お知らせ

お知らせ

中学1年生が2日間の冬季英語集中講座で外国のクリスマスを体験しました。

 

12月21日(月)は「クリスマス・イブ」のテーマ。まず、サンタさんのためにクッキーを作りました。また「The Night Before Christmas」の絵本を読んだり、クリスマスの歌を歌ったり、講師の先生方のクリスマスの習慣の話を聞いたりしました。

 

12月22日(火)は「クリスマス・デー」のテーマ。講師の先生方が家族で過ごすクリスマスを再現して、ローストチキン、グレービーソース、マッシュポテトなどを作り、テーブルセッティングをして、おしゃれな洋服に着替えて、ランチをいただきました。

 

最後にお互いのクリスマスカードにメッセージを書き、”Merry Christmas”と英語で挨拶を交わしました。有意義な2日間でした。

 

   

 

12月12日(土) 聖和女子学院中学校で、毎年恒例のクリスマス会を開催しました。

本年度は感染症予防のため縮小開催となりました。各学年この日に向け、それぞれ準備をしてきました。まず開催されたことに深く感謝申し上げます。携わっていただいた関係者の皆様ありがとうございました。

 

第1学年はキッチンビートとラインダンスを披露しました。普段は調理に使う道具を今回は音を奏でる楽器として使い、心弾むメロディーを奏でました。(*^_^*)

ラインダンスでは学友みんなで協力し、統一された動きで見ている側を楽しませました。(^o^)

 

第2学年は毎年恒例の『聖劇』です。

今年はなんと例年と違いミュージカル風に仕上げました。様々なシーンで歌や踊りが組み込まれており、ユーモアに富んだ内容となりました。

 

第3学年は日頃の感謝の気持ちを劇を通して、家庭と学校へ伝えました。

さすが三年生!笑いあり、涙ありの内容で会場内、全ての人の感情を揺さぶる発表を行いました。私たち大人もどこか、様々な場面で感謝の心というものを忘れているのかもしれません。今隣に『あなた』がいる。『あなた』がいるから今の私がある。大人の私も学びました。

ありがとう!<(_ _)>

 

それでは、本日生徒の発表に時間を割いて来ていただいた保護者の皆様に感謝申し上げると同時に本記事を締めさせていただきます。

皆様、少し早いですが

メリークリスマス!!(^_^)v

また来年度のクリスマス会で・・・

 

 

姿勢を正して、行動を機敏に!

聖和女子学院中学女子バレーボール部の新チームの戦いが始まりました。

 

令和2年度12月5・6日に今シーズン初の公式試合、『令和2年度佐世保市中学総合体育大会新人大会 バレーボール競技』が柚木中学校と江迎中学校で開催されました。

まず感染拡大が懸念される状況の中で、開催にするまでに様々な対策や当日の運営にご尽力してくださった関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

 

結果は全ての試合をセットカウント2-0で勝利し、無事連覇を達成することができました。

残した成績は充分ですが、課題の残る大会内容となりました。どのような状況であれ現状に満足せず、

『向かう姿勢は常に正しく、行動は先を見据え機敏に』

引き続き選手・保護者・監督スタッフ共に団結し、応援されるチームを突き詰めていきたいと思います。

長崎県総合体育大会新人大会は令和3年2月6~7日に諫早市で行われます。今後もご声援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

11/13(金)19時~、今年度3回目になる聖和発見ミーティングを開催しました☆

今回のテーマは【入試問題対策】です。

 

国語・算数・英語の教員が、過去問の解説をしたり、今年度の出題傾向を説明したりと、とても充実した説明内容となりました!

 

参加していただいたみなさん、少しは入試のイメージがわきましたか?

人生初めての入試になる人がほとんどだと思います。

緊張すると思いますが、当日もベストを尽くせますように、お祈りしております(*^^*)

 

そして、今まさに、一次入試の出願期間中です!!

(11/4~11/24)

まだ出願をされていないそこのあなた!

是非、聖和中学校へ進学しませんか?

