Page 2 of 3123

 

 7月18日(土)に、平成27年度長崎県高等学校総合文化祭図書部門(第11回ライブラリーフェスティバル)地区大会が開催されました。

 聖和女子学院高等学校は、広報誌コンクールは優秀賞(第2位)、ビブリオバトルには、宮薗麗菜さんが出場し、チャンプ本に選ばれました。上位の成績だったので、県大会に参加します。

県大会に向けて、図書部みんなで頑張っていきたいと思います。

大会の様子ビブリオバトル授賞式ビブリオバトル授賞式賞状とともに

図書部も頑張っていますよ~(*^_^*)/

平成25年度長崎県高等学校総合文化祭第10回ライブラリーフェスティバル県大会が、諫早市立たらみ図書館で開催され、図書館広報紙コンクール優秀賞を受賞しました。

他校との交流会では、学校の特色やおすすめの本、一番人気な本などを紹介することができ、考え方が広がりました。 また、ビブリオバトルの講習会もあり、大変勉強になりました。模範として本校からは、高校2年生の七種さんが森鴎外の「高瀬舟」の本を披露してくれました。足が震えるほどの緊張だったと思われましたが、堂々と本への熱い想いを届けてくれました。また、各学校の広報誌を見せてもらいましたが、とても趣向を凝らしたクウォリティ高い広報紙を作成していました。みなさんと本との出会いを図書館からお手伝いできるよう、これからも頑張っていきますので、よろしくお願い致します。
図書部     2013.05.01
図書部発行の図書館便り、「図書館が、ここに。」です。 二か月に一回程度発行します。 ぜひ、チェックしてくださいね! 図書部平成25年5月
図書部     2012.12.13

図書部から皆さんに、ご紹介したいことがあります。 生徒のみなさんの手元に、小冊子を配布しました。 これは、小説家の橋本紡さんが、学校図書館を盛り上げてほしいという思いから、学生の皆さんのためだけに書き下ろした小説です。 「図書館が、ここに」と題されたこの小説はその名の通り、ある図書館が舞台です。 新任司書の律子さんと図書委員の高校生が、ただの自習室となっている図書館を何とか変えていこうと奮闘する姿を描いています。 今回は、現在公開されている二話まで、小冊子にしてみなさんにお届けしました。 三話目以降は、橋本さんが話を更新されるたびに、図書館便りを通してご紹介していく予定です。 本屋にも、町の図書館にも、どこにもない学校だけで読める特別な物語です。 保護者の皆さんにも、是非おうちで楽しんで読んでもらいたいと思って、ホームページ上で紹介させていただきました。 この物語を通して、少しでも多くの人に、「本を読む楽しみ」を味わってもらえたらと思います。 そして図書館にも足を運んで、他の本も開いてみてください。 この物語に出てくる人たちのように、私たち図書部も、みなさんと本との出会いを図書館からお手伝いできるよう、これからも頑張っていきますので、よろしくお願いします。

Page 2 of 3123