聖和中ニュース     2013.06.17

 6月15日(土)に聖和中の家族への感謝の日が行われました。

 まずは、生徒家族の方々へ日ごろの感謝の気持ちを伝えるために『みことばの式』が行われました。『みことばの式』では、聖歌『天の后』にのせて一人ひとりがマリア様にお花を捧げました。次に各学年からの出し物がありました。どの学年も総合学習の時間を使ってやってきたことを一生懸命発表しました。1年生は、恒例の英語による自己紹介と合唱『コスモス』を披露しました。2年生は、『おなか畑作り』というテーマに、食改善に関する研究発表と、みそづくりの様子を劇に仕立てて披露しました。また実際につくったみそ汁を保護者の方々に振る舞いました。3年生は、学院祭の商品開発に向けて、『いりこ』についての調べたことを発表した。上級生として落ち着いた発表ができていました。どの学年も様々な趣向を凝らした発表となり、校長先生からも好評でした。

 また、この日は、聖和中の学校説明会ということもあり、説明会に参加された小学生とその保護者の方も、学習発表を見学されました。聖和中のこの温かい雰囲気を感じ取って、1人でも多くの小学六年生が来年聖和中に入学してくることを期待したいですね。