毎年多くの生徒が長期留学または短期留学を経験し、英語力を高め、広い見識を身につけています。


シドニーに本部をもつ「善きサマリア人修道会」との縁により、現在オーストラリアに7つの姉妹校があります。

St.Margaret Mary’s College(タウンズビル)
Lourdes Hill College(ブリスベーン郊外)
Mt.St.Benedict College(シドニー郊外ペナントヒルズ)
St.Mary’s College(シドニー郊外ウルンゴング)
Mater Christi College(メルボルン郊外ベルグレーブ)
Santa Maria College(メルボルン郊外ノースコット)
Bishop Druitt Collge(ニューサウスウェールズ州コフスハーバー)


 

ネイティブスピーカーによる英語授業、LL教室でのリスニングなど英語教育へのいち早い取り組みは、聖和女子学院の伝統として広く認知されています。
国際的な視野を持った女性を育成するために解説された英語科は、英語の専門コースとして「聴く・話す・書く・読む」能力を最大限に引き出します。その取り組みとして特徴的なのが、2年生における約1ヶ月の海外短期語学留学研修。この研修は実に英語科生徒の5人に1人が体験し、生きた語学力を習得します。
また学習だけでなく、外国人教師や留学生と日常的にコミュニケーションをとったり、異文化教育などにも力を入れており、本当の意味での国際的感覚を持った人材育成に取り組んでいます。

 

松田 菜奈 英語科2年

私を変えてくれたこと。それは「留学」でした。元々世界の芸術・文化・国際交流に興味があり、聖和女子学院に入学。学校でしっかりと英語を学び、オーストラリアに留学することができました。
私が留学という経験を通じて学んだことは、人と人との関わりの大切さです。何も知らない土地で、全く知らない人々と1年間生活を共にしていくということは簡単なことではありません。無事に留学を終えることができたのはホストファミリーや学校の先生、友達そして留学をサポートしてくださった方々の親切や支えがあったからです。
たった1年間の経験でしたが、私のこれからの人生でずっと大事にしたい宝物になったとともに、私を大きく成長させてくれました。
聖和では留学するチャンスがたくさんあります。他の学校ではなかなかできない経験を、みなさんも聖和で体験されてみてはどうですか。