聖和中ニュース     2015.05.20

タイ政府関連機関が主催するセミナーに参加している方々41名が5月15日(金)に聖和を訪問されました。当日は、タイに1年間留学をしていた本校2年生英語科の栗木みどりさんが通訳を務め、訪問団からのいろいろな質問にも、学校側の回答を流暢なタイ語で返答し、和やかな中にも意義深い交流会がもてました。  タイの方からの感想は、 「聖和女子学院での視察について、ひじょうに勉強になった。長崎にタイの留学生を受け入れていただいている点についても、感動しました。また、タイのことを知っている日本の学生がいたことも、タイと日本の教育の違いを実体験談を聞くことができて、とても勉強になった、とても満足しています。 日本のことを見て、タイの教育や仕事のやり方などを修正し、今後も日本とつながっていきたい。今後のタイという国を良くしようという熱い話も出てきました。 この度は、聖和女子学院のおかげで日本とタイの一つの架け橋になることができ、本当にありがとうございます。」とのことでした。 タイからの訪問団1 このことを長崎新聞でも記事として取り上げて頂きましたので、下に編集したものを掲載いたします。 タイ新聞