9月7日(土)・8日(日)の両日に渡って実施いたしました、今年度の聖和女子学院の「学院祭」。土曜日は生憎の雨で、日曜日はどうなるかと心配しておりましたが、お陰様で天気にも恵まれました。
保護者の方々をはじめ実に多くのお客様にご来場いただき、生徒たちは大満足で終えることができました。生徒も職員もバタバタと動き回る中で、お客様の対応が十分にできずに失礼なことがあったかもしれません。この場をお借りしてお詫び申し上げます。

重い机を2階から4階まで一人で運んでいた、小さな中学生のたくましさ。早朝からカレー作りの仕込みに入られていたお母様方。熱々のホットドッグやフランクフルトを振る舞う一方で、アイスクリームの販売に必死になって動き回られていた同窓会(聖苑会)の卒業生の方々。女性のパワーとエネルギッシュな行動力が育まれ、その精神が現役生たちに脈々と受け継がれている姿を随所に拝見されました。その嬉々として活動される姿がとても頼もしく、周囲の多くの人たちが元気づけられました。
高校1年生と2年生のある生徒が、「先生、私、ほんっとに聖和に来て良かったと思います。女子校ということで偏見を持っていたり、不安がっていたけど、全くの逆だった。聖和サイコー!!!」と、全く別の場所で、全く同じことを言って話しかけてくれました。こういった言葉は、私たち職員にとって本当にエネル源となる最高のプレゼントです。
これに甘んじることなく、また明日からの学校教育活動に心血を注いでまいりたいと思います。
学院祭にご来場くださったお客様をはじめ、この学院祭に多くの力を貸していただいた皆様方に、心からお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。          (職員一同)