聖和中ニュース     2019.04.26

4月25日木曜日と26日金曜日の2日間、佐世保青少年の天地で宿泊研修を行いました。

今回の目的を生徒会で「集団行動のマナーを学ぶ」と設定し、目的達成に向けて取り組みました。

 

天地に着いて入所式を終え、班ごとに分かれて生徒会から聖和について学ぶオリエンテーションが行われました。はじめのうちは他学年同士、なかなか話せなかった生徒たちも、話し合いを重ねていくと徐々に一年生に教えてあげる先輩たちの姿が見えるようになりました(^^)

 

 

集団行動の練習では校歌を練習したり、動きを合わせたり、なかなか揃わないメンバーたちの足取りに奮闘するリーダーも…。しかし一時間、二時間と練習していくうちにだんだんと声が出るようになっていきました!

 

 

そのような大変な練習の合間にも、班で休憩中に四つ葉探しに必死になったり、おいしいご飯をたくさん食べたり…。練習以外でも先輩後輩の関わりが深くなっていき、学ぶこともたくさんあったようです(*^^*)

 

初日に計画されていたレクリエーションでは、生徒会の考えた聖和に関する〇×ゲームや、声を出さずに班の中でお題にそって並びなおすゲームが行われました。

班のメンバーの意外な一面を発見し、笑顔いっぱいで一日目は幕を閉じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迎えた二日目は、あいにくの霧に包まれ、気温も低くて視界の悪い中での練習となりました。しかしそんな悪天候にも負けず、生徒たちの声は一日目と比べて格段に大きくなっており、わずかな時間ながら、大きな成長を感じることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集大成としての発表会では、二日間のどの班も練習の成果を発揮し、達成感に満ちたものとなりました。

 

生徒たちはこの研修で、教室では得ることのできない学びをたくさん吸収することができたようです。

今回の経験が、今後の学校生活や家庭で発揮されることを期待しています!

 

生徒会役員の皆さん、各班のリーダーの皆さん、そして今回頑張ったすべての皆さん、お疲れさまでした!