クラブ活動

運動部

バレーボール部

佐世保市中学校体育大会バレーボール競技の結果報告をいたします。

結果は決勝戦も含めセットカウント2-0で見事に勝利し、

15連覇を達成しました!

『記録よりも記憶を』

輝かしい記録もですが、彼女たちにとって記憶に残る出来事がありました。

今年一年間、彼女たちは応援されるチームづくりを課題として取り組みました。

まずは学校に応援されるチームを……

 

大会前日の壮行会では3学年全員によるエール、

大会当日は学校ベランダに中学部全校生徒+中学部職員が出て声援サプライズを…

 

聖和女子学院中学校、最高です!(*^_^*)

バレーボール部の戦いは長崎県大会までつながりました。

今後も皆さんの声援に応られるよう精進します。

このような激励を考えてくれた生徒・先生にこの場を借りて

ありがとうございます。

久しぶりの投稿です。

聖和女子学院中学バレーボール部は新年度9名の新入部員を迎え、計24名で活動を続けております。

変わらず応援されるチームをモットーに切磋琢磨しております。

 

今回は6月に行われる佐世保市中学校体育大会に向け、テレビ佐世保に来校していただき、取

材を受けました。

練習の様子を撮っていただいたり、大会に向けインタビューを受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

練習はいつも通り、明るく・楽しく・元気よく

インタビューは少し緊張した面持ちでした(^_^)v

放送日はまだ未定です。決定次第、連絡いたします。是非ご覧くださいm(_ _)m

次回は佐世保市中学校体育大会前の練習の様子を投稿いたします。

~なんのこれしき、うまくいく!~

なんにち待てば、もどるのだろ

 こる時は少なく戻らないま

 ロナと向き合う日々はつづ

 んしゅうは絶対、裏切らな

 っかり備えよ必ずうまくい

 ぼうを捨てるな青春はくる


新年明けましておめでとうございます。

今年も聖和女子学院中学校バレーボール部を応援よろしくお願いいたします

 

年始め、高校バレーボール部が第73回全日本バレーボール高等学校選手権大会に出場いたしました。中学バレーボールは現地で応援したい気持ちを抑え、本校にてリモート応援を行いました。

この感染状況の中、選手ファーストで開催された本大会に感謝申し上げます。

 

新型コロナウイルス感染拡大状況は終息する兆しが見えてきません。『やりたい部活が思いっきりできない。』この思いは皆変わりません。

しかし集大成(中学校体育大会)は必ず来ます。聖和中学校バレーボール部同様、日々努力している皆さん希望を捨てず、~なんのこれしき、うまくいく!~と唱えながら頑張りましょう!

2020/12/21
バレーボール部

12月19日に宮中学校で開催された佐世保市中学生バレーボール1年生交流会に佐々中学校と協力し出場いたしました。

結果は見事優勝!テーマは、、、

『明るく・楽しく・元気よく~見ている人に元気を~』

テーマにあったプレーを見事実施してくれました。彼女たちは一点一点全力で喜びました。見ている側を元気づけることができたのではないでしょうか。

彼女たちの笑顔に1円のお金も発生しません。しかし1縁を与えてくれます。

お金の円より、人のご縁

今出会った仲間(佐々中学校バレー部員)と共に笑い、コートの向こう側に相手がいるから試合ができる。そんな出会いに感謝し、全力でプレーした彼女たちは本当に素晴らしいと思います。

 

また普段は支えられる側の2年生も今回は支える側へ、彼女たちも全力で1年生を支え・鼓舞しました。

本当に素晴らしいチームへと成長していると思います。次はいよいよ新チーム初の長崎県新人大会!

王座奪還へ!いくぞ聖和女子学院バレーボール部!

2020/12/12
バレーボール部

12月12日クリスマス会が行われました。

その中で、バレーボール部先輩が後輩にエールを送りました。

 

彼女たちは今回のコロナウイルス感染症感染拡大が懸念され、最後の集大成を満足いく形で迎えることができませんでした。

悔しい思いがたくさんあったと思います。

顧問の私も悔しさと虚しさとで彼女たちに声をかける時、言葉に詰まります。

中体連なしに彼女たちに何を伝えられたのだろうか、彼女たちは成長できたのだろうか、申し訳ない気持ちしかありませんでした。

 

しかしそんな思いと裏腹に彼女たちは、自然と部活動を通して学んでいたのだとクリスマス会を通して、実感させてもらいました。

会の中で彼女たちは、大衆を前にこう伝えました。

『今まで支えてくださった保護者・先生・そして後輩のみなさんありがとうございました。私たちはここにいる皆さんとバレーボールできる時間が幸せでした。』

 

これだけで充分です。

もちろん結果も大事です。しかし一番はどんな時間を過ごしたか、どんな時間を誰と共有したのか、そこが大事なのだと・・

 

『後輩の皆さん今からたくさんの苦悩があります。どんなときも拾って(助ける)、繋いで(支える)、決める(決断する)のが、バレーボール(部活道)!頑張れ』

三年生の思いはしっかりと新世代が引き継ぎます。ありがとう!!m(_ _)m

姿勢を正して、行動を機敏に!

聖和女子学院中学女子バレーボール部の新チームの戦いが始まりました。

 

令和2年度12月5・6日に今シーズン初の公式試合、『令和2年度佐世保市中学総合体育大会新人大会 バレーボール競技』が柚木中学校と江迎中学校で開催されました。

まず感染拡大が懸念される状況の中で、開催にするまでに様々な対策や当日の運営にご尽力してくださった関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

 

結果は全ての試合をセットカウント2-0で勝利し、無事連覇を達成することができました。

残した成績は充分ですが、課題の残る大会内容となりました。どのような状況であれ現状に満足せず、

『向かう姿勢は常に正しく、行動は先を見据え機敏に』

引き続き選手・保護者・監督スタッフ共に団結し、応援されるチームを突き詰めていきたいと思います。

長崎県総合体育大会新人大会は令和3年2月6~7日に諫早市で行われます。今後もご声援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

11月14日(土)~15日(日)の期間で行われた西日本大会、本校から長崎選抜として3-1 今木幸南 小川涼菜 の両名が出場いたしました。結果はなんと

準優勝!!

決勝戦は岡山県と戦いセットカウント2-1の惜敗でした。大事なことは結果より、その結果に対しチームが同じ表情ができているかと言うこと。本人達から報告を受けた際、二人とも表情に少し悔しさをにじませていました。私はこれから彼女たちはもっとたくましく成長すると確信しました。

短期間でしたが、彼女たちをさらに成長させていただいた、長崎選抜チームの関係スタッフ・保護者の方々本当にありがとうございました。

また共に長崎を背負い戦った選手団の皆さん、お疲れ様でした。

 

  
2020/11/17
バレーボール部

『ジュニアチームに真似ぶ!』

この合同練習活動も依頼が増え、本当にうれしく思います。

今回は江迎クラブにきていただきました。今回から中学生が主体的に指導を行いました。彼女たちの的確な指導の下、合同練習活動が行われました。練習を進めていく中で、私は江迎JVCのガッツある練習態度に驚かされました。必死にボールを追いかける姿、倒れてもまた立ち上がり練習に向かう姿、私たちも学ばされました。

 

私たちバレー部は全国大会を目指しています。ジュニア選手の今回の姿勢を学び、真似しなければならないと感じました。

 真似ぶ ~学ぶ、真似する~

このような体験をさせていただいたことに感謝いたします。江迎JVCさんありがとうございました。