることなく、この5日間を乗り越えて来られたのもキャロライン先生の励ましがあってのことだと思います。感謝申し上げます。

 

本日12月27日(金)、本校視聴覚室にて4回目の高1英語集中講座が行われました。

1コマ目と2コマ目は、明日のショートスキットに向けての準備をしました。それぞれのグループが最高のスキットを完成させるために話し合いをしたり、お互いにアドバイスし合ったりしていました。

3コマ目は合コンConversationというアクティビティをしました。昨日、生徒たちが調べた世界中の有名人(名前、顔写真、誕生日等の情報)について書かれている紙をランダムで生徒一人一人に配布しました。そして配布された紙に載っている人になりきり、自己紹介を行ったり、お互いに質問し合ったりします。生徒たちは自己紹介だけではなく、自分の知っている情報を含めて会話を広げていたのでとても驚かされました。ペアで会話をする時間は制限されており、次々とペアが変わるので、”It was nice talking to you!”と別れを惜しむ生徒も見られました。座学で学ぶ英語も大切ですが、英語で会話を行う楽しさも生徒たちは学んだようです。

4コマ目はクイズミリオネアをしました。4択のクイズ形式で聖和に関する問題を出題し、生徒たちは正解だと思う答えを選んで1億円を目指しました。中には、お助けツールのテレフォンを使用して、脱落した生徒に助けを求める生徒もいました。徐々に難しくなっていく問題に生徒たちも真剣になって選択肢を選んでいました。

ちなみに、今回1億円を手に入れた生徒は......いませんでした。

 

クイズミリオネアの後に発音クリニックというアクティビティを行いました。難しい「th」や「s / sh」の音を多く取り入れた早口言葉に挑戦し、 生徒たちは自分の発音をより良くしようと一生懸命取り組んでいました。

5コマ目も明日のスキットに向けて準備をしました。この時点でスキットの台詞をすべてのグループが作り終えました。時間に余裕があった生徒たちは、暗記やダンスの練習をしてよりよいスキットにしようと努めていました。

 

明日、12月28日(土)が本講座の最終日となります。生徒一人ひとりがこの4日間のプログラムに全力で取り組んでいました。明日はいよいよ、その成果を発揮するときです。生徒たちが、持っているすべての力を出し切れるよう祈っています。

 

本日12月26日(木)、本校視聴覚室にて3回目の高1英語集中講座が行われました。先日25日はクリスマスで休校でしたが、生徒たちはとても良いクリスマスを過ごしたようです。

 

さて、本日も1コマ目に「Ring a bell=ピンとくる」のようなイディオムを学びました。本講座で、日常生活においてたくさん使えそうなイディオムを楽しく学ぶことができ、生徒たちも大満足のようでした。

今年のクリスマスも終わったので、2コマ目は5グループに分かれてバレンタインデーの詩を作りました。

“Roses are red, Violets are blue…”の後に続く詩を、グループのメンバー全員が案を出し合い、良いものを作り上げようとしていました。ロマンチックな詩からシリアスな詩まで、それぞれのグループらしい詩ができたと思います。

以下は1位、2位に輝いたグループの詩です。

≪1位:グループNo.5≫

Roses are red, (バラは赤く、)

Violets are blue, (ヴァイオレットは青い、)

You don’t have to be popular from everyone. (あなたはみんなの人気者になる必要はない。)

Because you are my only one. (だって、私だけのものだから。)

≪2位:グループNo. 1≫

Roses are red, (バラは赤く、)

Violets are blue, (ヴァイオレットは青い、)

I love her but you love me. (私は彼女のことが好きだけど、君は私のことが好き。)

Don’t worry, some will like you. (心配しないで、誰かが君のことを好きになってくれるよ。)

 

そして、3コマ目と4コマ目はコンピューター室に移動し、世界中の有名人について調べました。この活動は明日のプログラムのための準備で、生徒たちは明日何が行われるのかワクワクしながらリサーチをしていました。

5コマ目はこのプログラムのビッグイベントであるショートスキットの準備を行いました。いくつかの準備されたトピックの中から、各グループ1つのトピックを選びました。そこには、4人の登場人物とその4人が置かれている状況について書かれています。生徒たちはその後に何が起こるのかを考え、それを劇にします。今日も含めてスキットの準備期間は2日間となっています。生徒一人ひとりがアイデアを共有していて、よいスキットになるのではないかと思います。このスキットの発表はプログラム最終日の28日(土)の2、3コマ目です。

本日がこの講座の折り返し地点となりました。この3日間、あっという間に時間が過ぎていきました(Time flies:時間がたつのが早い ※生徒既習事項)。残り2日間、たくさんの英語に触れて、多くのものを得てほしいと思います。

 

 

 

本日12月24日(火)、本校視聴覚室にて2回目の高1英語集中講座が行われました。昨日に比べ、生徒たちの緊張もほぐれているように感じました。

 

本日は1コマ目にイディオムを学びました。昨日学んだイディオムのクイズを行い、本日も「Raining cats and dogs=土砂降り」のような面白いイディオムを学習しました。2コマ目と3コマ目には「the Grinch」の映画鑑賞を行い、4コマ目は世界のクリスマスについて学びました。日本と海外のクリスマスの違いに生徒たちはとても驚いているようでした。

 

そして、5コマ目に本日のメインアクティビティであるScavenger Huntを行いました。生徒たちは、校内の10か所に隠されたクリスマスに必要なものが示されているカードを見つけるために校内を散策しました。グループ対抗で行い、1番早く見つけたグループには豪華景品があると聞き、生徒たち一人ひとりが本気になって活動に参加していました。

 

素晴らしいチームワークにより見事1位の輝いたグループNo.3の生徒たちには講師のキャロライン先生から豪華景品が手渡されました。

≪1位に輝いたグループNo.3の生徒たち≫

惜しくも敗れた2位のグループNo.2の生徒たちはキャロライン先生にかわいいプレゼントをもらっていました。

≪2位のグループNo.2の生徒たち≫

楽しく英語を学びながらチームワークを深めることができた1日だったと思います。明日12月25日(水)はお休みです。次回は12月26日(木)に更新いたします。

 

 

2019/12/24
お知らせ

12月20日 高校2学年は介護老人保護施設 サクラで清掃活動・交流会を行いました。

日頃の感謝を込めて綺麗に窓拭きを行いました!

また各グループで出し物を考え利用者と触れ合い活動を行いました。

バイオリンやダンス、バレエ、合唱と各々得意分野を発表しました!

とても好評でアンコールをいただきました( ̄∀ ̄)

がしかし時間が、、、

またこのような機会をいただけたら次は是非!

本当に時間を忘れるくらい充実した時間でした。