聖和中ニュース     2014.11.26
聖和中ニュース     2014.11.18
シスタージュリアン、本名は「マウリーン・アグネス・マクケナ」というお名前です。 1919年、オーストラリアのビクトリア州ノースカルトンに、9人兄弟の2人目として誕生されました。 大学を卒業後、オーストラリアで3番目に大きい銀行に勤められましたが、信仰生活への思いを断ち切れず、1938年、善きサマリア人修道会に入会され、「シスタージュリアン」というお名前をいただかれました。 1948年、日本への第1派遣団として長崎を訪れ、後に聖和女子学院の創立に尽力されました。 オーストラリア帰国後は、国内で様々な活動を行い、本年10月19日にその生涯を終え、帰天されました。 本校では音楽を担当され、コーラス部の創設など聖和の音楽教育の基礎を築かれたシスターです。卒業生の皆様にお聞きした、シスターのお人柄ですが、生徒には礼儀作法にとにかく厳しい方だったそうです。しかし、卒業後お会いすると、本当に優しく接してくださるシスターだったそうです。そういったエピソードからも、生徒たちに真剣に向かい合う、深い愛情に裏打ちされた厳しさをもったシスターでした。 本日は、シスターのご冥福はもとより、今までのシスターの隣人愛の実践に感謝の気持ちを祈りに代えてご臨席賜ったの方々と卒業生の方々ともご一緒に神様におささげいたしました。
平成26年11月15日(土)付けの西日本新聞に、高校生平和大使として活躍した 高校3年生の猪本さんが記事として取り上げられて掲載されましたので、ご紹介しておきます。 また特派員として、聖和女子学院中学生の1年生の小潟さんが務めています。(^o^)
聖和中ニュース     2014.11.11
聖和中学の生徒が、フルートとピアノのそれぞれのコンクールで優秀な成績を収めましたので、ご紹介いたします(^o^) 〔ピアノ〕 参加者のべ40,000組を誇る世界でも大きい規模のピアノコンクールとして知られる、 ピティナ・ピアノコンペティションに田端 結さん(中2)が出場。 2014.6.28(土) 長崎チトセピアホールにて 長崎地区予選 ソロ部門 D級 第1位通過 長崎支部賞受賞 2014. 8. 8(金)くまもと森都心プラザホールにて 九州デュオ地区本選 デュオ部門 連弾初級B 優秀賞受賞 (本人談) 川村先生と家族に支えられ、頑張ることができました。とても感謝しています。 次のコンクールも頑張ります。 〔フルート〕 若い芽のコンサート及び全日本コンクールに、靏野 帆香さん(中2)が出場。 2014. 8.23(土)諫早市諫早文化会館にて 若い芽のコンサート  優秀賞受賞 2014.10.25(土)北九州市 響ホールにて 全日本学生音楽コンクール 北九州本選通過 ⇒ 全国大会へ出場決定 --------------------------------------------- お二人の頑張りと数々の受賞を讃え、心からお喜び申し上げます。 今後ますますのご活躍を、聖和の職員・生徒・保護者のみんなが応援しています。
1953年に本校を創立したのは、オーストラリアの善きサマリア人修道会のシスター6名でした。 今年の10月に、オーストラリアより創立者6名のうちのお一人、シスタージュリアンが帰天されたという連絡がありました。シスターは、本校のコーラス部を設立するなど、聖和女子学院の音楽教育の礎を築かれた方です。 本校では、下記の日程で「追悼ミサ」を開催いたします。ともにシスターの冥福のためにお祈りください。 ○シスタージュリアン追悼ミサ 期日:2014(平成26)年11月18日(火)14時25分より 場所:本校講堂にて(佐世保市松山町495) 司式司祭:熊谷師(カトリック俵町教会主任司祭)