1 2 3
 

自らを『過大評価』しよう!


神戸市外国語大学合格     K.A     平成22年度卒業
 

私は春から神戸市外国語大学のイスパニア科に進学してスペイン語を学びます。

聖和に入学し、卒業した今、私には後悔が一切ありません。学べることは学び尽くしたと、嘘偽りなく断言できます。
『それは第一志望に合格したからでしょ?』と皮肉られるかもしれませんが、正直、私は立命館アジア太平洋大学だけに受かって、あと全部に落ちても、やっぱり後悔はなかったと思います。清々しく、大分の大学に進学していたと思います。

センター試験、私大の受験、本命校の受験。全てで全力を出し切りましたから、受かっても落ちても後悔はありませ んでした。

私はセンター試験前夜、3時間しか眠れませんでしたし、1日目の夜は2日目の為に誘眠剤を飲んで無理矢理寝ました。私大は落ちること前提で必死に勉強しましたし、本命校に関しては、試験当日の朝食で飲んだ紅茶のパッケージを部屋に持ち帰って、そこに書いてある英単語を辞書で調べるほど神経質になりました。

英語重視の試験で有名私大に受かろうと思ったら、persistとpursueの違いが分からなきゃいけないし、achievement とattainmentとaccomplishmentがだいたい同じような意味であることを分かっていなきゃいけません。

センター試験から二次試験、すべてを経験してみて、受験は甘くないと感じました。時に自分が信じられなくなります。
『君には受験生特有の悲壮感がない!いつも明るく元気だねえ!』と言われた私も、合格発表が出るまでは怖かったです。 でも、すべてを自分で体験してみて『努力は人を裏切らない』とは、本当に本当なんだなあ、とじんわり感じました。 これから大学受験をする後輩に、伝えたい言葉があります。
【自らを過大評価しても過小評価はしない】です。

これは大学受験だけでなく、何をするにおいても、後輩である皆さんに覚えておいて欲しいことです。
自身を過小評価したとします。
『私なんかが英検準1級に受かるわけがない。』
『あの大学に行きたいけど・・・自分の成績 じゃ恥ずかしくて言えない。』
こんな風に思うとします。 この時点でモチベーションは下がるわ、目標達成のための行動も起こさないわ、そして夢は夢で終わるわ、損ばかりです。ずばり、成長がない。

逆に、自身を過大評価してみます。
『本気で頑張れば、準1級も夢じゃないハズ!』
『神戸外大に行きたい!苦手な数学がないぶん、案外イケるかも!』
こんな風に考えてみたとしましょう。
あなたは目標達成のために努力するだろうし、どこか楽観的に自分を信じているから、自分自身を裏切らないためにも、計画的に目標達成のために行動を起こしますね。 もちろん失敗もするでしょう。だって元々自身の過大評価で立てた目標であったのだから。
でも、あなたは確実に何かを得ています。失敗に終わったとしても以前より成長しているし、もし成功しちゃったら自信にもつながります。関西風にいえば、儲けもんです。

過大評価は、【無難】に行動すれば経験しなかった失敗もするし、恥もかくけど、過小評価して、もしかしたら得ていたかもしれないチャンスを逃したりするよりは10倍マシだと思います。と言いますか、その失敗や恥が人生においてい い経験になりますよ。 私はこの重要性を自らで体現しました。
無理だと思っていた英検準1級に合格することが出来ましたし、受験した大学には全て受かりました。 自己を過大評価することによって、私は常に自身の限界を少しずつ超えてきました。限界を超えて、また限界に突き当たって、またそれを超えてきました。

聖和入学時、驚くなかれ、私は英検4級しか持っていませんでした。そして、受験の際、家庭教師も塾も利用しませんでした。 本当に学校の先生のご指導と自身の勉強で国公立大と有名私大に合格しました。私がどれだけの限界を打破してきたか、ちょっと想像してみてください。結構、沢山ありましたよ。

このような経験をしているから私は、『自分を信じて頑張ってみて!』とリアリティーを持って後輩に言えるし、正直、まだ1年あるのに現時点で諦めている人は、これから『どんまい』な人生を送るのではないかと心配です。やるだけやって、それでも無理なら、その時目標を下げればいい。 けど、それは今じゃないよ。
7つ。私が受験の際に薫ったお守りの数です。2つは手作りでした。
私が常に難題に笑顔で立ち向かえるのは、やはり、このような人達の存在のおかげだと思います。彼らは私が自身を過大評価して、その結果失敗しても私を馬鹿にしない人達です。

私が成功すれば、三者三様に喜んでくれる人達です。 あなたの身近に、もし同じような人達がいるなら、失敗と恥を恐れずに、果敢に過大評価していってください。限界を超えていってください。なりたい自分になってください。

Believe in yourself,I really mean it! 以上です。


1 2 3