聖和中ニュース     2013.12.27
 去る12月18日(水)午後より、本校講堂にて長崎県輝く私学支援事業指定特別講演会が開催されました。テーマは「殉教とは何か~キリシタンに学ぶ現代社会における殉教の意義~」です。本年度は、長崎純心大学人文学部比較文化学科教授の宮崎賢太郎先生に講演をしていただきました。 「☆殉教の歴史を学んで、現代に生きるあなたはどう思うか。 迫害の時代は戦う相手(迫害者の姿)がはっきり見える。パライゾ(天国)が見える。 現代は戦う相手の姿が見えにくい。 敵は世俗化社会(人間中心の時代で神の姿が見えない)。各人の心の中に敵(悪魔)はいる。 世俗化=神がいなくても人間だけで生きてゆけるという傲慢さ。 自分さえよければという利己主義。」(宮崎先生のレジュメより) 長い迫害の歴史の中で、生徒は色々と先生より教えていただきました。当時の世界の状況や天草の乱で亡くなったキリシタンは殉教者ではない(殉教者との区別)等々。 でも、一番勉強になったのは以下のことではないでしょうか。 「殉教=神への愛に殉ずる=最も小さな隣人への愛=家族への愛」 殉教=「死ぬこと」と考えられていますが、本当は隣人愛の実践であることをお話していただきました。聖和の校訓でもある隣人愛を、これからも実践していけるよう、日々歩んでいきましょう。 宮崎賢太郎先生、御講演有り難うございました。
本日(12/20)、平成25年度第2学期の終業式でした。 学期の終わりにあたって、今年1年間の自分自身の生き方がどのようであったのか、それぞれが振り返り、同時に新しい年を迎えるにあたっての、生徒一人一人の心構えのあり方について「心をこめて生きる」と題して、校長先生から式辞が述べられました。 生徒、一人一人が耳を傾けながらも、自分自身の今年の生き方について反省し、そして新たな年への希望に満ちているような気持が、講堂内の雰囲気から感じられました。 聖和の生徒のみなさん、来年も今年以上に素晴らしい年を迎えられますように、心からお祈りいたします。 保護者の方々をはじめ、聖和関係者各位に対しまして、この一年間の聖和女子学院の教育諸活動に対するご協力・ご理解に対して、心より御礼申し上げます。特に今年は、学院創立60周年記念式典など、多くの方々のお力添えを必要とする一年でございました。それら一つ一つが、皆様と共に喜びのうちに実を結んでいくことができたことを、心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。どうか来たる新しい年が、皆様方お一人お一人にとりまして、さらに喜び多い年でありますように、神様の祝福が皆様の上に豊かにありますようにお祈りいたします。
聖和中ニュース     2013.12.16
 12月14日(土)講堂にて中学クリスマス会が行われました。毎年恒例の会ですが、たくさんの保護者の皆さまの参加はもちろんのこと、先日の中学一次入試に合格された小学生6年生のご家族も今年は多数参加されて、大いに盛り上がりました。  各学年での出し物は、中学1年生「佐世保の人と街を知る」で、佐世保の街をテーマに調べ学習をしました。中学3年生は「サンタが聖和にやってくる」で、ミュージカルを取り入れながら中学三年間を振り返りました。また、トリを飾ったのは中学2年生の聖劇「クリスマスのおくりもの」で、コミカルな演技や切ないエピソードを取り入れつつ、キリスト誕生の瞬間までのストーリーを演じました。  今年も三学年とも趣向を凝らした発表内容で、いろいろな方からお褒めの言葉を頂きました。来年も今年以上にすばらしいクリスマス会になることを期待しています。