Page 2 of 3123

先日行われました 平成26年度 長崎県高等学校総合文化祭 第10回 県写真展にて 本校2年英語科の吉田陽(よしだみなみ)さんの作品「青春の叫び」が最優秀賞を受賞しました 同大会では1年普通科国公立コースの川村亜由美さん、末武美優さんも、ともに優良賞を受賞しました。 吉田さんは来年7月28日から8月1日まで行われる 第39回全国高等学校総合文化祭「2015 滋賀 びわこ総文」写真部門 長崎県代表として推薦されました。吉田さんの益々の活躍が期待されます。 大会期間中に県写真展に訪れていただいた皆様、および応援していただいた皆様。 本当にありがとうございました。    
明日9月7日(土曜日)明後日9月8日は聖和女子学院学院祭 写真部は写真甲子園出場記念として 写真甲子園初戦応募作品20年分を展示します。 写真甲子園一番初めの作品は本校ハンドボール部の写真でした 写真甲子園のテーマは『青春』と『故郷』が交互に与えられ 『青春』の時は高総体を中心に『故郷』の時は戸ノ尾市場を中心に撮影し応募していました。 卒業生の方々、高校時代の青春の1ページが写真となって展示してあるかも知れませんよ。 ぜひ、2階の写真部展示室に足をお運びください。 また、先週 BS朝日で放映された「Hello!フォト★ラバーズ」”特別編”写真甲子園  も放映します。 聖和写真部の北海道での活躍を見逃した方も、明日あさっての学院祭でまってます。
本日(8月31日)の長崎新聞19面をご覧ください 第20回全国高等学校写真選手権大会 「写真甲子園2013」 聖和女子学院高等学校が敢闘賞 の見出しで一面掲載されています。 1994年から20年間、総文祭関係では全校大会7回九州大会8回県代表として過去出場しましたが”写真甲子園”だけはあと一歩のところで九州ブロック代表として本大会に進むことはできませんでした。しかし、今年”20周年特別記念枠”という思いがけない招待で全国の強豪19校と同じフィールドで勝負することができました。結果は敢闘賞ですがあと一歩で優秀賞という位置まで来ていたので”全国8位”という気持ちで帰ることができました。 出場した3人の生徒が得たものは非常に大きく、”今後後輩に写真の素晴らしさを伝えていきたい。” ”来年も写真甲子園に出場したい” との思いで今部活も盛り上がっています。 写真甲子園事務局から写真データが帰ってきましたので、来週からHPで順次大会時の紹介などをしていきたいと思います。 本戦での写真は「写真甲子園2013」のHP(http://syakou.jp/)をクリックしていただければご覧になれます。 また、聖和女子学院の作品は ファースト公開審査会の作品(http://syakou.jp/2013/judge/first/19/index.htm) セカンド公開審査会の作品(http://syakou.jp/2013/judge/second/19/index.htm) ファイナル公開審査会の作品(http://syakou.jp/2013/judge/final/19/index.htm) をクリックしていただけると見ることができます。   しおかぜ総文祭県代表として、又、写真甲子園出場校として多くの取材(長崎新聞、朝日新聞、BS朝日、NHK[見んと長崎]、KTN[Gopan]、NIB[news every]、UHB北海道文化放送、NHK北海道、学研CAPA、等)をしていただき本当にありがとうございました。 そして、写真甲子園事務局、スタッフの方々に本当に感謝しております。 ありがとうございました。    
本日の15時に写真甲子園2013の本戦出場校が発表になりました。 予選の壁は厚く、今年も沖縄県の高校が九州ブロック代表に決まりました。 しかし、今年は、写真甲子園20周年記念として特別記念枠2校が追加招聘され、 20年目にしてついに 聖和女子学院写真部が写真甲子園の本戦に出場決定しました http://syakou.jp/2013/firstresult.html  (左をクリックすると写真甲子園のHPにとびます。) これも、第1回大会から出品し続け、ずっと繋いでくれた先輩方のおかげだと感謝します。 そして、初の北海道、写真甲子園本大会(8月6日~8月9日:北海道上川郡東川町)で頑張ってきます。 応援よろしくお願いします。
12月6日(木)~12月9日(日)に長崎歴史文化博物館で行われた 平成24年度 長崎県高等学校総合文化祭  長崎しおかぜ総文祭プレ大会写真部門大会 において本校1年英語科の石川奈津美さんの作品 「fly」最優秀賞を受賞 同じく、1年英語科の久富のえみさんの作品「清らか」優良賞を受賞しました。 この大会は県全体で応募された予選出品作513点から1次審査で300点本大会に推薦され 全紙サイズで再出品した中の作品でさらに審査を行い入賞を決める大会です。 最優秀賞を受賞した石川さんは来年夏に行われる 第37回全国高等学校総合文化祭“長崎しおかぜ総文祭”長崎県代表として推薦されました。   これからも応援よろしくお願いします。

Page 2 of 3123