7月15日(水)、本校講堂にて、第54回校内国語弁論大会が実施されました。今回は、中学生5名、高校生13名、留学生のみちるさんが出場しました。各クラスの代表者として、学校生活・社会生活の中で体験したことや気になっている問題などを取り上げて、自分の主張を熱く述べました。結果は以下の通りです。

 

中学の部

優秀賞  藤田 泉水(中3)「死ぬまでやる」

優良賞  園田 詩歩(1-1)「幸せさがしの旅」

努力賞  八木 日菜(2-2)「あたりまえって何?」

 

高校の部

優秀賞  青木 若菜(3D)「夢に誇りを」

優良賞  山口 鈴夏(3B)「勉強することの意義」

努力賞  吉田 未黎(1B)「鳴子がつないだ高齢者との絆」

     堤  美月(2E)「福沢諭吉に反論する」

奨励賞  石川奈津美(3E)「『知る』ということ」

審査員特別賞 ルパーモンティエ・エロディー・みちる「平和のためにできること~テロから考える~」

 

様子② 様子③ 中学 全員②