楽しい学校生活があなたをまっています☆

 

 

標記大会に、聖和の中学生も応募し、上位入賞して長崎新聞にも記事が掲載されました。
応募者総数 136 名,入選者数 16 名のうちの2名です。
入選者は、中学3年生の辛島花月さんと、同じく3年生の川原妃美子さんです。
辛島さん川原さん、
おめでとうございます (*^_^*)/
 今回は、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮して、CD録音による参加の一次審査のみということで、
残念ながら本審査は行われませんでした。
 しかしそのような中においても、しっかりと上位に入選することができて、二人とも大喜びでした。
応援していただきました保護者ならびに関係者のみなさま、本当にありがとうございました。

10/24(土)10時~ オープンスクールを開催しました♪

コロナウイルス対策のため、例年より広い会場で全体説明を行い、

少人数グループで授業見学や体験授業を実施しました。

 

 

全体説明は、学校長挨拶に始まり、

生徒会長挨拶やコース説明については、本校生徒が自分たちで考え、発表しました。

その後はグループ別での授業見学と体験授業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業見学では、いつもの授業風景をご覧いただきました。

聖和の生徒たちは、後輩になるであろう小学生に会えてとても喜んでいました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体験授業は、英語、理科、宗教の3教科☆

それぞれ、本校職員による授業を小学生に受けてもらいました。

緊張した様子も見られましたが、それぞれ頑張っていましたよ(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に募集要項の説明や、願書の書き方などを説明しました。

一次入試の願書出願期間は11月4日(水)~11月24日(火)です。

いよいよ願書提出が近づいてきましたね。

今回、直接オープンスクールに来られなかった方も、

聖和に興味がある方はお気軽にご連絡ください☆

 

 

なお、11月13日(金)19時~20時は、聖和発見ミーティングを行います。

今回のテーマは【入試問題対策】です。

国語・算数・英語の入試問題について、各教科の担当者が解説を行います!

是非ご参加いただき、疑問点を解決して受験当日を迎えましょう(^O^)/

 

本日お越しいただいた皆様、誠にありがとうございました!

またお会いできるのを楽しみにしております(*^▽^*)

今年度で第40回を迎える聖和杯小学生女子バレーボール大会に参加予定だったチーム関係者、選手、保護者様、申込していただき有難うございました。

現在のコロナウイルス感染状況の中、実施内容を縮小し開催を検討しておりましたが、県内外の感染状況に鑑み、今年度実施をやむを得なく中止させていただくこととなりました。

開催を楽しみにされていた皆様には大変ご迷惑をおかけいたします。心からお詫び申し上げます。

7月20日(月)の16:30より、令和2年度のSクラブ入会式を会議室にて行いました。

 

Sクラブの”S”は、Service(奉仕)から名づけられており、School(学校)Society(社会)のために奉仕するという意味を含めています。

国際ソロプチミスト佐世保-パール様より助成金をいただき、活動しています。

 

今年度は、新メンバー22人を迎え、総勢34名で活動します。

コロナウイルスの影響もあり心配な毎日ですが、例年の活動に加え、マスク作りや手作り石けん作りも計画しています。

私たちに出来る活動を考え、積極的に奉仕活動に取り組みます!!!

 

 

7月11日(土)、本校講堂にて中学校説明会を行いました。

 

今年はコロナウイルス感染拡大防止のため、午前の部と午後の部の2回に分けての開催となりました。

 

 

説明会では、本校の行事や英語教育、進路関係についてお話ししました。また、コース説明や聖和中学校を卒業した高校生からのメッセージをVTRでご覧いただきました。

 

天候の心配もある中、多くの小学生、保護者の方々にご参加いただき、本当にありがとうございました!

また、お会いできることを楽しみにしております!

 

聖和の魅力はまだまだありますので、オープンスクールや聖和発見ミーティングなどにも是非参加していただきたいと思います!

次回の聖和発見ミーティングは9月17日(木)、中学校オープンスクールは10月24日(土)に予定しております!

聖和発見ミーティングでは、お金にまつわる話、オープンスクールでは出願書の書き方等詳しくお話する予定ですので、是非ご参加ください!!

 

その他、聖和のイベントや楽しい日常を聖和のHP、インスタグラムで随時配信しておりますので、是非ご覧ください^^

 

6月26日(金)中学生は生徒総会を行いました。

議題は『学校目標を身につけるためには、どのようにしたらよいか。』

『学校生活において困っていることは何か』

の二つです。議会はとても活発な意見が飛び交い、有意義なものとなりました。

私達教員も生徒から出た斬新なアイディアに深く感銘し、学ばされました。

昨年度は『特別教室の鍵置き場を設置する』や『昼休憩と食事の時間を分ける』などが学校から承認を受け改善しております。

今年も生徒のアイディアが教育環境をより良いものに変えてくれることを願います。